2017年08月22日

桑田佳祐さん新アルバム「がらくた」買ったよ!


IMG_0481.JPG
行って来ました!タワレコ大阪梅田マルビル店。
IMG_0485.JPG
桑田さんの新アルバム「がらくた」GET!
そして抽選に当たって付箋ももらっちゃった♪
タワレコでは桑田さんの似顔絵入りレシートをくれたの。
店頭には、あの衣装!
そして、アヒル隊。
さらには、あのアヤシイピンクのビニール犬も展示されていたよ〜!
IMG_0478.JPG
いやぁ〜、わざわざ梅田に行って買った価値ありました!
帰宅して、すぐにCDを聴こうと思ったんだけど、
ブックレットの桑田さんのエッセイを読むのに集中してしまって。
なかなか面白かったわ!
すごく読みやすいし。
桑田さんからのお手紙というか、メールというか、そんな感覚で読めるので、一気に全ページ読み切ってしまったわ。
思い浮かんだことをそのまま書いたとある通り、
めちゃくちゃ話が飛躍してあちこち行くけど、ラジオのやさしい夜遊びを聴いていたり、曲を聴き込んでいるファンなら桑田さんの、あの話が飛ぶ感覚には十分ついていけるし、桑田さんが言いたいことはちゃんとわかる。
読み物として、上手くまとまっている章もあり、桑田さんの表現、感性、温かい人柄を味わえる逸品。
ソロ30周年の節目に、このような桑田さんの今の気持ちを書き綴ったブックレットがCDに付いたのは、すごく良かったと思うわ。
…曲は、明日ステレオで聴く!
posted by める at 23:38| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

桑田さん新アルバム「がらくた」買いに行かなくっちゃ♪

なんだかもうバタバタしていて、気づけばもう8月も下旬。
桑田さんの新アルバム「がらくた」の発売日も目前…!

ああ…予約しそびれちゃってたわ…
予約特典とかあったのかしら…

今回、どこのCDショップで買うと特典があるのかしら…と、ちょっとでもオマケが欲しい気持ちを募らせていたところ、
おおっ!ジャストな告知が!

なるほど!
大阪は梅田のタワレコへ行けばいいのねっ!

うう〜ん、明日は朝から実家→父の病院→母の施設と路線の違う3カ所を巡らねばならないハードな行程なのだけど、
母の施設→梅田タワレコを追加しちゃえっ!

同じ買うならオマケが欲しい。欲しいのよっ!
そして、発売日イベントのお祭りに参加したいの♪

父も今週末には退院の見込み。
ふぅ〜、ようやくですよ、、長かった…!
「がらくた」聴いて癒されたいわ〜〜

posted by める at 23:54| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

♪咲く紫は旅路を彩どる

桑田佳祐さんの新アルバム「がらくた」
の中から「ほととぎす[杜鵑草]」が昨夜のラジオ「やさしい夜遊び」で初オンエアされた。

…心に響く、いい曲。
その上で私が注目したいのは、やはり歌詞の内容、その世界。

すごいよ、めっちゃ総括されている。

桑田さんの作品の曲数は非常に多く、半数は恋の歌だ。
「シャ・ラ・ラ」のようにラブラブの恋愛を歌ったものも中にはあるが例外的であり、大半は上手くいかなかった恋を苦く思い出し、胸の痛みを感じる姿を描いたものだ。

その情景は一貫している。
暑い夏。海。
夏の終わりと共に突然消えた恋。
もっとこうしておけば…
あれがいけなかったのか…
後悔と未練に一人苦しむが、彼女が振り返ることは二度とない。

初期の作品では、未練たっぷり、砂浜に思い出を埋めようとしても、星を見上げては涙をこぼしていた。

波間に浮かぶ人魚、
薄い青空の遠くで微笑む女神、
手を伸ばしても決して届かない存在の彼女はしばしばそう表現されていた。

それが「本当は怖い愛とロマンス」では、ガラリと世界を変えた。
自分をあんなふうに無慈悲にフッた彼女こそ酷い。
これまで無かった客観的な観点からの曲が現れた。

以降の曲では、想い出として昔の恋が歌われ、つらさや悲しさはかなり薄くなっていった。
「TSUNAMI」ではふとした瞬間に思い出しては涙を止められなかったのに。

そして新曲「ほととぎす[杜鵑草]」では、俯瞰の視点。
あのつらかった恋の経験も自分の人生の出来事のひとつ。
あれはあれで大切な想い出で、自分に必要なものだったと、そこまでの境地に至ったのを感じる。

ファンクラブ会報「代官山通信」での記事には、この曲に意味はないと桑田さんは語っている。
素直な心情の吐露に、これ以上の掘り返しはして欲しくないのだろう。
そう感じていながらも、深読みせずにいられない私で、申し訳ない。
しかし、この曲に意味がないなんて誰が信じよう。
こんなにいい曲なんだから。

山草の杜鵑草は紫の地味な花。
あれだけしつこく歌ったあの恋の想い出。
昔は薔薇と歌っていたんだよ。

だけど既に、ずっと以前の曲、原由子さんの「花咲く旅路」(作詞・作曲 桑田佳祐)で

♪咲く紫は旅路を彩どる

と歌われているのだ。
山を越え谷を抜け、桑田さんの人生の旅路の路傍に咲く花も変わってきた。
良い山道をしっかりとした足取りで歩いているその背中、見つめて追いかけて行くわ。
posted by める at 11:57| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

お願い…火照りを鎮めてよ

来る来ると言いながら、迷走しまくっていた台風。
ついに関西へやってきた。

昨夜の午前3時頃、激しい雨が窓を叩く音で目が覚めた。
これまでの酷暑で、厳しい日差しの照り付けが続いて、地面も家の屋根も火照り、
夜になっても、その熱が引かずに寝苦しかったのだが、
急に降ってきた激しい風雨がシャワーのようにその熱を鎮め、一気にクールダウン!
28度設定の冷房を、「寒っ!」と感じて切ることができた。

先月、父が倒れてから、ほぼ毎日通っていた病院へも今日は見舞いに行けそうにない。
久しぶりの休暇がもらえた気分だ。

昨日の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」での桑田さんのステージ、盛り上がったみたいね!
セットリストを見ても…う~~ん!こりゃいいわ!!
きっと、秋冬のツアーもこんな感じで攻めてくれるんだろうなぁ♪
ビルボード東京でのこぢんまりライブのセットリストとも被る。
「やさしい夜遊び」のラジオから聴こえてくる音源だけで…うっとりでしたもの。。。

フェスで「波乗りジョニー」、いいだろうなぁ!
ファンでなくとも、みんな知ってるもんね。

私が一番嬉しいのは、「ヨシ子さん」が演奏されたこと。
この曲は、あの大がかりな演出込みでないと演奏されないんじゃないか、と危惧していた。
以前、桑田さんも夜遊びで、「えー?「ヨシ子さん」?やるのー?」とチラッとおっしゃっていて、
やはり、そうなのかなぁ…と思っていたのだ。
しかし、あの曲がライブで演奏されないのは惜しい。いい曲だよ。と。

それが、ちゃーんと演奏されたんで、ほんとに嬉しい。ライブツアーでもぜひぜひ聴きたい。

「オアシスと果樹園」も好きだなぁ。いいよね、あの曲。
大人の苦みがいい。

「東京ジプシー・ローズ」も改めて聴くと、すごくカッコ良くて!
なんだろう。アルバム「ROCK AND ROLL HERO」が発売された15年前より、さらに磨きがかかっているように聴こえるのが、すごい。

ああ、ライブツアー「がらくた」が楽しみになってくるな♪
京セラは12月だよ…。まだまだだなぁ。
でも、その頃にはきっと、げっそり瘦せた父も元気になっていることだろう。
…がんばろう!楽しみが待っている!

posted by める at 13:07| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

♪サイダーなんてお久しぶり♪



三ツ矢サイダーですよ!
懐かしい。
昔、デビューして間もなくの頃のサザンがCMに出ていたのを覚えてますもん。
「青い空の心」、改めて聴いても、やっぱりいい。

そして38年ぶりのCM曲「弥蜜塌菜のしらべ」も、なんともサザンっぽくて、メンバーが笑顔でさ、
それだけで、なんかすっごく嬉しくなる。
来年のサザン40周年の活動が今から、とっても楽しみになって
ああ、来年は良いこといっぱいありそうだ~って、目の前が明るくなるよ。

でもねぇ、このCMを見て一番思うのは、正直…
どうして、ここに大森さんがいないんだって、思っちゃう。
ほんとにね、すごく残念なんだから。
私、大森さんが好きだったもん。
サーファーカットが似合うお兄さんでさ、カッコよかった。

今日のMステも良かったね!
「オアシスと果樹園」、いいよね。やっぱ好きだなぁ。
「若い広場」を伸び伸びと晴れやかに歌う桑田さん、楽しそう。

ライブ申込、
今回こそ宮城にチャレンジしたかったんだけど、両親の健康状態が安定しない現状を鑑みて…
宮城は次回に。。。

大阪の京セラドーム、土日とも
そして、横浜の30日狙いに絞りました~~~
当たるといいな。。。
…当たったら…何万円振り込むことになるんだろう~~~~
posted by める at 01:24| Comment(6) | 音楽 | 更新情報をチェックする