2017年02月02日

出雲大社そして…出雲蕎麦!

IMG_4844.jpg

大きな鳥居が迫力!出雲大社

でも、とりあえず先に門前で…出雲蕎麦を♪

IMG_4851.jpg

砂屋の三味割子(十割)
3種類をそれぞれ楽しみながらチュルチュル♪
あっという間に食べちゃった。

身体も温まり、さて!参拝。
大きな鳥居をくぐると下り坂になっていて、
「あ!そう言えばブラタモリでやってたな〜」と思い出した。

IMG_4855.jpg

縁結びの神様として有名な出雲大社。
私がハタチそこそこの頃は、職場の更衣室で旅行の話になると、おばさま方に
「出雲大社へ行かないといけない」みたいに言われたものだ。
実際にお参りに行く子もいた。
今もそうなのかなぁ?

私は今回が初めての鳥取・島根。
年頃の娘たちのために、縁結びの御守りを頂いた。
良縁に恵まれますように…。

縁結びの御守りって、可愛い色だったり、柄だったりすると思うんだけど、
やはり出雲大社の御守りは、めっちゃ渋い。
ガチ感が溢れている。

お祀りしている大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)との関連で、因幡の白兎の像もある。
可愛い…!

IMG_4866.jpg

一番可愛かったのは、このハートうさぎ!
良縁を結んでくれそうでしょ?

IMG_4869.jpg

隣接する古代出雲歴史博物館にも行ってみた。

IMG_4882.jpg

歴史の教科書や資料集に必ず載っている
銅鏡、銅鐸、銅剣がズラリ…!!
これ、テストに出てくるやつーーー!

わかりやすく解説してくれるボランティアのおじさんもいてくれて、じっくり見ることができたよ!

posted by める at 18:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

須佐神社【島根・出雲】

金沢〜能登〜白川郷の旅に大満足したこの勢いで
カニ&温泉旅行に再度挑戦!
今回は島根〜鳥取。

ご存知の通り、1月中旬の大雪の際は、鳥取自動車道で300台以上が立往生、自衛隊が派遣された。
それから好天が続いているとはいうものの、一体どんな旅になるのか…!
ちょっとハラハラドキドキ…!

IMG_4797s.jpg

まだ夜明け前の5時に大阪を出発。
中国自動車道から米子自動車道へ。
蒜山SAの雪にビックリ!気温はー5度。…さぶッ!!

IMG_4804s.jpg

下が凍ってしまっているのがわかるでしょう?
ここで私、ツル〜〜ンと漫画のように転びましたわ。。。

でも、ここのジャージーシュークリームがめちゃめちゃ美味しかったので許す!

IMG_4802s.jpg

そして、白く輝く大山(だいせん)の見事な眺め…!
スキー場へ行く人も多いんだろうなぁ〜

今回の旅で最初に向かったのは、島根県出雲市の須佐神社

IMG_4837.JPG

須佐之男命(すさのおのみこと)が祀られている。

…よく出かけている奈良の寺社仏閣もたいがい古いが、
ここは神話レベルの古さ…!
日本書紀とか古事記とかの世界。

七不思議の言い伝えの説明が境内に表示されていたが、
ここの神社に植えられた桜の樹が茂っていて陰になるので、そのせいで隠岐の島での農耕が不作になり、
木を切ると、作物ができるようになった…とか、
なんかもうスケールがデカくてすごい…。
須佐神社はパワースポットとしても有名らしい。

IMG_4830s.jpg

除雪作業を見る機会って大阪に住んでいると滅多にない。
雪は、観光でたまに見る分には綺麗で素敵だけど、…やっぱり大変ね、、、

小ぢんまりとして落ち着いた雰囲気の神社でした。
須佐之男命(すさのおのみこと)はヤマタノオロチの退治した暴れん坊だけどね♪
posted by める at 19:14| Comment(2) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

冬旅行・白川郷〜五箇山 5

和倉温泉のお宿を出発し、氷見経由で白川郷へと向かって走ると
いかにも寒そうな冠雪の山々が迫ってくる。

1月上旬だったので、まだ雪はそんなに多くなかったが、
その一週間後のドカ雪に当たっていたら、通行止めで
もはや近づくこともできなかっただろう…。

IMG_4630.JPG

白川郷は合掌集落として有名。
外国人観光客も多かった。
割と広く、いろんなお店も多い。
飛騨牛まん、五平餅…いろいろ買い食いしちゃった♪
どれも、あったかくって美味しかったわ〜

IMG_4637.JPG

白川郷の魅力を十分に味わうなら、ここに宿泊すべきだろうと思った。
静かな朝のキリリとした空気、
とっぷり日が暮れて、家々に灯る明かり…

屋根の上に雪が重く積もった一面、真っ白な景色は…
そこまで積もると帰られなくなりそうで怖いけど。

でも、やっぱり…
ここまで来たからには、雪が見たい…!

