2017年03月09日

弟の手術入院

弟が手術することになった。
独身で一人暮らし。両親も高齢なので、私が毎日、見舞いに通っている。

手術前日、医師からの説明を聞くのにも立ち会った。
手術のリスクについてきちんと説明をする義務が医師にあるので、最悪の場合の想定での話もある。

手術箇所が非常に繊細なため、少し傷ついただけで、手術後そのまま二度と下肢が動かなくなる場合もある、と。
しかも、そのリスクは「滅多にない」わけではなく、「ある」ようだ。

「その場合、…悲しいことになるんです。」

ああ、そのケースを目の当たりにしたことがあるんだなぁ。
マスクをし、目元しか見えない医師の表情からもハッキリとわかった。

万一、弟がそんなことになったなら…
半身不随でこれからまだまだある人生を過ごすのは、いくらなんでも可哀想だ。
高齢の両親に弟の世話までは無理。私にできるのか…
親よりも先に施設へ入ることになるなんて、それもやり切れない。
本当に悲しいことになる。

しかし、手術をしなければ良くなることはなく、深刻に悪化していくのは確実だそうで、
とにかくしないわけにいかないようだ。
この分野の手術に経験豊富な専門医を紹介してもらえたのだもの。
ここは先生を信じて…

…ん?この医師。
30代半ばのいい感じに脂ののったイケメンではないか…?
受け答えも説明も誠実なのが、さらに好感度アップ。
マスクで口元が見えないから断言はできないけど、いやいやこれはいい男!

「では、こちらの同意書にご本人とお姉さんのサインを…
……お姉さんですよね?」

「姉です!」

弟と私の返事が完全にシンクロしていたのが、血縁の証。

しかし、なんで急にそんな確認を?

「夫婦に見えたかな?」

…弟よ。苗字が違うやん。
二人並んでいて、どう見ても私のほうが若く見えたってことやん。
きょうだいとは聞いていたけど、姉?妹の間違いでは?と思ったんちゃうのん?
手術前で、弟、表情がしょぼくれてたしなぁ…。

20代の頃、坂上忍に似てた弟も、年月を経て、おっちゃん風味が増し増しに…。
ところが、近年になって坂上忍が突如、再ブレーク。
久しぶりに見た坂上忍は、やはりなんとなく弟と似たところがあった。
基本的な顔の造りが、ちょっと近いのかもしれない。

翌日、手術は無事成功。
足もちゃんと動いているとのことで、心底ホッとした。
すぐに父親に電話で伝えると、
「そうか…!よかった…」と涙声になっていた。

手術後の説明は、個室に医師と私の二人きりで聞いた。

「とてもうまくいきました。出血もほとんどなかったです。
明日からはリハビリを始めてもらいます。」

嬉しい言葉に、ただただ頭を下げお礼を言うばかりだった。

ちなみにその時、医師はマスクをしておらず、お顔がはっきり見えた。
予想通りのイケメンに満足。
さらに緑の手術服姿というおまけ付き!

入院は二週間の予定。
毎日、自転車で病院に通えば、ちょっと痩せるかもしれない。
がんばるわー!

posted by める at 18:27| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

NOKA Roast&Grill(ノカロースト&グリル)【インターコンチネンタルホテル大阪】

IMG_5292.jpg

憧れのランチブッフェ…!
インターコンチネンタルホテル大阪20階のNOKA Roast&Grill(ノカロースト&グリル)

前菜とデザートがブッフェスタイル。それにメイン料理のメニュー。
とにかく豪華。
明らかにお料理を取り過ぎています…。
一皿にこんなに盛るものではありません。
取り放題のブッフェスタイルなのだから、少しずつ綺麗に取って、
食べ終わったら、また選びに行けばいいわけです。
…ところが、、、
……ところが、、、

そんな理性を吹っ飛ばすほどのご馳走が並んでいるわけですよ…っっ!!!
エセセレブマダムの化けの皮なんて、簡単に引っぺがされてしまうわけです。。。

これでも選んだんですってば。
ギリシャサラダとか、「なんだろう?これ。」と思ったけど、とりあえず取らなかったものもあるんですってば。
前菜の中では、パテが一番の絶品だったなぁ…

IMG_5295.jpg

メインは、大山鶏のロースト“ディアボロ風”とグリルベジタブル 

ディアボロ風って「悪魔的」ってことらしい。
骨付きでゴッツイ感じのお肉がドーンとのっている迫力。
ナイフを入れると、意外なほどの柔らかさ。
口に入れると、ジューシーさにまた驚いて…
…美味しいです…美味しいですよ…黙々と食べちゃいます。

IMG_5299.jpg

デザートもこれまた明らかに取り過ぎています…。
食べ過ぎだろうって?
そうです。食べ過ぎです。
胃袋が限界を訴えておりました…

しかし、これがまた全部、美味しい…ッ!!
ザッハトルテは言うまでもなく、
手前のチェリーとクリームのケーキも洋酒が効いていて…ああッ、、、
私、こういうのが好きなのよおおぉぉぉ!!!!と泣き崩れたくなるほど美味しかった…満腹なのに。

味と雰囲気はもとより、20階からの眺望もご馳走。

IMG_5302.jpg

梅田の街が一望できる。
赤い観覧車も見える。
…主人の会社のビルも見えるわぁ…ごめんね、お父さん、社食でお昼食べてるのにねぇ…

IMG_5303.jpg

20階へ上がってエレベーターの扉が開くと、
粋なデザインのフロントに驚く。客層もとにかく上流階級感が凄くって…

そうそう何度も行けるお店ではないけど、次に行く時は食べ過ぎないようペース配分に気をつけよう〜っと!
posted by める at 12:07| Comment(2) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ジェノベーゼ

30年以上も昔の話。
ハタチそこそこの世間知らずな娘だった私は、
今日のようなのんびりとした春の日、阪急沿線の或る町にいた。
園田だったかもしれない。
駅から少し歩いたところにある喫茶店で仲間と集まっていた。

JR…当時で言う国鉄沿線の片田舎に住んでいた私には、阪急沿線の街並みはどこもかしこも洗練された特別な佇まいに見えた。
その小さな喫茶店も、私がデートでいつも行く大阪の天王寺の店に充満している雑多な空気はなく、落ち着いた気の利いた雰囲気のある空間だった。

何人で集まったのかも、今となってははっきり覚えていない。
しかし、そこへ初めて見る顔の男性がいたのは印象に強く残っている。

あきちゃんが
「〇〇の××さんよ!」と得意げに紹介してくれたのだが、私は彼をよく知らなかった。
あきちゃんと彼は親し気だったので、もしかしたら付き合っていたのかもしれない。
あるいは、あきちゃんが彼に憧れていたのか。

紹介されても彼は短く挨拶しただけで、ほとんど何も喋らなかった。
そして黙々と食べていた。

緑色の不思議なスパゲティーを初めて見た。
それまで喫茶店で出てくるスパゲティーはミートソースとナポリタンしか知らなかった。
カルボナーラやボンゴレは専門店のメニューだ。

「それは何?」と聞くと、彼の代わりにあきちゃんが
「ジェノベーゼやんか。なあ?」と答えた。

初めて聞く単語の音感のお洒落度の高さに、さすが阪急沿線…!と改めて思った。

ジェノベーゼ。
そのよくわからないメニューの、よくわからない名前。
とても大人な感じでセクシーささえ感じる。
その印象は、そのまま彼のイメージとなって胸に残った。

「おいしいの?」
とてもじゃないけど全く美味しそうには見えない緑色のスパゲティーを食べ続ける彼に尋ねると、
フォークを離さないまま、小さくうなづいた。
「ここに来たら、いつもこれやんか。なあ?」
あきちゃんが言う。そんなに毎回、食べたくなるならきっと美味しいのだろう。
きついニンニクの香りを嗅ぎながら表情のない彼のクールな顔を眺めていた。

それから何年経っても、ジェノベーゼをメニューに書いてある店へ行く機会がなかった。
あの緑色の正体はバジルなのだと知っても、なぜだか敢えて食べてみる気にもならなかった。
数年前、一緒にランチへ行った友人がジェノベーゼを頼み、この想い出が頭に浮かんだ。
少し分けてもらって食べてみると…
…はあ、なるほど。ふーん…。
さほど唸るほども美味しくはなかった。ましてや、毎回食べたくなるほどの代物でもない。

「このジェノベーゼ、もうひとつやわ。」
と友人も言っていたので、そのパスタ屋がハズレだったのか。
もっと美味しい病みつきになるジェノベーゼがあるのかもしれない。が、私はまだ巡り合わない。

それでも、ジェノベーゼはその名ゆえになんとなく特別な、気取ったパスタなのだ。永遠に。

posted by める at 15:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

鳥取 二十世紀梨 はちみつバター 美味!

IMG_5284.JPG

先日、鳥取・島根へ旅行した折、
道の駅 神話の里白うさぎで購入した
鳥取 二十世紀梨 はちみつバター
これが美味しくて…美味しくて…
もう一瓶買っておけば良かった…っ!!と後悔中。。。

せっかく鳥取に来たのだから名産の梨が食べたい…だけど、季節外れ!
仕方がないかなぁ〜と思ったところへ見つけたのが、このはちみつバター。

これは美味ではないか!?という予感は的中☆
めっちゃ美味しい。

とろんとゆるめのはちみつバターを焼きたてのトーストに塗ると
梨の自然な甘みが、ふわんとして、いつものトーストが何倍にも美味しく感じる。

ホットケーキミックスに卵と牛乳たっぷりで作ったパンケーキに添えても
たまらなく美味しい。。。

鳥取の物産展がデパートで開かれないか、期待…!
ネットでお取り寄せもできるみたいなんだけど、スコーンやほかのジャムとのセットで4000円なのよねぇ…
うううーーん〜〜
もう一瓶、買っておけばよかった…っっ!!!
posted by める at 18:54| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

雪残る鞍馬寺

鞍馬寺へ行ってきた。
鞍馬と言えば…そう天狗!
叡山電鉄の鞍馬駅前にも大きな天狗の顔があるんだけど、
先月の大雪で長い鼻がもげちゃって、今はこの通り“治療中”…。
IMG_5277[1].jpg

大きな絆創膏をペッタン☆
いかついお顔が台無しでなんだか可哀想ね。

鞍馬駅は近畿の駅百選に数えられている風情ある駅舎。
IMG_5278[1].jpg

駅前には駐車場もあり、鞍馬寺の仁王門へもすぐ。

IMG_5229[1].jpg

仁王門、カッコイイ!
鞍馬寺は全体に骨太なカッコ良さがいっぱい。

行きはケーブルカーで上って、帰りは山道を下っておりた。
この方法が一番、楽しめるかも。
主人はもっともっと歩きたそうだったけどね。

IMG_5237[1].jpg

手水の龍も強そう!

IMG_5243[1].jpg

本殿を護る虎も強そう…!
雪も残っているけれど、梅の枝には赤い蕾も見つけたよ。
春はゆっくりと近づいている…。

IMG_5261[1].jpg

下りは山道をゆっくりと歩いた。
結構な坂なので体幹が鍛えられる。
由岐神社を通る山道は自然がいっぱい。森林浴で心身が浄化される気分。

IMG_5274[1].jpg

魔王の碑…?!魔王って…
魔王がいたの??
いや、でも魔王が隠棲していても不思議ではない雰囲気のある山だわ…
何と言っても天狗がいるんだものね。

IMG_5276[1].jpg

山を下りてきて、眼の前に広がる緑の山と青い空の美しいこと。
自然の大きな力を改めて感じる。

門前にはお土産物屋さんが何軒か並んでいて、それも良い風情。

IMG_5279[1].jpg

あったかいおぜんざいを頂いて、ほっこり。。。
地元の名産の佃煮も添えられていて、美味しさ二倍!
歩いて消費したカロリーをしっかり回復…って、あかんやん!
でも、美味しかったのよねぇ〜〜

このおぜんざいを食べるために、また山歩きがてら鞍馬寺へ出かけてもいいなぁ〜!
posted by める at 18:40| Comment(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする