2019年11月01日

パワースポット!龍鎮の滝【奈良】

奈良の深谷龍鎮渓谷にある龍鎮の滝

アクセス地図等は上記リンク参照。
車を降り、橋を渡って渓谷へ入る道の入り口には
「この先、道を迷いやすいので注意」など警告の看板が複数あり、
ちょっとドキドキする。
確かにあまり人が入らない雰囲気の山道。

IMG_20191026_143057.jpg

山深い趣のある道を10分ほど登ると、龍鎮神社がある。


IMG_20191026_143628.jpg

この水量!
うねるように勢いよく流れ落ちていく。
本当だ。この川には龍が住む。

IMG_20191026_143727.jpg

渦を巻く滝壺は澄んだ緑色。
泡立つ飛沫の白とのコントラストが美しい。
パワースポットと呼ばれるのも頷ける。
この色合いは自然の神秘を感じる。


IMG_20191026_144419.jpg



この日は雨上がりで石が濡れており、足元にかなり気をつけていたのだが、
濡れ落ち葉を踏んでしまい、ツルン!とマンガのように滑り、尻もちをついてしまった…。

あ!と思って尻もちをつくまでの0.5秒、すごくたくさんのことを考えた。

まず、これはまずい、尻もちをついてしまうと察知し覚悟。
ならば最善の着地をせねば!と全神経を集中させた。

こんな岩場で骨折などできない。
今来た山道を主人に背負ってもらい戻るなど。
ここは電波も入らず救急車だって呼べない。

尾てい骨は守らねば。骨折は回避!絶対に!
できる限り、最小のダメージで!!

それでも落ちた瞬間は全身がズーンと響き、痛くて全く四肢が動かせなかった。
…あ、ヤバいな…やってしまったか?
でも、ズキズキとした痛みはこなかったので、骨はセーフ!
石の上での転倒としては上出来!

…痛かったけどね、、、

龍神さまの怒りに触れる何かをしてしまったかしら?
お賽銭して、ちゃんと拝んでから写真撮ったりしたのになぁ。


EFFECTS.jpg

AIが加工してくれた映え映え画像。
秘境感たっぷりの大人の遠足。
posted by める at 20:35| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

茶畑一望!天空カフェ【京都和束】

茶源郷、京都和束にある天空カフェ

…天空?カフェ?!
なんだかよくわからないけど素敵っぽい。行きたい~!と前知識なしで来たのでビックリした。

IMG_20191013_152545.jpg

ここ和束茶カフェ
予約し飲み物を注文してカギを受け取る。
天空カフェは、ここから徒歩15分。
一時間貸し切りのカフェなのだ。

IMG_20191013_155813.jpg

小高い山を上って行くと見えてきた。
あの隠れ家のような茶室が天空カフェ。

IMG_20191013_160404.jpg

高台寺の傘亭がモチーフというインパクトのある天井。
…確かに。高台寺で見たわ、傘亭。
カッコイイデザイン!

IMG_20191013_160336.jpg

中は狭いけど、畳があるからかしら?落ち着く~。

和束茶カフェで渡されたバッグを開くと、小さな急須と湯飲み、ポット、そして茶筒が入っていた。
美味しいお茶の淹れ方の説明書きもある。

一煎目は最後の一滴まで絞り切って。
…濃厚で、うぅ~~ん…庶民の私には重すぎるぅ~。

二煎目あたりがマイルドになって落ち着いて味わえる感じ。

IMG_20191013_160446_1-EFFECTS.jpg

美しい茶畑の里を一望。
極上のお茶を頂いて、時折ゴロンと畳の上に寝ころんで別荘気分。
天空で過ごす贅沢な一時間。
posted by める at 19:26| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

文蔵の滝【和歌山かつらぎ町】

IMG_20190915_133417.jpg

10月に入ったというのに夏に逆戻りのような暑さ…。
涼を感じる滝へご案内しましょう。

和歌山県かつらぎ町の文蔵の滝
古くから修験者の滝行の場。
駐車場から約3分の山登り。
3分と言えど、なかなかの急勾配。あっという間に息が切れる。

IMG_20190915_135902.jpg

3分で一気に森の中。
どこに来たんだろう?と思うくらいの異世界に迷い込む。
木陰で涼しい~~。

IMG_20190915_133935.jpg

…ん?滝?あれが滝?
違うんですよ!
左手の岩肌にあるロープを使って、さらに奥へと進むのです。
この日は水量が多く、足元が非常に悪かった。
でも大丈夫。長靴をはいていたから、わんぱく大冒険を敢行!

EFFECTS.jpg

荒い岩肌の壁に囲まれた3畳ほどの狭いスペースが丸くある。
自然が作った滝行のための個室のような空間。
…確かに、水音だけが響くこの閉ざされた場に居れば、思考がクリアになっていく。
雑念が流されていく。


信心の気持ちが薄い私には本格的な修行は無理だけど、
とめどなく落ち、飛沫を放つ滝を見ているだけで
なんかね、すごく良かったですよ。
マイナスイオン全身に浴びて。

かつらぎ町は大阪からも車で行きやすい。
何せ、駐車場から徒歩3分で本格的な滝!というのが魅力。
途中の道の駅で季節の野菜やフルーツを買えるのも嬉しい。
大阪のスーパーでは1200円のシャインマスカット、800円で買っちゃったもん~!
posted by める at 19:06| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

ホテイアオイ満開!【本薬師寺跡 奈良橿原】

IMG_20190824_144056-EFFECTS.jpg

布袋葵(ホテイアオイ)は池でよく見かけるけど、
どんな花が咲くのか、そう言えば知らなかった。

IMG_20190824_142833.jpg

紫色に一模様だけ黄色が入ったこんな花。
四方に花がつくので全方向で撮影に対応という、なかなかイマドキの映えフラワー。

この日の前日、夕方のNHKローカルニュースでこのホテイアオイ満開の話題が放送されたので
カメラ片手にやって来ている人が多かった。
かく言う我々もその一人なのだけど。

IMG_20190824_142426.jpg

本薬師寺の礎石と土壇が池のようになって、そこに40万株のホテイアオイが隙間なく浮き、一斉に花を咲かせている様は圧巻。

IMG_20190824_144008-PANO.jpg

右手には青々とした水田、向こうには低く連なる山々。
奈良ならではの、のんびりほっこりとした風情に癒される。

車でなら大阪から1時間かからずに着く近さ。
電車でも、近鉄「畝傍御陵前」駅から徒歩で行ける。

ホテイアオイって、小学校の校庭の池に浮いてたよなぁ…。
そうか、8月に咲くから夏休みで花が見れなかったのか…!
今は8月下旬から2学期が始まるから、見れるのかもしれないなぁ。
posted by める at 19:37| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

JR関空特急ハローキティはるか、可愛い!

IMG_20190826_124907.jpg
このキティちゃんは可愛いと思うんだ。
周りのお花の色味も含め、上品で好きだ。

よく見たら、折り鶴もある。
日本の美点をさり気なく表現している。
IMG_20190826_124915.jpg
関空から天王寺〜大阪〜京都までをつなぐJR関空特急はるか。
正直、乗客のほとんどは外国人観光客。

日本での滞在日数が限られる観光客には時間は貴重だものね。
IMG_20190826_124938.jpg
シートのヘッドレストカバーもキティちゃん!
いいなぁ〜、ちょっと乗ってみたい気はするけど、関空へも京都へもは普通の急行で行くし、乗る機会はなさそうだなぁ。。。
posted by める at 13:25| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

映える!大阪市立長居植物園

長居公園は大阪市内の街中にあり、地下鉄御堂筋線、JR双方のアクセスも抜群の好立地。
ヤンマースタジアム長居ではサッカーの試合はもちろん、大規模なライブコンサートも開催される。
広大な大阪市立長居植物園も公園内にある。

雨の日、久しぶりに出かけてみた。
すると…
昔(20年くらい前)とずいぶん変わっていて驚いた。

植物園&博物館へ入る手前、つまり無料で利用できるスペースに展示コーナーや土産物グッズ売り場、
眺めの良いレストランができている。
…知らなかったわ~~。いつの間にできていたんだろう。
とりあえず、レストラン「フォーレスト」で和風鶏竜田揚げ定食を頂く。

IMG_20190630_141514.jpg

植物園へ入ってすぐの所に、やたら可愛いお花のハートが…!