そこで、五箇山へも行ってみることにした。するとーーー

IMG_4664.JPG

わーーい!雪だ…!!
さ…寒い…冷える〜〜〜… でも嬉しい。
山が、チョコケーキに粉砂糖を振りかけたようになっている。
…いや、
バニラアイスにココアパウダーをかけたのかな?

五箇山 菅沼集落は範囲が狭く、観光客も少なく、味わい深い。ゆっくり見て回れた。

IMG_4660.JPG

赤い郵便ポストが郷愁を誘う。
忘れかけていた日本の原風景。

薄氷の張る田んぼ。
子どもの頃、こわごわ踏んで割るのが寒い冬の特別な楽しみだった。

IMG_4666.JPG

茶房  掌」で休憩。
お店の棚にいろんなカップが並べてあり、好きなものを選ばせてくれる。
丁寧に淹れてくれるコーヒーも美味しかった。

こういうお店が持てたら…理想だなぁ。
たくさんの素敵なカップを揃えて、
コーヒーに添えるお菓子を焼いて…
窓の向こうには世界遺産の、のどかな景色…

温かくてとっても素敵なお店でしたよ。
posted by める at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

冬旅行・和倉温泉「渡月庵」 4

夕暮れる道を金沢から和倉温泉へ。
 大正浪漫の宿 渡月庵に到着。

小ぢんまりとした落ち着いたお宿。
数寄屋造りの歴史ある建物だが、中はとてもきれいで快適。
仲居さんのおもてなしも心がこもっていて温かく、リラックスできた。

お湯は無色無臭ながら、塩分が濃い。
和倉温泉は海のすぐそばだ。

最初、お湯に浸かった時、少しピリピリしたが、すぐに慣れた。
湯上り後も、いつまでも身体がホカホカ…!
とっても温まる。

温泉を楽しんだ後は、いよいよ…!!

IMG_4580.JPG

わーーい!カニ♪カニ♪

IMG_4583.JPG

甘エビ、甘ッ!!
甘いから甘エビなんだって気づかされる。

IMG_4587.JPG

氷見のブリしゃぶ。
切り身が分厚いっ!!分厚いわっ!!

IMG_4599.JPG

お座敷だけど、テーブルで頂くスタイル。
実際、年配の方も椅子のほうがありがたいのよね。
一見、奇異に見えるかもしれないけれど、理にかなっていると思うわ。

IMG_4597.JPG

朝ごはんも旅館のご馳走らしさを感じながら、ゆっくり楽しめた。
昨夜、新鮮な海の幸をたらふく頂いて、おなかが苦しい〜〜なんて思っていたのに、
やっぱ、魚介は消化が楽ね。
朝には、またまたしっかりご飯を頂けちゃったわ♪

IMG_4591.JPG

静かな古き良き旅館の情緒たっぷり。
能登の人の温かみにも触れられて、
「渡月庵」なかなか良いお宿でしたよ。

IMG_4606.JPG

和倉温泉の湯元や
パティシエ辻口博啓さんのル ミュゼ ドゥ アッシュもすぐそこ。

IMG_4616.JPG

お土産に買って帰った「塩バウム キャラメルオレンジ」、めーーっちゃ美味しかった…!
塩とキャラメル、オレンジが絶妙にハーモニー〜〜♪

思わず、ペロッと食べちゃって写真を撮るの忘れちゃったわ〜

posted by める at 18:23| Comment(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

冬旅行・金沢ぐるり散歩 3

兼六園を抜けて、ひがし茶屋街へ。

IMG_4570.JPG

茶房 素心で休憩。
出格子のお茶屋さんが軒を連ねる風情ある通りの様子を、コーヒーを飲みながら二階の窓から眺めていると、
サザンの「イヤな事だらけの世の中で」のメロディーが浮かんでくる。
今はすっかり観光地になっているけど、往時はここでいろんな粋で色っぽい艶やかなドラマが毎夜、繰り広げられたんだろう。
泣いた女の涙も、きっと降り積もる雪のごとく…

IMG_4574.JPG

泉鏡花が歩いたという主計町の川べりを行く。
ここは人も少なく、しっとり落ち着いた情緒ある家並み。

IMG_4576.JPG

金沢へ来たなら、やはりこれは買わなきゃ。
俵屋の「じろあめ」。
新婚当初に金沢に来た時も、ここで飴を買った。
四半世紀を過ぎても変わらないでいてくれているのが嬉しい。

IMG_4793.JPG

自然な甘みと、しっかりした粘り。
口中で、とろんと溶けていく。
もっとゆっくり味わいたいのに、とろんとろん。

しまった。もう一瓶、買っとけばよかったな。


金沢城公園を中心に、近江町市場を起点にして反時計回りでグルリ一周。
主な名所を巡りながらランチやお茶して5時間くらいで十分堪能できる。
各ポイントへは歩いて、割とすぐなので、体力的にも精神的にも非常に楽。
金沢市内は観光名所がコンパクトにまとまっている。

ちょうど夕刻になり、和倉温泉のお宿へと移動。
…いよいよカニとご対面…!!
…続く♪

posted by める at 18:25| Comment(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする