2017年04月27日

FOUNDRYのレッドパール苺ショートケーキ!

IMG_5631.JPG
母の誕生日なのでケーキとお寿司を手土産に実家へ。
FOUNDRY
で大きな苺ショートケーキを購入。

一個700円以上するのだが、3人で食べるから意外と割安になる。

見た目の迫力と豪華さがあるし、
生クリームもとびきりフレッシュでふわふわ。
レッドパールという品種の苺は初めて食べたけど、とても甘かった。
それにきれいな赤色で可愛い。

でも、嚥下の悪い母には苺の小さな種ですら喉に引っかかるようでむせていた。
桃とかマンゴーとか、とろみのあるものほうがいいのかもしれない。
なかなか難しい〜〜


posted by める at 23:50| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

ハーゲンダッツほうじ茶ラテ

IMG_5625.JPG
期間限定の言葉に弱くって、つい買ってしまったけど…
さすがハーゲンダッツ…!
美味しいわ……!!

ほうじ茶の風味がちゃんとする。
これはリピート買いしちゃうわ。

抹茶よりほうじ茶のほうが好きなのよ。
期間限定と言わず、レギュラーで売ってほしいな。
posted by める at 17:26| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

アフタヌーンティー【大阪マリオット都ホテル・ラウンジプラス】

IMG_5505[1].jpg
いろんなものを少~しずつ。
手でも気軽に食べられるアフタヌーンティーセットは高齢の両親にも好評だった。
右手が不自由な母でも、スティック野菜なら左手に持たせれば、自分で食べられる。
介助するのもとても楽で、私も食事を楽しむことができた。

仕事が休みで京都から駆けつけてくれた長女もご機嫌!
「これは空中撮りやな!」とがんばって写真を撮っていた。(インスタ女子にはそれが大事。)
真似して私も上から撮ってみた。
なるほど、お洒落~!

IMG_5507[1].jpg

デザートも3種。
どれも甘過ぎず、自然な味わいで、いつもうるさい父も
「おいしいわ、これ。」とペロッと平らげていた。(もうちょっと味わって~)

大阪マリオット都ホテル19階のラウンジプラスは車椅子でも移動が楽な広々とした造り。
テーブルの距離がゆったりしているので、年寄りが多少、大きな声で話しても、隣の席の方の迷惑を気にする心配もない。
食事の量的にも、ちょうど良かったので、次回もここへ行こうかな。
出かける元気が両親にあるうちに、ね。
母は今週84才の誕生日を迎える。
posted by める at 19:31| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

PTAは必要か

「PTAに全員強制参加はおかしい。任意加入にすべきだ。」という意見についてニュースになっている。

私は娘の小中学校でPTAに数年間関わって、果ては会長にまでなったが、
その間ず~~~っと強いストレスを絶えず感じていた。

私だけではない。やりたくてPTA活動をしている人はまずいない。
責任感の強い者が、推されて、自分の時間を削って関わっているのだ。

たくさんの人が寄り集まる場なので、人間関係のストレスがどうしても生まれる。
気の合わない人とも顔を合わせ、話し合わねばならない。

「そんなに負担が大きいのなら、いっそPTAなんてなくなればいい。」
任意加入になれば、どんなに楽だろう。
PTA会費だって払わなくて済むのだ。

そう考える人が出てくるのは当然かもしれない。
しかし、PTA改革案を提出したが否決されたとニュースでは書いていた。

もしも任意加入になったら、「それでも私は入る!」と言う人は少ないだろう。
PTAに加入する人はほとんどいなくなり、
実質の運営は困難になる。

「PTAなんて何をやっているのか、わからない。あっても、なくても変わらない。」
そう言う人もいるだろう。

献血、給食の試食会、
PTAへの図書の貸出、手芸の一日講習会、社会見学、
夏祭りやお餅つき大会、親子バレーボール大会などの開催、
ベルマーク収集、
そして、子どもの通学の安全見守り、祭礼時の見回り…等々
PTAは様々な活動をしている。

「そんな行事には参加しないし、第一、働いているから時間もない。」
という人も多い。
しかし、卒業式に生徒の胸飾りのカーネーションの花や、印鑑などの記念品贈呈、
紅白饅頭の祝いの品、
お世話になった先生方へ贈呈する花束などもPTA会費から出ている。

そういうのが、全くなくても、無ければ無いでなんとかなる。
でも…あったほうがいいよね。
「あったほうがいい。」と考えた先人がいたから、今それがある。

だって、個人でそれをするのは難しい。
希望者だけでするったって、それの取りまとめも大変よ~。

PTAを任意加入にすると成り立たないのは、単に人数が減って運営ができないからではない。

「地域の子どもは、みんなで一緒に育てよう。」という精神が崩れるからだ。

学校という小さな社会へ通い、日々様々な経験を重ねる子どもたちが
健やかに成長するのを、みんなで見守る。

忙しいお父さん、お母さんを助け合い、協力し合う。

そのために、学校、地域と保護者が繋がりあう。それがPTAの基本理念。

繋がりあうには、やっぱり顔を合わせて話をする機会が必要だ。
だから、いろんな行事がある。

町会役員との会合も、自腹で会費を払って参加するのは本当にたまらないのだが、
それでも、そこに意味があると思うから出席した。
地震などの災害が起こった時、学校は避難場所の拠点となる。
町会との連携も不可欠になる。
お互い、顔も名前も知らずに、有事に迅速な対応ができるはずもない。

大きな災害が起こると、「絆」という言葉を皆、噛みしめるのだが、
何もない時は、みんなそれぞれ自分のことで忙しい。
絆はただ重いだけのように感じてしまいがちだ。

災害や事故、事件…何かが起こった時、
子どもたちを親が守らなければならないと感じた時、
皆の力を結集させる、その組織を一から作るのではスタートから出遅れる。

現状のPTAを解体して、
そういう機運の高まった、必要性を感じた時に自然発生する組織を待てば、
自発的で情熱を持った組織として、良いのかもしれないが、
…それでも、何百人といる保護者の中からは、いろんな意見が出て、反対の立場の人も生まれるだろう。

昔ながらのPTAの運営では、女性が社会進出する今の世に合っていないのも事実だ。
おかあさんは家にいて、帰宅する子供に「おかえり」と言う。…そういう母親像は古過ぎる。

だからこそ、保護者だけでなく、おじいさん、おばあさん…地域全体で学校と一緒になって
子どもたちをみんなで大切に育てていくことが、今求められているのだが…
言葉で言うほど、人に実際に動いてもらうことは簡単ではない。
しかし、そうしなければならない必要性が、今回のPTA問題でも見て取れる。

きっと、今は過渡期なのだろう。
人は一人では生きていけない。
人は社会の中で生きるのだ。
posted by める at 19:09| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

レストランZKの絶景ランチ!【大阪マリオット都ホテル】

IMG_5343.JPG
たまには近場へ出かけて気分転換の食事をしたいと両親が言うので、
ならば、行きましょう!と長女も誘ってランチを計画。

認知症で車椅子移動の母や、日々介護をしてくれている父の体力を考えて、移動は極力短いルートで、静かに落ち着いて食事ができる店…と選択すると、やはり
天王寺の大阪マリオット都ホテル、レストランZK
が最適。

味はもちろん折り紙つき。
さらに57階から大阪の街を一望できる最高の見晴らしが最高の気晴らしになる。

ホテルランチだよーと呼び掛けると、長女もいそいそと京都から駆けつけてくれるし!
孫が同席してゆっくり話ができるのは、父も母も満面の笑みで喜んでくれる。
それに、何と言っても、長女の明るさで場が華やぐ。

IMG_5339.JPG
前菜はブッフェスタイル。
IMG_5341.JPG
メインはポークにしたよ♪
だけど…
本当のメインはここから!
IMG_5342.JPG
デザートがワゴンで運ばれてきたー!!
ガッ!と上がるテンション☆

IMG_5344.JPG
もちろん!全種類を切り分けてもらいましたっ!!
だって、ぜ〜〜んぶ美味しいんだもんっ♪
特にレモンパイは絶品。

両親には和食のランチを注文したんだけど、やはりお弁当スタイルのランチにすべきだった…。
母に食事の介助をするのに、うな重をスプーンに一口ずつのせて食べさせるのは、かなり大変だった。
お弁当なら、元々一口サイズのおかずが並んでいるので食べさせるのが楽なのだ。

実はこのランチをしたのは3月のこと。
上記の反省を込めた4月のランチは、次の日記で!

posted by める at 23:48| Comment(4) | グルメ | 更新情報をチェックする