IMG_20190630_141420.jpg

こ…これは映えますわ!
大阪市立の植物園、積極的に来園客獲得に本気出してる…!

若者を呼び込もうと努力しているのは、園内のカフェでも強く感じた。
IMG_20190630_135059.jpg

カフェレストラン「HANDSOME bot GARDEN」
なんなの?このお洒落感…!
芝生の上のテントでキャンプ気分でコーヒーを楽しめる。

IMG_20190630_134814.jpg

たっぷりの緑に囲まれ、自然の風に吹かれながらコーヒーで一休み。
贅沢な一杯になる。
アルコール類もあるみたい。
バーベキューランチとか、絶対盛り上がるよ~~。

IMG_20190630_130731.jpg

ばら園は以前と変わらない美しさ。たくさん咲いていた。

IMG_20190630_131533.jpg

でも今の季節は、やはりダリアが一番、生き生きと色とりどりに咲き誇っていたわ。

そうそう、もう一つ、映えポイント。
植物園に隣接する自然史博物館の前に、巨大なクジラの親子の骨格が。

IMG_20190630_141151.jpg

…クジラって大きいんだねぇ…!
デッカイ…。
大きいことは知っていても、どのくらいの大きさか具体的にピンときていなかった。
こんなふうに骨格が吊るしてあると、その大きさを肌で感じる。
これは飲み込まれたらピノキオになっちゃうわ…。

雨が降ったり止んだりのお天気の日に行ったので入園料200円が、雨の日割引で150円に。
人も少なく、写真も撮りやすい~。
ただ、やっぱり青空のほうが花は映えるよね~~。
バーベキューランチ目的に、晴天の日にまた行こうかしら。
posted by める at 18:11| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

奈良で茶粥【道の駅 宇陀路室生】

奈良の朝ごはん…と言えば、茶粥。
子供の頃から聞いて知識として知ってはいたが、実際に食べたことも見たことさえなかった。
奈良は日帰りできてしまうので、泊まって朝食を頂く機会がない。

たまたま立ち寄った道の駅 宇陀路室生内の和風レストラン「青葉の庄」
茶粥を発見!
昔ながらの地元の味、頂いてみた。
IMG_20190623_133324.jpg
元気玄米茶粥御膳。

これが意外なほど美味しかった。
いや、失礼ながら全く期待していなかったのよ…。
茶粥って、地味なイメージで。
とんでもなかった。
滋味あふれる味わい!

丁寧に焙じられたお茶の香りが良く立っている。
トッピングされた黒大豆も炒られて香ばしい。

ん〜〜!これは体に良さそう。
炊き合わせのお味も、なんだろう…すごく優しくて…いい。
ああ、こういうのが最高に美味しいと感じるようになったわぁ~…。
軽めの量も、ほんと丁度良くてありがたい。
(帰りのサービスエリアでご当地コロッケを買ったのは秘密…。)

IMG_20190623_133407.jpg

お料理と共に眺めも良い。
大きなガラス張りの窓、なんとものどかな風景が視界いっぱいに広がる。

IMG_20190623_135540.jpg

宇陀川のせせらぎ、
緑の草木が目に優しい…。
ゆっくり、のんびり。
美味しい茶粥をすすって、ホッと一息、心くつろぐ。

近くには室生寺もあるのだけど、以前に行ったので
室生寺拝観~山菜料理 橋本屋【奈良】(2014年10月17日)
今回は、花の郷 滝谷花しょうぶ園へ。

IMG_20190623_140843.jpg
ちょ~っと満開の時期は外してしまったんだけど、その分、人が少ないので落ち着いて見て回れる。(前向き)

IMG_20190623_141743-EFFECTS.jpg

新しいスマホは、やっぱり画質がいいなぁ…。

IMG_20190623_142811.jpg

ほらほら!見てー!
ハート型のあじさい!!

IMG_20190623_150109.jpg

葉陰にそっと咲く睡蓮。
「蜘蛛の糸」の冒頭を思い出すなぁ。
極楽のお池に咲くと言われて納得するわ。

広い園内をゆっくり歩いて、鳥のさえずりを聴きつつ、いろんなお花を愛でて。


posted by める at 11:54| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

NHK朝ドラ「まんぷく」セット公開、見てきたよ!

EF02A08F-3024-482A-8116-79198BE8CBAE.jpeg

明日でいよいよ最終回を迎えるNHK朝ドラ「まんぷく」
ちらほら咲き始めた大阪城の桜を見がてら、
セット公開中のNHK大阪局へお出かけ。

865E7251-B93E-435F-BD1F-94A14C413C7F.jpeg

萬平さんがこもっていた即席ラーメン研究所の小屋はかなり狭い。
狭い所へいろんな物がたくさん〜〜〜!

2A1C56F2-D92C-455E-9A6C-C104929FE0D6.jpeg

苦労して作り上げたまんぷくラーメン。

6549A763-46DB-4A59-A148-5DDD30E21849.jpeg

そして、ようやく商品化されたまんぷくヌードル。
名木くんのデザイン、なかなか良いよね!
2F602E6C-0394-46CB-BD47-EE86B14A33B5.jpeg

看板には、萬平印のダネイホンも!
あ、そうそう、名木くんと言えば…
カオスとエロスでカボス!
49C0D0EC-5B15-4974-971E-1C5FF4CA20B0.jpeg
しっかし…ここまではっきりパクってる絵を、よく師匠に見せられたよなぁ…。
小心なのか図太いのか、よくわからないわね。
とにかく名木くんには、初回の泣きシーンから心を掴まれたので、私は大好きよ!
彼の泣き芸は素晴らしい。
1EB06F44-C01B-44CF-BBE4-4B169EC37BA8.jpeg
5FF09FB2-867E-4CF4-A8DB-D657C8776310.jpeg
白薔薇のマスターの
「ユーアー ライスカリィ?オッケー!」
は加藤雅也さんのアイデアだと脚本家の方がおっしゃっていた。
確かにいたのよ。昔は。
そういう風にオーダーを気取って取るマスターが。
大阪だけなのかな?
普通にいたのよ。80年代前半くらいまでは。
だから、なんとなく懐かしいような感じがするのよ。
AC3C54CC-6D6B-4E15-8DD7-CEFC3A1F7E08.jpeg
忠彦さんのアトリエ。
これも結構狭い。
ここで壇蜜が踊っていたとは思えないくらい狭い。
46063514-28A7-4763-BE64-258DD8FF0917.jpeg
この衣装の頃の萬平さん、カッコ良かったよな〜。
眼鏡も年齢に合わせて掛け替えて、それがまた全部似合う!
12E8FE5E-12CC-468C-87D4-2C89BC5ED9EF.jpeg
おまけは野呂さんの缶詰のペーパークラフトとは…NHKも遊び心あるなぁ!

VRでたちばな塩業をバーチャルリアリティで体感するイベントにも参加してみたよ。
40分待ち!
でも出た時には90分待ちになってた。

私、VRって初体験だったんだけど、すごいね!
怖いわ。
めっちゃおっかなびっくりになってしまった。
1分半だけで交代だったんだけど、それでもちょっと酔うわ〜。

ああ、明日で最終回…。
まだまだ続けて欲しいわ、「まんぷく」のあの世界を。
posted by める at 20:54| Comment(2) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする