2014年01月16日

リトル・マーメイド 最良の結末はたぶん…

午後、次女とリトル・マーメイドのDVDを観た。
言わずと知れたディズニー映画の名作。
「アンダー・ザ・シー」など魅力的な音楽も有名だ。


誰もが知っている童話「人魚姫」のストーリー。
脚本が素晴らしく、非常にテンポ良く物語が進んでいく。

ミュージカル仕立てで、歌でも話を進めるし、
とにかく、だれるシーンがない。

水中の「揺れ」を上手く表現した映像も見どころ。
色合いも美しい。


童話の悲しいラストシーンが
ディズニーらしいハッピーエンドになっているのも良かった。

期限の日没までのキスが間に合わず、人魚に戻ってしまうアリエル。
悪玉アースラとの大決戦に王子も大活躍。
見事、アースラをやっつけ、めでたし、めでたし…なんだけど、
この王子、アリエルが人魚になったことに驚かないのだ!
いや、確かにそれどころではないくらいアースラが巨大化するなど
あり得ない展開が続くんだけどね。

しかしやね!
好きになった女の子が実は人魚!?
もしかしてとは思ったけど、まさかほんとに!?って思うやろ!?普通!


それが、なぜかそこのところはスルーで
何の疑問も持たずに王子はアリエルと結婚する。


ラスト、アリエルの父トリトン王が
魔力でアリエルの下半身を人間の足にする。

その時、娘を失う切ない親心をこぼすのだ。

それを聞いて思ったんだけどね。

それならいっそ、王子を人魚にした方が良かったんじゃないのか?

こんなに人魚に違和感を持たない人間、そうはいないわよ。
そうしたら、アリエルも親元で暮らせるしね。


「・・・今まで同じものを見ていたとは思えない・・・」


呆れたように次女が言うけど、
いやいやいや、王子が人魚になればいいってー!


「王子様だからね?エリックは。
国に帰らないとーー」


いやぁ、あれだけ荒れた海に放り出されてたんだから、
もう王子は死んだことになってるってー!

だから、人魚になって海の底で暮らしても問題ないって。
そうしたら、娘ばかりいるトリトン王にも後継ぎができて安心やん!

あ〜、でも元々、アリエルは人間の世界に憧れたのか〜


「そうやよ!!」


ん〜、
それに、人魚って不老不死だから後継ぎはいらないのかもなぁ…
逆に人間になったアリエルには寿命ができてしまうのかもねぇ…
これも親として切ないね。

やっぱり…王子が人魚になったら丸く収まるーーー


「そういう話と違うから〜!」


まぁねぇ〜〜
でも、私としてはやっぱり・・・・
親元を離れて新しい世界へ旅立ちたい娘の気持ちよりも
親目線で見ちゃうようになっちゃったわぁ〜
リトル・マーメイド。
posted by める at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

「輪るピングドラム」完結!!

アニメ「輪るピングドラム」が最終回を迎えた。

こんなに最終回が待ち遠しく、

また終わってしまうのがもったいないような複雑な気持ちにさせられるアニメは・・・ひさしぶり!

 

ピンドラ20話について以前、感想日記を書いた↓

展開の読めないアニメ『輪るピングドラム』

 

本当に一体、どうやって最終回に持ち込んで、まとめ上げるのだろう!?と

毎回毎回、展開の読めなさに驚いたストーリーだったが、 

見事にきれいに物語が結ばれ、テーマが鮮やかに提示されたラストだった。

 

画面の至る所に様々な「意味」が詰め込まれていて、

目が離せない。

一瞬でも、「大事なヒント」を見逃してしまう。

一見、意味のわからない表現も、何度か見直し、じっくり考えると

「なるほど・・・!」と、込められた意味に気づいたり。

非常に濃厚な30分間を毎週、味わってきた。

 

 

「愛」、「絆」の大切さ

言葉にすると、とても陳腐で、

その本当の意味を深く伝えるのが、逆に難しいテーマに

果敢に取り組んだ作品だと思う。

 

ピングドラムに登場する人物は、皆、

肉親からの愛情を受けられていない。

本来なら、無条件に、絶対的に注がれるべき親の愛を、だ。

 

愛されるべき人に愛されないのは、つらい。

求めても求めても、与えられない絶望感。

 

孤独な気持ちを抱え、心に深く傷を負ったまま、子供は成長する。

 

 

今は定年退職された中学校の校長先生が話してくれたことがある。

中学生の時期は、誰しも思春期で自我が芽生え、反抗的になったりする。

中には、問題行動を起こす生徒もいるが、大半は20才頃には落ち着き、

あんなに悪かったと思うような子でも、久しぶりに会ったら、ずいぶんまともに

きちんとした挨拶をしてくれたりする。

しかし、一部、ずっと問題を抱えたままの人生を歩む子もいる。

それは、やはり家庭が複雑な生徒だったりする。

決して差別的な意味合いではなく、30年以上の教師生活でたくさんの生徒と関わった上での実際の話として。

 

 

親の愛情を受け、温かな家庭に育った子供は、

思春期にいくら荒れたとしても、いずれ戻っていく場所を持っている。

だから、中学時代に少しくらい道を外れても、軌道修正ができる。

 

軌道修正がきかず、どんどん道を外れ、

取り返しがつかなくなってしまう子は、

そういう「戻っていく場所」を持っていない・・・・

そう感じる、と校長先生は何かを思い出す表情で悲しげに話してくれた。

(※朝礼で、とかじゃなくて、校長室でプライベートな会話として聞いた話です)

 

親の愛は、その人間の一番基礎となる部分を築く。

そこがしっかりしていたら、その人は多少の揺れに耐える強さをもつが、

基盤の部分がしっかりとできていないと、どうしても弱いし、

少しの衝撃にも大きく揺れてしまう。

 

信じ合える無償の愛を交わせる大切な人の存在。

それが人が生きていくのに、どれだけ大切か。

 

一度、それを失い、裏切られた思いのある人に

もう一度、温かさを伝え、明るい場所へ連れ出すのは・・・・・

これは、とても大変な・・・それこそ傷つくことも恐れない勇気が必要だと思う。

 

陽毬と晶馬が血を流し、傷だらけになって進み、

冠葉を救いに行くシーンを見て、そんなふうに感じた。

無傷で、にっこり微笑んで近寄って、それで救えるほど簡単ではないはず。

だから、あの表現は、とてもリアルだと思うのだ。

 

多蕗とゆりの会話が端的にテーマを示していた。

 

離婚率が上がり、

経済状態も良くならない今の世情、

親自身が精神的、金銭的、時間的な余裕を失い、

そのしわ寄せを子供が受けてしまっている悲しい状況が実際に多い。

何かを止め、変えなければいけない。

孤独な思いをしている子供たちを少しでも減らし、救うには・・・・。

 

そのためには、気づかねばならない。

大切なことに。

気づくことで、変えていける。

流れを変えていける。運命を乗り換えられる、かもしれない。

 

そのための作品なんじゃないか。

ピングドラムを見、感じ、考えることで、

乗り換えのための起爆になれば良いな、と思う。

・・・・・・だけど、

わかる人にはわかるけど、

わからない人には(興味がもてない人には)わかんないアニメだろうからな〜

 

でも一部の人がわかるだけでも十分意味があると思うんだ。

愛し合うことの大切さを。

posted by める at 15:47| Comment(5) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

〜近鉄ハートフルクリスマス2011〜ムーミンクリスマスショップ

ムーミン大好きなうちの娘たちと

大阪・天王寺の近鉄百貨店にムーミンのクリスマスショップへ行ってきました!

 

いろんなグッズやぬいぐるみがあって見ているだけでも、わくわく〜〜

「あれもこれも欲しい!」と言い出す長女を落ち着かせて、

一番の目的であった「ニョロニョロのたね」(タピオカのドリンク)を飲んでみた。

 

2011112818190000

 

種類がたくさんあって、

私はキャラメル、

次女は抹茶、

長女はカシス。

どれも、すっごくおいしいの!!

もう一回、飲みに行きたいな〜って思うくらい、おいしかったわ。

 

東京にしかないと思っていたムーミンスタンドが、こんなに近場に出張してくれるなんて!!
 

 

ムーミンは、長女を妊娠した1990年に

「楽しいムーミン一家」として原作に近い形でアニメが放映された。

最初は、私が子供の頃に見ていた40年前のアニメ「ムーミン」とのイメージの差に違和感があったのだけど、

絵の美しさ、

ムーミンの独特な世界を大事にしている制作の丁寧さが感じられ、

毎週、見ていた。

 

初めての妊娠で、

子育てに自信もなく、どういうふうに子供に接したらいいのだろうと思っていた私に

ムーミンママが、たくさんのことを教えてくれた。

 

子どものプライバシーを守ること。

 

子どもを信じること。

 

多少危険な冒険すら、ムーミンママはお弁当を作って見送る。

ゆったりと構え、イライラガミガミと叱ったりしない。

 

ムーミンママみたいになりたいな、と思った。

 

娘たちが幼稚園に通う年齢になった頃、再放送があり、

毎週、録画しながら楽しみに見た。

 

実際に子育てをし、いろんなことにぶつかって

改めて見て・・・・ムーミンママの素敵さを再確認!

 

子育てにイライラしていたのを反省・・・・

ムーミンママのような大きい気持ちを持たないと!って思ったものでした。

 

娘たちには、スナフキン、ミーが人気。

スナフキンはカッコイイもんなぁ・・・・

 

「スナフキンが出るまでやるっ!!!」

とかって200円のガチャガチャでニョロニョロが出て意地になりかけた長女をなだめるのが、大変でした・・・・

2011年11月28日

展開の読めないアニメ『輪るピングドラム』

深夜に放映中のアニメ『輪るピングドラム』

激しいストーリー展開、

美しい絵、

シュールな表現手法・・・などなど、

とにかくちょっと他では味わえない面白さで

毎回、目が離せない作品だ。

 

もう物語は終盤に近くなっているはずなのだが、

まだまだ謎が多く、先が見えない。

・・・と言うか、この話、どうやってまとめるんだ?まとめようがあるんだろうか?とさえ思う。

 

かわいらしい絵柄、

変身モノのようなシーンを織り交ぜながらも

この作品の描く内容は大変暗く、重い。

アニメという表現方法で、今の日本の社会の歪みによる問題点を

これでもか!と詰め込んでいる。

 

抽象的で、非常に観念的なシーン、セリフが多い。

 

「選ばれない」ものは「透明になる」「何ものにもなれない」、「死ぬこと」

ーーーーーーこれが20話のポイントだった。

 

 

「選ばれない」のは、つらい。

しかし、「選ばれない」ことが、今、多いのではないだろうか。

 

就職難で、面接になかなか受からない。選んでもらえない。

また、非婚率の増加で、結婚しない人が増えている。

 

正社員でなくとも、フリーターでやっていける。

結婚しなくても、スーパーやコンビニで食事には困らない。

そういう世の中になっている。

 

人間は、何かに所属していたい、という基本的な欲求がある。

○○会社の社員だとか、○○の奥さんである、とか。

一方で肩書に縛られ過ぎるのもつらいことだが、

全く何にも繋がりを持っていない「何者にもなれない」のも耐え難い。

 

そうして、人間の基本的な欲求として、

自分が大切に思う相手と同じ気持ちを共有したい、というのもある。

 

選ばれないと、その欲求は叶わない。

 

存在を軽んじられ、無視される「透明な存在になる」のは、とてもつらい。

 

 

離婚をしてしまう夫婦も増えている。

すると、多くの場合、経済的にも、子育ての労苦にも負担がくる。

もちろん、がんばってちゃんと子供を育てている親御さんは多い。

しかし、子供の虐待、育児放棄が大きな社会問題になっているのも事実だ。

 

親に無償の愛で慈しまれるべき存在の子が

親に十分な愛情を与えられないのは、大変不幸なこと。

 

このような現代の社会が抱える多くの歪みから生まれる

絶望、孤独、逼塞感を

このアニメは表していると思うのだが・・・・・どうだろうか。

 

ピングドラムのテーマは他にもあり、

「運命」をどう捉えるか、が一番基礎のテーマになっている。

 

これは、同じ幾原邦彦監督作品「少女革命ウテナ」の中でもテーマになっていた。

ウテナでは「世界の果て」

ピングドラムでは「運命の至る場所」に鍵はあるように示唆される。

 

ウテナも、とんでもなく深いテーマを持っていたアニメだったけど

ピングドラムは、さらに凄まじい。

 

世間を震撼させた凶悪犯罪の犯人の家族の生き方を描いているのも

これも重いテーマだ。

罪を犯し、逮捕されたのは犯人。

しかし、その家族も世間から非難され、中傷を受けてしまう。

「罰を受ける」ことになってしまう。

 

そうして、ある日突然起こった事件に大切なものを奪われてしまった被害者の気持ちも描かれる。

「不幸な出来事」というのは、人災であっても天災であっても、

とても理不尽に大切なものを奪っていく。

その喪失感に耐えられない者は、運命を呪い、

運命のやり直しを願う。

 

 

「かわいい、が消費された。だから捨てられた。」

このセリフも、今の子役ブームを思うとゾッとするような言葉だ。

少し前だと、「面白い」が消費されて、大量の芸人がバサバサと捨てられた。

 

消費されず生き残り、本物になれる珠のようなものもある。

それを、実を結んでできる「果実」という言葉で表現していたシーンがあった。

 

「生存戦略」とは、生き抜き、生き残るための方策。

 

この生きにくい世界で、生き残っていくためへの模索のヒントを

この作品は、いろんな角度から見せているように思う。

 

その一つとして

選ばれ、消費されない、永遠の結びつきを手に入れる、その大切さを

20話で表していた。

 

心の土台となる安定感を基礎に持っていないとぐらつきやすい。

その土台をしっかりと持つことが、人にとってとても大切。

なのに、現在の日本では家庭、就職、人生設計において最も基礎になる部分が

十分保障されていない。

そのことに、もっと危惧を感じるべきなのに、「個」を大事にするあまり、

煩わしい余計な、深い繋がりを避け、自由を求める。

自由を得た代償として、失ったものに復讐されるのは、たぶんこれからの時代。

 

 

到底まとめきれないくらい、とにかく毎回の一話がとても濃い!

一見、荒唐無稽のようで

実に練り込まれた設定、脚本、演出・・・・

手間暇かかっているのを感じる。

 

どんなふうに最終話を迎えるのか、予想もつかない。

きっと、最後まで見たら、また最初から改めて見直したいと思うんだろうな。

posted by める at 16:38| Comment(6) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

「あさきゆめみし」(大和和紀)二十数年ぶりに読んでみたら・・・

高3で受験生の次女が、友人から「あさきゆめみし」全巻を借りてきた。

塾の古文の先生が、「漫画でもいいから一度全部読んで源氏物語の話の筋を頭に入れておけ」と指導したらしい。

 

「あさきゆめみし」は、かの紫式部の「源氏物語」をほぼ忠実に漫画化した作品。

※試し読みサイト→ 「源氏物語 あさきゆめみし 完全版 1巻 The Tale of Genji

 

ちょうど私が高校生の頃に連載されていて、リアルタイムで友達から借りて単行本を読んでいたのだけど、

あまりにも浮気な源氏に当時の私はついていけず、

3巻くらい(源氏が明石へ流されるあたり)までしか読んでいなかったのだった。

 

正室の葵上を大切に愛さず、浮気に走る源氏が許せなかった。

あれから二十数年・・・・・

四半世紀を経て、読み返す「あさきゆめみし」は・・・・・・

 

やっぱり、源氏の浮気に呆れましたわ・・・・・・

 

年上が好きなのか!?と思いきや、

幼女に走って、いきなり襲うしーーーー・・・

謎の迷走。意味のわからない驚きの行動力!!

今の世なら、完全に犯罪やん!?

 

いや、もう・・・・ジェンダーとかもね、

こういう、女性が思い通りには生きられないつらい時代を経て、

今の、女性がやたら強い社会があるわけよね・・・

 

まぁ、とにかく女性側には選択の権利がほとんどなくて、

自立できず、男性の助けを頼って生きていく道しかなく、

しかも、お姫さまは、たくさんの侍従たちの生活も抱えているわけで

自分の気持ちだけで勝手なこともできない。

最終手段は、尼になる出家だけ。

いきなり、誰だかわからない男性に襲われても納得せざるを得ない構造になってしまっていて、

本当に気の毒としか言いようがない。

 

しかし、それを乗り越え、子をなし、妻の座の地位を固めたら強いのだけど

それでも、男性の浮気心に翻弄され、不安定な人生の浮き沈みにあっぷあっぷともがきながら生きていく・・・・そんな女性たちの様々な姿が描かれている。

 

愛した人の面影を、ずっと心に抱き続け、求める源氏の気持ち、

今なら私にもわかる。

自分とは愛し合えない、もう二度と会えない人とわかっていても、

だからこそなお、心が求めてしまう。

なんでこんな馬鹿なことをしているんだろう?と思うのに、気持ちを止められない。

 

そういう気持ちって、1000年前の人も同じように持っていて苦悩していたんだ・・・って思うと

なんだか・・・とっても不思議で、面白い。

1000年経っても、きっとこれからも、人は同じようなことに心を悩ませ、煩悩を募らせるのね。

 

そして若い時に自分がしたことのしっぺ返しが、晩年の源氏にやってくる。

因果応報。

自分の子ではない赤ちゃんを、「自分の子」として抱くことになり、

昔、実父にした罪が自分に跳ね返ってくる。

(実父(帝)の後妻(藤壺)と契り、彼女が妊娠。事実は明かせず、その子は源氏の弟として育てられる。)

 

源氏は、まぁとにかくイケメンで、

外聞を気にするので、晩年も最後にイケメンっぷりを皆に見せてから

ひっそりと亡くなる。

ほんま、メチャクチャやな〜〜と思うけど、それでも第一部のラスト、様々な回想が想い出と共に繰り広げられ

ああ、これがこの人の生き様、一生だったのね・・・と目頭が熱くなった。

 

人の噂にかなり左右される社会なんだなぁ、と読んでいて感じたが、

よくよく考えると、源氏物語って帝や皇子が出てくるロイヤルファミリーのお話だから、

今も昔も皇族の話はワイドショーや女性週刊誌の定番話題、

みんなの噂になるのよね。

 

第二部の柏木もなんだか気の毒でねぇ・・・・

イケメン源氏の息子、父親そっくりという美少年 夕霧が、どうしたことか堅物で

年を取って、「宇治十帖」編の頃にはすっかりウザイ親父扱いになってるのが笑えた。

 

薫(源氏の息子だが、実は正妻と柏木の不倫の子)もね〜〜〜

なんちゅーか・・・・タイミングの悪いやつで・・・・・・

容姿、教養、身分・・・全てにおいて申し分ないのにねぇ・・・・・

なんで幸せになれないのか。・・・哀しいわねぇ、人って。

 

しっかし、日本家屋って、よく考えたらいろいろと筒抜けよね。

話し声とか、衣擦れの音とか・・・少しくらい離れていても聞こえちゃうよねー!

そこがまた、いいんだろうけど。

 

当時は身分の高い女性は御簾の中に隠れて、直接、見ることはできない。

人に見られるかもしれない廊下に立つことも「お行儀が悪いこと」だった。

それだけに、垣根越しにチラッと美人の姿を覗くのはドキドキするし、

禁を破って、御簾を越えて抱きしめちゃう情熱も素敵。

 

一番、おおっ!と思ったのは、

片思いの大君に気持ちが通じず、「会いたくない」と障子に鍵までされて

普段は理性的な薫が

「こんな障子など蹴破ってでも中に入れるのですよ」

と、すごむセリフ!

 

全くだ!蹴破っちまえ!!と思うくらい大君が面倒くさいのよ〜〜

実際、障子なんて若い男の子が蹴破ったら、簡単に入れるよねー

だけど、薫はそんなことはしないんだけどね。

 

いやはやー

「源氏物語」、すごいです。

やっぱり面白いです。

韓流ドラマ顔負けのジェットコースターストーリー☆

「わかる!わかる!!」と

「ありえへんやろー!!」が交互にやってきて、話に飽きません!

 

そこそこの年齢になってから、読み返す「あさきゆめみし」

なかなかいいものですわよ♪

posted by める at 21:23| Comment(11) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする