2016年03月07日

親が子にできること

10代の半ば、幼い恋のトラブルに遭い、

キャパオーバーな事態に何をどうしたらよいのかわからず

抱えきれない問題を自分の中から切り捨てた。

そうして何とか自分自身を保ち、やり過ごせたつもりでいたが、

“問題”や“出来事”が消えてなくなるわけではなく、

その後、長く心の中に根雪のように固まり解けず、

時折、私をひどく苦しめた。

 

30代になり、日々の生活を穏やかに暮らす中、

いまだに過去の古傷に苦しめられる状態は異常だと気づき、

それまで見ないようにしてきていた“あの時の出来事”を思い出し、客観的に検証し始めた。

それはとても辛い作業で、簡単ではなかったけれど、

数年間をかけ、いろんな人の力を得て実を結び、

自分なりに“出来事”に対しての納得ができ、心の痛みは徐々に薄らいで、今ではもうすっかり人生の中での一つの事件として、私の記憶のライブラリーにきれいに分類された。

 

その、数年間をかけていろんな角度から客観的に検証した中の一つに、

「どうして親は、様子がおかしな自分に気づき、助けてくれなかったのか。」

という親への不満があった。

 

トラブルにより、周囲の人間関係が崩壊し、完全に孤立した。

周囲を遮断し、孤立することで問題回避を成立させていたのだが。

言うまでもなく、それは極度のやせ我慢であって、相当なストレスになった。

食欲は落ち、夜は眠れず、体重が落ちた。

ホルモンバランスが崩れ、生理も止まった。

 

母はもっと私を心配してくれても良かったのではないか?

その時に、手を差し伸べてくれていれば、早めに問題を解決でき、

こんなにも長く苦しむこともなかったのではないか?

 

正直、これは甘えを含む考えだし、今更な話ではあるが、

いろいろ考えた一つとしてあった。

 

公正にジャッジすれば、「体重が落ちた」と言っても

元々が受験太りでそんなに痩せていたわけではないので、適正体重になっただけ。

不眠も、以前から深夜ラジオを聞いていたので、生活リズムの変化に親が気づくのは難しかっただろう。

時折、襲われるどうしようもない絶望感について、母に一言も相談しなかったのは私のほうだ。

 

だから、親に責任を転嫁するのは、それは行き過ぎ。

ただ、自分は娘たちが将来、何らかの問題に直面した時に頼れる存在でありたい、

あらねば。と強く心に誓った。

 

十数年の歳月が流れ、

いよいよ、そういう局面が我が家にもやってきた…!

そして、わかった。

子どもが直面している問題は、自身の力で乗り越えるもの。

親が口出し手出しできるものではない。

 

もちろん、問題の種類や状況にもよるが

子どもが親に助けを求めていないなら、自己解決を見守るしかない。

すごく心配なんだけどね。

 

親ができるのは、そういう危機的状況に陥った時に、踏ん張れる“根”の力を育てておくことなんだろう。

迷い、感情が高ぶった時も、一歩、奥で冷静さを保てるような力。

そして、日々の生活を普段通りに過ごせるような陰のサポートをするしか親にはない。

 

そう気づくと、

あんなに苦しかった時、死にたいと思っても自殺はしなかったのは

親の愛を感じていたからだろうと、改めて思った。

根っこの力、ちゃんともらえてたのだ。

 

何かを悩んでいる様子の娘もようやく少し笑うようになってきた。

乗り越えて得られる力もある。もうひと踏ん張り!

あの時の母も私の様子に気づかなかったわけではなかったろう。

じりじりとしながら黙っていてくれたのだ。

静かに見守るほうも、なかなかつらい。

posted by める at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 出産・育児 | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

ミチザネさまがみてる・・・っ☆

2012012510000000

 

受験目前の次女、

お正月にクラスの友達たちと“学問の神様”大阪天満宮にお参りして

合格セット(お札とお守りがセットになっているらしい!)をGET!

ベッドの枕元が神棚のようになってなっております。

 

「ミチザネさまがみてる・・・・!」

 

・・・そうだね。

菅原道真も、コアラも見守ってくれてるから安心だねっ!

 

 

今はもう高校も午前中までの授業で、お昼には帰って来るし

塾だって講座が減っていて、次女が家にいる時間は長い。

 

これまでは部活に励んでいたので帰宅も遅く、土日まで練習があった。

今は部活も引退してるし、部の仲間たちも受験で忙しいのは同じだから帰宅も早い。

 

次女と二人でゆっくりお昼ご飯を食べ、

録画していたNHK朝の連続小説の「カーネーション」を見ながら

あーだ、こーだと感想を言い合えるのは、とても幸せだ。

 

来月の半ばには、たぶん合格通知が来て、長かったこの戦いが終わる。

そうしたら、遊びに出かけたり、バイトを探したり始めるだろうし、

大学が始まる4月からは、もっと次女が家にいる時間は減ってしまう。

・・・・長女の時もそうだったもの。

 

だから、今は次女にとってはつらい時期だろうけど

私にとっては、蜜月。

早く合格通知を拝みたいけれど、ね。

posted by める at 10:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 出産・育児 | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

女子高生の会話は「つらたん」と「きゃわたん」で8割は賄える

現役女子高生の次女、

帰宅しコートを脱ぎながら

 

「はぁ~ 寒くて、つらたん!」

 

最近の次女の会話は、大体が

「つらたん」と「きゃわたん」でカバーされている。

 

「つらたん」は、「つらい」という感情だけでなく

「残念だ」とか「ドンマイ」みたいなニュアンスで使われることも多い。

その反対の意味合いで「きゃわたん」があって

「かわいい」以外に、「いいね」とか「いい雰囲気である」として広く使われる。

 

 

受験目前の次女は「つらたん」なことばかり多かりき、な最近・・・というか、

もはや「つらたん」とも言ってられないくらい差し迫ってるんだけど、

「困った」という内容を、「つらたん」とかわいく言うので、なんとなく空気が和む。

ギスギスしないのがいいね。

 

あ、あともう一つ、

「テヘペロ」で娘たちの会話はほぼ9割は賄える。

とりあえず、語尾に「テヘペロ」をつけると、どんなにひどいことを言ってても、セーフになるという不思議な符号。

長女なんてひどいもんですわ・・・・・

「テヘペロ」を免罪符に平気で罵倒してきやがります、、、、

 

しかし、まぁ

こういう若者言葉って流行るのも早いけど、すたれるのも早いから、そのうち気づけば言わなくなってると思うわ。

逆にこっちがいつまでも覚えていて、つい使ってしまうと

冷たい目で見られて

 

「その言葉、久しぶりに聞いた!

今もう誰も使ってないで?」と嘲笑される仕打ちに遭うのよね・・・・

posted by める at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 出産・育児 | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

非日常は、ある日突然に

いきなり警察から電話がかかってくるなんて、ろくなことではない。

 

「お母さんですね?おちついて聞いてください。」

 

淡々とした口調で警官が、次女が交通事故に遭ったことを告げる。

思わず、叫びますよ!そりゃ。

 

「あ~、それでですね~」

 

いや、それよりもまず、次女の状態の説明をしてくれ!!!!

 

すると、自転車×車の事故だが、軽傷で意識もしっかりしているとのこと。

出血もなさそうだ。

ひとまず、少し安心して警官の説明を聞く。

 

これから救急車で搬送するので、搬送先の病院が決まったら連絡するので来て欲しいとのこと。

もちろん、行きますって。

もう子機を耳に当てつつ、バッグに保険証とか入れ始めてますってば。

 

一通り警官の説明が終わったようなので、

次女に電話を代わってもらえる状態かと訊ねると、代わってもらえた。

 

「ちょっと!!あんた・・・どないなってんのよっ!?大丈夫なんっっ??」

「いやあ・・・・大丈夫やよー 大丈夫やねんけど~病院行くらしいので・・・」

 

次女の返答は、いつもどおりの声で、やれやれ・・・

 

「私も病院行くから。あんた、しっかりしいや!!」

「うん。」

 

親子共々、気合を入れておかないと。

 

今朝は、ひどい横なぶりの雨でね。

朝、次女を起こした時から、「雨だから早めに行かないと」って言ったのよ・・・

出かけるのを見送る時だって、「気をつけて、いってらっしゃい」って言ったのよ・・・

 

それでも、急なことは急に起こる。

 

慌てて出かける用意をしつつ、主人や両親に連絡。

タクシーで病院へ向かう。

 

車椅子に、ちょこんと座った次女を発見。

相手の車の運転手の女性はとても美人なセレブ奥さまで、

非常に誠実な対応をしてくれた。

聞くと、彼女も高校生のときに自転車でバイクとぶつかり、骨折する事故を体験しているとのこと。

 

「女の子なのに・・・・・お顔に傷をつけてしまって・・・・

 もし、残るようなことになったら・・・・私、生きていられません・・・!」

 

初めて、車で事故を起こしショックを受けていたようだった。

きれいにメイクした頬に、流した涙のあとが残っていた。

 

検査の結果、おかげさまで次女は、膝と頭に打撲があるが、骨には異常なし。

しばらく様子を見る必要はあるものの、

車とぶつかったにしては、軽傷。

不幸中の幸いだ。

 

診断書をもらい、次は警察署へ。

事情聴取のために、取調室に入った次女、

とんでもない圧迫感だった、と目を丸くしていた。

運転手の奥さんも、初めての体験に緊張していた。

 

その後、事故現場に戻って、実況見分。

前輪が、くにゃりとひん曲がり大破した自転車を見て、

「自転車が身代わりになってくれたと思います」と繰り返し言った奥さんの言葉に納得した。

ほんと、轢かれたのが自転車でよかったよ・・・・

 

本人は、接触した衝撃で飛び、一回転して地面に落ち、打撲したらしい。

痛いだろうが、この程度で済んだなら、本当にまだましだよ・・・・

 

事故状況を聞くと、

車も自転車も共にスピードは出ていなかったらしい。

次女が急に道を横切ろうとしたのが、そもそもの原因。

(一応、後方は確認したようだが、前から来ていた自動車に不注意だった。)

 

車は3ナンバーの黒塗りベンツ。

・・・・・ベンツにぶつかるなよ・・・・・次女、、、、

 

ともかく、先方もきちんとした方で、保険もちゃんと下りるし

なによりも、ケガの程度がましで、本当によかった。

 

担架に乗せられて救急車で病院へ搬送されるなんて・・・・

私、これまで○○年生きてきて、まだないわよっっ

 

ほんと、もうこりごりなんだから・・・・・

勘弁してよねっっ、、、、

posted by める at 19:25| Comment(9) | TrackBack(0) | 出産・育児 | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

娘とリラックス・ランチデート

第2志望大に合格、
第1志望の合格発表待ちで落ち着かない長女と
近所の隠れ家的お洒落イタリアンカフェ&レストランでランチ。
 
100219_131601 
 
 

店内はご近所のマダム達でいっぱい!
やっぱりPTAつながりの知り合いにも会ってしまった~
 


3月の卒業式まで学校は休みの長女、
大学が決まったら、たぶんバイトを始めるだろうから
ゆっくりまったり一緒にランチに付き合ってもらうのは、今がチャンス。
 

娘とのランチは何の気を遣うこともなく、一番リラックスして楽しめることに気付いた。

そう言えば、昔、どこかの誰かがそう言っていた。
 

「娘はええ。娘と出掛けるのが一番気楽や!」

 
ほんと、そうだなぁ~ってしみじみわかる年齢になってしまったのね、私も。
 


長女はとても寒いのにアイスミルクティーを頼んで
 

「髪、切りたい~
 染めたいし~」
 
 
とか言いながら、携帯の画像を見せ
 


「こんな感じに。」


 
・・・え?こんなキノコ頭にしたいの??
ビートルズやん。
 


「うん。かわいいと思えへん?」


 
・・・えっ?えぇ~っと~~・・・

友達親子を気取りたいけど、やっぱり感覚がどうもついていけないわ~。。

つか、せっかくのきれいな髪を染めなくてもいいのになぁ!
posted by める at 21:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 出産・育児 | 更新情報をチェックする