2017年04月06日

大阪城の「櫓」内部特別公開

IMG_5417.JPG

桜は五分咲きの大阪城
大阪城の「櫓」内部特別公開へ行ってきた。

大坂城の正面玄関、大手門。
大きな広い土橋を渡ると、大手口大門の櫓門がドーンとある。

IMG_5386.JPG

この門の二階部分(屋根と屋根の間の黒い窓があるところ)へ入ることができるのだ。
外国人観光客も多く、大阪見物の名所の大阪城だが、
内部に入ってみると、戦闘を前提とした要塞なのだと気付かされる。

IMG_5394.JPG

二階の内部はかなり広い。
いざと言う時は、このように火縄銃を狭間(さま)から迎撃する。
窓の格子からは弓を放つ。
さらには、この窓の下の床部分が何か所か開くようにできていて、
そこから一斉に槍を落とす作戦。

IMG_5387.JPG

門の入口の頭上、赤い矢印のところが、ほら!開いてるでしょう。
ここからたくさんの槍が一気に落ちてくるわけです。
ひぇ〜〜っ!怖っ!!

門を入って来る時は、そんなことに全然、気付かなかった。
狭間があるのも見えないし、窓の内側に誰かがいるのも見えない。

ところが!
二階からは、下の様子が丸見え!!
めっちゃ近く見える。これなら簡単に侵入してきた敵をやっつけられるわ。

IMG_5388.JPG

しかも櫓は四角い桝型になっていて、左手からも攻撃できる。
赤い矢印のところに狭間があって、いくつか並んでいるでしょう。
門前のこの四角い広場に敵が集まったところで一気にハチの巣にされるんですわ…
死屍累々ですよ…

もちろん、堀の石垣のところも警備できるようになっている。
火縄銃、弓はもちろん、石垣を上ってきた敵の頭上に大きな石を落とす仕掛けまである。
…必死に石垣を上って、上から石を落とされるなんて…
なんか、すっごく可哀想。。。
…戦だものねぇ…非人道的なものよ…

ところが、大坂城は豊臣家滅亡の際に燃えているので、これらの櫓は、それ以降に徳川家によって再築され、さらにそれが焼失して、幕末の頃に再建されたものだったりする。
だから、実戦に使われたことはないのだ。
平和な時代には貯蔵用の倉庫に使われたらしい。

それでも、床に滑り止めの細工がしてあって、非常時に武士たちが迅速に動けるようになっているなど、臨戦態勢バッチリ。
観光客でいっぱいの天守閣へ上るより、櫓の内部のほうが興味深かったわ。
係りの方が丁寧に説明してくれて、とてもよくわかったし面白かった。

IMG_5393.JPG

火縄銃、結構、重かった!
無理だわ〜 私、撃てないわ〜〜
絶対、とんでもないところに当てちゃうわ〜
posted by める at 00:34| Comment(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

雪残る鞍馬寺

鞍馬寺へ行ってきた。
鞍馬と言えば…そう天狗!
叡山電鉄の鞍馬駅前にも大きな天狗の顔があるんだけど、
先月の大雪で長い鼻がもげちゃって、今はこの通り“治療中”…。
IMG_5277[1].jpg

大きな絆創膏をペッタン☆
いかついお顔が台無しでなんだか可哀想ね。

鞍馬駅は近畿の駅百選に数えられている風情ある駅舎。
IMG_5278[1].jpg

駅前には駐車場もあり、鞍馬寺の仁王門へもすぐ。

IMG_5229[1].jpg

仁王門、カッコイイ!
鞍馬寺は全体に骨太なカッコ良さがいっぱい。

行きはケーブルカーで上って、帰りは山道を下っておりた。
この方法が一番、楽しめるかも。
主人はもっともっと歩きたそうだったけどね。

IMG_5237[1].jpg

手水の龍も強そう!

IMG_5243[1].jpg

本殿を護る虎も強そう…!
雪も残っているけれど、梅の枝には赤い蕾も見つけたよ。
春はゆっくりと近づいている…。

IMG_5261[1].jpg

下りは山道をゆっくりと歩いた。
結構な坂なので体幹が鍛えられる。
由岐神社を通る山道は自然がいっぱい。森林浴で心身が浄化される気分。

IMG_5274[1].jpg

魔王の碑…?!魔王って…
魔王がいたの??
いや、でも魔王が隠棲していても不思議ではない雰囲気のある山だわ…
何と言っても天狗がいるんだものね。

IMG_5276[1].jpg

山を下りてきて、眼の前に広がる緑の山と青い空の美しいこと。
自然の大きな力を改めて感じる。

門前にはお土産物屋さんが何軒か並んでいて、それも良い風情。

IMG_5279[1].jpg

あったかいおぜんざいを頂いて、ほっこり。。。
地元の名産の佃煮も添えられていて、美味しさ二倍!
歩いて消費したカロリーをしっかり回復…って、あかんやん!
でも、美味しかったのよねぇ〜〜

このおぜんざいを食べるために、また山歩きがてら鞍馬寺へ出かけてもいいなぁ〜!
posted by める at 18:40| Comment(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

長女と韓国コスメ&グルメ旅 3

IMG_5111.jpg

泊まったのはプレジデントホテル。
32階建ての30階のツインのお部屋。眺望が良い。

正面に見えるのは、徳寿宮。韓国の5大王宮の一つなのだそう。
手前はソウル広場で、何かのイベントをやっていた。
朝8時から大音響で音楽が鳴っていたわ…。

この右手にはソウル市庁がある。

IMG_5113.jpg

このえらく派手な建物が市庁。
手前のクラシカルな建物は、ソウル図書館。

ホテルの隣りは、あのロッテホテル+ロッテ免税店。
エステにロッテホテルへ入ったけど、なんかすっごく金ピカで…
なんかものすごかった。
欧米系の宿泊客が多かった印象。

免税店も覗いてみたけど、中国人観光客の人波が…すごい。。。
高級ブランド店のレジにマツキヨみたいな感じで長蛇の列。
圧倒された。

プレジデントホテルは、地下鉄出口からも近く、繁華街である明洞へも徒歩圏内。
アクセスが良い。
ちゃんとしたホテルなのに安価なのもありがたい。
二泊二人分で9319円。
…二人分の値段よ?…安い。

あんまり安いんで、どんな部屋なんだろう??とかなり心配だったんだけど、
良かったので驚いたくらいだ。

ただ…一つ難を言うとしたら
お風呂の排水がダメだった。
一回入ったら詰まってしまって、水が排水されずに溜まってしまう…。
「そんなに髪が抜けたのか??」と驚いて、思わず掃除したもん。

部屋の壁紙も綺麗だし、一見、とても良いんだけど、
コンセントが足りなかったりと、設備の古さを感じた。

韓国では下水道が未整備なのかもしれない。
道を歩いていて、時折、嫌なにおいがしたもの…。

空港やカフェのトイレでペーパーを流せないのは、まあ、韓国だけでない。
台湾でもそうだったし、マレーシアもそうらしい。
日本で普通に水洗でペーパーを流せちゃうのは、逆に特別なのかもしれない。

外国に来て、改めて感じるのは、
日本はやはり少子高齢化社会なんだなぁ、ということ。
テレビに出ているタレントも30〜40代が多い。
もっと10代、20代の子が生き生きとしてメインで活躍していなきゃね。

フィリピンに行った時も、通りに子供がたくさんいて、
日本の昭和30年代の街角の風景のような懐かしさがあった。
今、公園にさえ子どもがいないもの…。
これじゃだめね。町に活気が宿らない。

若い人が結婚して、子どもを産んで、人口が増えないと。
でも…長女もそういう予定、まだまだなさそうで、、、、
うぅ〜〜ん。。。
一緒にこうして遊んでくれるのは嬉しいんだけどねぇ…

IMG_5190.jpg

エステ終わりに、ガッツリと鶏の唐揚げ!
ガーリックたっぷりだぁ!!
ちょっと辛いけど、病みつき系の美味しさ。

店内では地元の会社員やOL達が食べながら、わいわいおしゃべりしてた。

IMG_5198.jpg

帰りの金浦空港で石焼ビビンバ♪
これも美味しかったわぁ〜
昨日、あれだけ焼肉を食べたのにね。

飛行機はチェジュ航空なら、往復で43270円。
1時間40分で関空へ着く。(行きは1時間55分かかる)

買い物好きな長女が韓国へ行きたがるわけがわかった。
なかなか面白くて食べ物も美味しかった。

まぁ、また一緒に行く友達が捕まらなかった時に誘ってくれたら行くかも。
でも、本当は暖かい南の島とかのほうが…好きなのよ、私。

posted by める at 19:16| Comment(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

長女と韓国コスメ&グルメ旅 2

IMG_5169.jpg

一日目は明洞で延々とコスメ店巡り。
二日目はグルメ&エステ!そして雑貨店巡り。
弘大入口(ホンデイック)は大学がある街、若者が圧倒的に多い。
でも、いくら大学があると言っても、こんな人数が押し寄せるように通りを歩いてくるのか??と思うくらい人が多い。

韓国のかき氷ハッピンスのお店「ソルビン」
日本にも原宿に出店しているそうだ。 ソルビン原宿 (SULBING HARAJUKU)

氷が粉のようにサラサラしていて不思議な食感。
苺たっぷりで美味しい。
上にのっているのは、なんと苺大福!
苺大福は、明洞の屋台にもあったのよね。人気のスイーツみたい。

店内は学生たちで満席状態。
隣りのテーブルでは、一つの器のかき氷を男子6名でワイワイ言いながら食べていた。
ノリが若いわ!

IMG_5179.jpg
 
レトロ風味のある可愛い雑貨店「maison de aloha」
なんかもう…圧倒されるピンク感!

IMG_5177.jpg

店内を自由に撮影しても良いらしく、どの客も皆、撮影していたが、店員は不問。
写真に撮るのに、すごくいい感じのお店。フォトジェニック!
正直、何か買うかと言うと…う〜〜ん、、って感じ。隣のアクセサリー屋さんのほうが私は良かった。
長女は不思議な玩具を買っていたわ。千円ちょっとだから、つい買いたくなる気持ちはわかる。

IMG_5161.jpg

こちらも写真に最適なスポット。
ビルの屋上に休憩スペースがあるのだ。
夜になると、灯りがついて、さらに可愛くなるらしい。

IMG_5181.jpg

歩いて歩いて、日が暮れてきた。
気温は一気に氷点下に…!寒いッ、、、

夜はロッテホテルの雪花秀(ソルファス)スパでエステ!

IMG_5185.jpg

長女とカップルルームで施術してもらった。
背中と肩のマッサージが、結構、パワーがあって
揉み返しがくるんじゃないかと少々心配だったが、大丈夫だった。

IMG_5186.jpg

雪花秀(ソルファス)は日本でいうところの資生堂のようなブランドだそう。
その化粧品をたっぷり使ってフェイシャルエステしてくれる。
…いやぁ〜〜 極楽極楽…
途中、意識失いましたわぁ。。。


話が前後するけど、
この日のランチは、新世界百貨店の上で焼肉♪

IMG_5156.jpg

ハサミで切ってくれる〜〜
店内はいかにもセレブでございます!と言った毛皮をまとったおばさま方で、これまた満席!
新しくてきれいなお店で味も良い。
これで一人前3800円は安いと言える。
阪急百貨店の上のレストランで、こんなお肉を食べたら、きっと5000円は下らない…

IMG_5155.jpg

お肉に副菜がいろいろ付いてくる。
ごはんはお茶碗ではなく、金物の器に入っている。
お箸も金物の棒状。
食べる時にお茶碗を、つい持ち上げてしまったけど、韓国では確か、それはお行儀が悪いんだったっけ…

私は辛いのが苦手なので、ちょっと心配だったんだけど、
長女のお店のチョイスに配慮してくれていることもあり、
食事はどこも美味しく満足!

最初は、地下鉄に乗るのも、なんだか緊張していたけど、
二日目にはハングルだらけの環境にも慣れ、リラックスして食事を楽しめたよ。
観光地中心で、危険な所へは行っていない、というのもあるけど、
ソウルの治安は思っていたより、ずっと良かった。

…まだ続く…!
まだ食べますっっ!!
posted by める at 19:06| Comment(2) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

長女と韓国コスメ&グルメ旅 1

IMG_5124.jpg

行ってまいりました…!
韓国で大好きな化粧品を思いっきり買い物したい長女に付き合って、2泊3日。
旅慣れている長女の完全ガイドで、美味しいものもたくさん食べられた!
海鮮チヂミは、モチモチとした生地で食べ応えあり。
ダッカルビという鶏肉の入ったキムチ炒飯も、爽やかな辛さに深みがあって良い。

しかし、食事時間以外は延々と化粧品店のはしご!

明洞(みょんどん)という繁華街の通りには、道の両側に様々なコスメブティックが軒を連ねていて、
それがどの店も異常に賑わっているのだ。
平日の昼でも、なんでこんなに?と思う混み具合。
また閉店時間が遅く、22時を過ぎても店が開いている。
深夜だというのに、レジに長蛇の列ができているのには驚いた。

中国や日本、各国からの観光客もかなり多い。
マッサージ店などへの客引きも盛んで、結構強引だが、長女は慣れたもので動じず、サッサと歩いて行く。
長女は、歩いて見て回りたいお店がいっぱいあって、とにかく忙しいのだ。

私は、化粧品にまるで興味がないというわけではないが、
長女ほどの情熱を傾けることはできず、あれこれテスターを試す長女を待ちつつ、店内を眺めていた。

確かに韓国のコスメは容器が可愛かったり、形が変わっていたりして面白い。工夫がある。
口紅が三角だったり、色が二層になっていたりと目を引く商品が並んでいる。
そこまで安くはないが、高くもなく、この値段ならせっかくだし買おうかと思える価格。

この辺りが人気の理由だろう。
更に、街の賑わいが購買意欲を高める。

日本の商店街、ここまでの賑わいは今、ない。
商品も定番の手堅いものが主流で、遊び心優先の、売れるかどうかわからない物は商品になりにくい。
日本の物は品質に間違いないが、面白みは少ない。
高齢化で社会の主流が高い年齢層の趣向にシフトされている。

かつて80年代、私たちが娘時代だった頃、
「若者文化」が街を作っていた。
新しい感覚のものをいち早く取り入れた若者が、街を闊歩し、お洒落を競った。
今までにない形や色の服。バッグ。靴。
梅田やなんばの街はきらびやかで華やかだった。

あの感覚。
懐かしさがソウルの街に確かにある。
バブル期前夜〜頂点の時代を知らない長女世代には、新鮮に映るのだろう。

IMG_5110.jpg

飛行機から見えた韓国郊外の町並みは、
同じ形の建物がブロックでつくったように並んでいた。
一気に開発し、できたニュータウンがあちこちにあるのが見てわかる。

日本じゃ今、昔のニュータウンの住民の少子高齢化、施設の老朽化が問題になっている。
30〜40年前の上り調子だった時代の形が、今の韓国にある。

お洒落な店構えのショップや立派な一流ホテルの前の歩道の舗装がガタガタだったり、
下水の臭いが急にしたり…
まだ全てが追い付いていなくて、ちぐはぐな印象がするのも
本当に懐かしい。
昔はこんなだったよなぁって何度も思った。

IMG_5127.jpg

明洞にはたくさんの屋台も並んでいる。
お肉を焼いた串や、ホタテ、ザクロのジュースやなぜか苺大福も。
すごい雑踏の中で、その場で作って売っているのが、なんかすごい。
結構、売れてるのよね…。

私もポテトの串に刺さってるのだけ記念に食べた。
揚げたてで美味しいのよね。寒いから、熱いのが美味しい。

IMG_5146.jpg

お洒落な雰囲気のカフェでケーキセット。
外気はマイナス2度とかの寒さだけど、店内に入ると暖房がすごく効いていてあったかい。
だからカイロも持って行ったけど使わなかったわ。

…二日目に続く。。。




posted by める at 00:45| Comment(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする