2020年03月27日

お家で!Fit Boxing(フィットボクシング)【Nintendo Switch】

IMG_20200324_224511.jpg
コロナで不要不急の外出自粛のご時世…。
こうも期間が長引いて家の中にばかり居たんじゃ、大人も子どもも体がなまっちゃう。

家の中で、手軽にエクササイズできるFit Boxing(フィットボクシング)【Nintendo Switch】を今こそオススメ!

私は昨年6月から始めた。
もちろんボクシングなんてやったこともない。
画面に出てくる指示に従って、おぼつかないパンチをひたすら打つ…!
続けていくうち次第に、なんとなくわかってきて
それまで貯めに貯めていた贅肉が、少しずつ減ってきた。

とにかく継続は力なり。
昨年末からは、母の入退院…からの葬儀があったりと
フィットボクシングできない日もあったが、先日再開した。

すると、久しぶりの割に体が動く…!
少し体重が減って体が軽くなったからかな。動きが良い。
IMG_20200324_223836.jpg

しばらくエクササイズを休んでいたがリバウンドもなかった。
…まあ、このところ心身ともにキツくて、太るどころではなかったわけだけど。
お供えのお下がりのお菓子を毎日、食べてても体重が減るんだもん。

とは言え、ようやく標準体重に近づいてきたといったところ。
昨年に比べたら痩せたが、これで標準。
確かに、頬や腰に手をやると、前はあった肉がないのを感じる。
…頬はねぇ…こけると老けて見えそうで嬉しくないんだけどなぁ。
痩せる時って、そこじゃない!ってところから痩せて、
肝心な腹周りは一番最後よね…。

フィットボクシングは結構キツイので、
やってる最中はいろんなことを忘れられるのが良い。
パンチを打つのは、やっぱり爽快!
ストレス解消になる。

ストレスも脂肪も減らせるフィットボクシング、
よし!今夜もやろうかな!
posted by める at 22:16| Comment(2) | 健康 | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

どこもマスクが売り切れ!

IMG_20200130_180212.jpg
新型肺炎の脅威が連日報道されている。
マスクを求めに薬局へ行ったが、
マスクコーナーの棚が見事にスッカラカンで驚いた。
どうしたものかと立ち尽くす客も多数。

実は昨日、天王寺へ出かける際、
マスクをして行くつもりだったのに、つい慌てて家を出て、忘れてしまった。
まあ、天王寺で買えばいいかと思ったが、行きの電車内もマスク姿の乗客が大半、
電車を降り、人混みに入るとほとんどの人がマスクをしていて、
自分の認識の甘さを痛感したのだった。

そしてホテルに行くと、ホテルマン達が全員マスク着用!
海外からの宿泊客たちも皆、マスク!
ちょっと異常な光景に怖さを感じた。

エレベーターホール手前の通路には除菌ジェルが置かれ、使用するように説明書きが添えられている。
レストランでは、スタッフがテーブルや椅子を除菌スプレーし、普段以上に丁寧に拭いていた。

食事後にドラッグストアへ立ち寄り、マスクを探したが、割高なものが少しあるだけで箱入りの物がない。
そこでもう一軒、足を延ばし、ダイコクドラッグで一箱ゲット。
だけど、そこでも普通サイズのマスクは完売。
女性用の小さめサイズもわずかしか残っていなかった。

よく考えたら、地下鉄で毎日通勤している主人のほうが感染リスクは高いはず。
オーエスドラッグで普通サイズのマスクがお一人様一箱限りで売られていたのを、すかさず購入!
…先週は普通に棚いっぱいに並んでいて、もう少し安かったのにね。
398円で文句をつけてる場合じゃない。
これもすぐに売り切れてしまいそうだった。

母親の分は施設のほうで小さめサイズを用意してくれている。
これで安心。
…と思ったら、実家へ帰ってきていた長女がマスクせずに出かけて行ってしまった〜。
小顔に見えるとっておきのマスクをあげるから、やって行きなさいって言ったのに〜!

ウイルスは目に見えないだけに不安が増大するね。
早く沈静化するといいなぁ。。。
posted by める at 18:41| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

Fit Boxing(フィットボクシング)【Nintendo Switch】半年続けてみた

IMG_20191230_221500.jpg

地道に続け、ついに…
ついに…!体重が落ちてきましたッッ!!!

いやぁ〜〜〜長かったわ………
ここに至るまで半年。
最初は体重が減るどころか、筋肉量が増加!1~2kg増えちゃってショックだったのよ…。
でも、そこでやめなくて良かった。

そもそも何らかの運動をしなくては、と真剣に思った理由は
コレステロール値を下げたかったから。
先月の血液検査結果も先生に褒めてもらえた。

当面、最低でも到達したい目標体重には達することができた。
それは、主人の体重よりも軽くなること。
…いや、私そこまで太っていたわけではないのよ?!
主人が細すぎるのっっ!!
身長176cmなのに…。
今年は主人は手術を受けたりと病み上がりで、そのせいもあるんだけと
それでも、長身の主人より体重が多いのはさすがに嫌。

それもクリアし、この際だから後2kgくらいいけるんじゃないかと欲が出てきた。
今で元々の体重から3kg落ちたのよ。
最初、増えた時からは4kg減った。
体が軽いと自分で感じる。
ズボンをはく時、前はあった肉がないのがわかる。

こんなに運動を続けられたのは初めて。
いつもはすぐに腰痛になってしまうのだが、フィットボクシングは大丈夫なのがありがたい。

靴を替えたら、すごくステップが楽になった。
本格的なランニングシューズを買ったのも初めて!
IMG_20191125_100123.jpg
ニューバランスのストロボが激安になっているのを見つけ購入したところ、感動の履き心地!
フローリングの床で全く滑らない。踏ん張りが効く。
フィット感がとても良い。

すると、59さまからは同じくニューバランスのこちらを勧められた。
IMG_20191126_214011.jpg
こちらも滑らないし軽く、とても良い。
このオレンジをフィットボクシング用に、
紫は、自転車に乗る父と歩く時に活用。
良い靴は、やはり良いわ。
しっかり腹筋を使えるようになり、ステップジャブ等のステップ系が格段に上手くできるようになった。
道具って大事ね。

それと、ボクシングの試合とかも少し見るようになった。
前は、殴り合いにしか見えなかったんだけど、
今は何をしているのか、ちょっとわかる。
そして、プロの動きが自分とは全く違うのもわかった。
もちろん、そこまでの域に到達できるわけはないんだけど、
あんなにコンパクトに動くんだ!とかね、
がんばって真似てみたりして。

母の緊急搬送があったり、少し体調を崩したりで
連続記録は175日で途絶えたけど、来年も継続して続けてみるわ。
…ゲーム機のコントローラーのほうが先に寿命がきて音を上げそうだけど…。
posted by める at 01:42| Comment(4) | 健康 | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

延命治療の是非は個々

胃ろうなどの延命治療は老人虐待、止めるべき。
国民保険料の圧迫の根源。

Twitterのリツイートで偶然、こんな意見を目にした。
それに連なる意見も3つほどあり、

胃ろうなんて非人間的。私は絶対、嫌です。
親にもさせません。

そう言い切っている人もいた。
リツイートした人も、これらの意見に同意なのだろう。


2年前の私なら、「確かにね。」と薄く同意したと思う。


口から食事を摂れなくなった人が、胃から直接、栄養を摂るのが、胃ろう。
具体的には、簡単な手術で胃に穴を開け、皮膚側に栄養チューブを取り付ける口をつくる。
お腹に小さなボタンが付いたようになる。

この説明を聞くと、いかにも自然から逸脱した人工的な印象を受ける。
そもそも、「口から食事ができない」時点で、自然界では生きていけない。

ところが、最近の医療では体に管を入れることが多く、一般的だ。
父はのう胞(体内に膿が溜まった袋ができる)に管をさし、直接的に膿を体外に出し、
開腹手術することなく退院し、今はとても元気だ。

義父は重篤な腎不全になった際、腎臓に管をさし、直接、排尿する処置をして一命を取り留めた。

各種手術も今はほんの少しを切って、そこからカメラを入れて見ながらする腹腔鏡下手術が多い。
体への負担が少なく、術後の回復が早い。

そういうのを間近で見てきた私も、母に胃ろうをつくる話が出た時、とても迷った。
本人に意思確認できれば良いのだが、脳梗塞で言語が不自由になってしまっている。

85才で寝たきり状態。言語、認知機能が低下。
脳梗塞をこれまで数回繰り返している。
医師からも、今以上の治療はできないと、はっきり言われた。

話すこともできない。食べることもできない。
体を動かすことも不自由な状態で延命治療をして生き長らえさせるのは、果たして幸せか?
苦痛を長く味わわせるだけではないのか。

一方、高齢の父にとって母の存在は生きがいであり、心の支え。
雨の日も風の日も毎日、見舞いに通い、手を握り、言葉を掛け続けている。
父のためにも母には居てもらいたい。

いや、それもエゴだろうか。
母を父の人形にしてしまう。

「胃ろうは鼻ろう(鼻からチューブを入れ栄養を摂る)より、本人も楽なんですよ。」

当時入院していた病院の看護師から、そう教えてもらっても
なかなか決断できずにいた。
するとある日、母が不自由な手で自分で鼻チューブを引き抜いた。
それが母の意思だった。
そうか、そんなに苦痛だったんだね、と母に謝り、
鼻ろうから胃ろうへの移行を決断できた。

胃ろうの造設、ペグ交換(取り付け口の交換が半年に一回必要)手術には胃カメラを使用する。
私も胃カメラ検査の経験があるので、かなり苦しいものだと知っている。
母につらい思いをさせるのが、可哀想でならなかった。

しかし、手術そのものは短時間で終わる。
ペグ交換なら15分。
少しの時間の苦痛を乗り越えたら、あと半年は楽に過ごせる。

昨年、胃ろうを造った時、正直あと一年も寿命がもたないんじゃないかと悲観していた。
せめて、少しでも楽に日々を過ごしてほしい。

実際、この一年半に大量吐血や肺炎で入院し、私も覚悟をするようなことが起きたが、
そのたびに母は回復し、退院する。
まだ寿命があるということかもしれない。

思い返せば、ニュースで延命治療の話題が報道された時、父は
「俺はあんなのイヤや!コロッと死にたい。」と毎回言ったが、母はいつも黙っていた。
若い時から高血圧、不整脈で寝込むことも多かったが、
「お迎えが来ても蹴飛ばしてやる!
お門違いじゃござんせんか?!って。」
と強気なことをよく言っていた。
母は延命治療拒否派ではない。
つらくとも歯を食いしばって、一分一秒でも長く、この世界の光を見ていたい人なのだ。

先日のペグ交換の際、医師が
「この状態の人にしたら、胃の粘膜がきれいです。」と胃カメラで撮った画像を見せながら説明してくれた。

寝たきりでストレスを募らせ、胃を痛める人も多い中、
母は穏やかに過ごせているということなのだろう。
施設のスタッフさんたちが日々、良くしてくださっていることに改めて感謝。
そして毎日、見舞いに通う父の愛情も母に伝わっているのだと思う。

小春日和の昨日は、母を車椅子に乗せ、近くの公園まで散歩した。
以前、父と母がよくベンチでお昼ごはんを食べていた公園だ。
今は食事はできないが、散歩することはできる。
父が車椅子を押していると、見知らぬおばあさんが
「あら!久しぶり!」と声を掛けてくれ、しばらくおしゃべりした。

紅葉する桜の樹の下、温かな日差しを浴びながら、
そんな昼下がりを過ごせるのは、とてもありがたい。
来年の春、桜の花が見られるかはわからない。
それどころか、いつ何時何が起こるか。
容態が急変する可能性は絶えずある。
だからこそ、母には今この時を少しでも穏やかに過ごしてほしい。
そして、それに寄り添いたい。

ちなみに、父は上記のように延命治療拒否の姿勢。
私にもそう伝えてくれているので、万が一の時は父の意思を尊重すると約束している。


posted by める at 16:42| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

睡眠の質を高めるチョコ!ギャバ フォースリープ<まろやかミルク>

IMG_20191114_215123.jpg
何となく気になって購入。
ギャバ フォースリープ<まろやかミルク>


とりあえずグリコの商品だし、
チョコとして普通に美味しいし、
特売価格にはなってないけど、値段も普通だったので
効果があってもなくても、まあいいか〜とは思ってるんだけど、
私も思い込みの激しい女で、
このチョコを食べた瞬間から、もう眠くなる!

…睡眠薬じゃないのにね、、、


それでまあ、昨夜食べてみたんだけど、
なんとなく今朝はスッキリした目覚めのような気がする。
ほんと、なんとなく…なんだけどね。

1日3粒までの摂取制限があるので、今夜も2粒だけ食べてみた。
睡眠の質が良くなるのか…な?!
…そもそも、そんなに質が悪くもなかったんだけどね〜。
新商品には釣られるのよ〜〜
posted by める at 22:04| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

140日目継続中!Fit Boxing(フィットボクシング)【Nintendo Switch】

IMG_20191105_233328.jpg

ちゃんとまだ続けてるんです、毎日。
いったん気に入ると、人でも音楽でもゲームでも長いのよ。
年単位になる。

最近はダイエットコース45分も軽くこなせるようになってきた。
そして余裕が出てきて、ふと、
「体をひねって」フック!アッパー!の
ひねるというのを自分がちゃんとできていないのに気づいた。

右側にひねる時、これまでは右手を振り回していた。
そうではなく、右にひねる時は左側の肩〜脇腹を右側に回すのだ。
すると、腹筋を使って重いパンチが打てる。
腕だけ振り回して打つパンチとは、まるで違う。

…そうか、体をひねるとは、腹筋を使うとは、
こういうことだったのか…!とフイットボクシングを始めて4ヶ月経って初めてわかった。

と、娘たちに話すと

「プロボクサーやん。」



揶揄されようが、とりあえず
継続は力なり、下手の横好きでまだ続けるつもり。

しかし、私よりもコントローラーちゃんがダメになりつつあり、
パンチを打ててるはずなのに、ミスにカウントされることが多くなってきた…。
買い換えようかとも思ったけど、コントローラーだけでも何千円もするのよね…。

次女夫妻は最近、ガッキーがCMしているNintendo Switch 『リングフィット アドベンチャー』を購入したそう。
結構、これもキツくて始めは筋肉痛になるらしい。
ブライダルのためのシェイプアップにジム通いをしてた次女、
これからは家でフイットネスするのかな。

どんなゲームなのか、私もちょっとやってみたいな〜〜
……飽きたら……くれないかな〜〜〜
posted by める at 19:58| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

100日目継続中!Fit Boxing(フィットボクシング)【Nintendo Switch】

IMG_20190926_225718.jpg

今や日課となりました。
100日連続で継続中!
「おうちで爽快、エクササイズ Fit Boxing(フィットボクシング)」

見て!見て〜!
カラダ年齢18才ですよ!!

…ちょっと〜
鼻で笑ったでしょ?今〜

めるちゃんは永遠の16才☆とかって言ってた黒歴史が、ここに来て蒸し返されるわ。

さすがに18才はアレだけど、
タニタの体重計にも−4才って褒められ、悦に入るこの頃なのです。

肝心の体重の方はねぇ〜…
少〜しずつ、少〜〜しずつ亀の歩みで減少傾向。
一時期、筋肉が増えて体重が増加した分がようやく戻った感じ。
つまり…
3ヶ月前、これではいけない!痩せねば!と思った体重に立ち戻っている状態。

しかし、毎日45分間のダイエットコースのエクササイズを続け、
体力に自信が持てるようになってきた。
代謝も以前に比べ良くなっているのを感じる。

そして、パンチを撃つ時に腰を入れることができてきて、
普段、立ったり歩いたりする時も姿勢が変わってきた。
だから痩せてはいないんだけど、パンツのウエストが楽になってきた気がするのよ。

45分間のエクササイズはしんどい。
でも30分くらいから、逆に体が楽に動き始める不思議。

母親が肺炎で緊急入院とバタバタなこの頃…。
フィットボクシングの時間はあれもこれも忘れて集中できる良い時間になっている。
とりあえず継続は力なり!
がんばってみるよ〜〜
posted by める at 13:48| Comment(6) | 健康 | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

継続中!Fit Boxing(フィットボクシング)【Nintendo Switch】

IMG_20190818_151136.jpg
ゲーム機Nintendo Switchでできる
「おうちで爽快、エクササイズ Fit Boxing(フィットボクシング)」

毎日続けて2カ月が経った。
最初の頃は15分間のメニューでも、ヒーヒーハーハー。疲労困憊!
すっかりなまっていた体…、筋肉痛で大変だったけど、毎日少しずつ続けていくと、
25分できるようになり、35分でも余裕を感じるようになり…と着実に体力増進しているのを感じる。

ボクシングなんて全く知らずに始めたが、2カ月経ち最近ようやく「ああ、こういうふうにやるんだな」とパンチの打ち方やステップの踏み方がわかってきた。(遅い)
ゲーム画面のインストラクターは何度でも丁寧に繰り返しアドバイスしてくれる。
同じ注意を繰り返されても相手はキャラクターなので恥ずかしくない。

ジャブ2発、からの~
ストレート!フック、ストレート!とかも華麗に決められるようになってしまって、
ふと、私は一体、誰と戦っているんだ!?と思う。

「自分と違うの?」と主人。

…そうよ、自分なのよ。
もっと言えば、自分の体脂肪と戦っているのよッ!

こいつが非常に手強い…。
2カ月も毎日エクササイズを続けたら、体重が自然とダウンするだろうと当然のように考えていた。
ところが!
現実は、体重は増えている。
脂肪がなかなか落ちない上に、筋肉量が増加しているのだ…。

…そ、そんな…。
ボクシングって痩せるんじゃないの?
筋肉をつけたいわけじゃないのよ…。
ヘビー級チャンピオンを目指してるんじゃないのっ!!

…おかしい。
食事だって、そんなに量を食べているわけでもハイカロリーなわけでもないはず。
そんな暴飲暴食はもうできない。

そこで、よ~く考えてみたら、最初の一ヶ月は「体力維持」コースでやっていたのよね。
ゆるい~キツイ~ゆるい、みたいなメニュー構成。
それに慣れてきて、次は「体力増進」コースに変更。
すると、キツイ~ゆるい~キツイ、のメニュー。
その上にある「ダイエット」コースにはまだ手を出していなかったことに気付いた。

…そ、そうか…。
この2カ月間やってきたのはダイエットではなかったのだわ!

ということで、先日から「ダイエット」コースに挑戦。
メニューは、キツイ~キツイ~キツイ…と延々、キツイ!
でも、なんとかそれをこなせるだけの体力が…ある!できる。

…ということで、
「2カ月続けたら、〇kg落ちましたぁ~!!」とかって日記を嬉々として書きたかったのだけど、
まだ全然、痩せていませんっっっ、、、
ここからがダイエットの始まりなのです…
道は…長い…。
posted by める at 11:20| Comment(4) | 健康 | 更新情報をチェックする