2019年09月13日

サザンオールスターズ エンタメ系トリビュートバンド 【Quappa All Stars】LIVE

69769045_2342846095813458_7895649293195804672_n.jpg
関西の濃いぃぃ~~サザンファンが集まるGONTA会を長年、定期開催してこられたゴンてんさんが
バンドを組んでサザンを演奏する。

エンタメ系サザンオールスターズトリビュートバンド
Quappa All Stars

1st Live
【変態音楽取り締まり法違反! やっぱりあいつはクァッパだった!スベッたら実刑判決!】

このタイトルだけでわかってしまうサザンファンなら絶対、楽しめるはず。
わかんなくても、ゴンてん店長はみんなを楽しませる才能の持ち主なので、置き去りにはせず、全員まとめて盛り上げてくれるはず。

とにかく、ゴンてん店長は歌が上手い。
「わすれじのレイド・バック」を歌ってくれたの、もう十数年前なんだけど忘れられない。すっごく良かったなぁ。
そもそもサザンの曲って、なかなか難しいよね?上手に歌うの。

サザンのコピーバンドはいくつかあって、既に有名なバンドもあるけど、
このQuappa All Starsも、きっと一目置かれる存在になるはず。
特徴はたぶん…
「こだわりが強い」じゃないかなと予想。
長年のファンだからわかる…ああっ!それそれ!そこ~!のかゆいところに手が届く快感が得られそうな期待。

チケットは既に完売間際。
ご興味のある方は急いで!

お楽しみの打ち上げ会の方は既に満席の盛況。

ライブ、ほんとは私も興味あるんだけど行けないのよねぇ…。
サザン仲間がワイワイと集まって熱く盛り上がる絶好の機会なのに。
posted by める at 18:14| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

サザン新曲「愛はスローにちょっとずつ」…ちょっとずつ何なのか?

先日、WOWOWでサザン「ふざけるな!!」ライブの放映があった。
その録画を毎日、見返して味わっているこの頃。
…すると、ふと気づいた。

サザンの新曲「愛はスローにちょっとずつ」
…ちょっとずつ何なのか、ずっと私、勘違いしてたわ!

普通の文脈で
「愛はスローにちょっとずつ」…と来ると、
ちょっとずつ深まる、とかそういうプラス方向の話になる。
私、なんとなくこの曲はそういう歌なんだと思ってしまっていた。

ところがですよ!
歌詞をちゃんと見てみると、
「愛はスローにちょっとずつ」につながる言葉は

「黄昏(セピア)に染まるんだ」
つまり、あれほど激しい愛情を傾け、それが破れて苦しんだ思いも、時の流れの果てに全ては想い出になっていくんだ、と歌っている。
めっちゃマイナス方向につながる歌詞内容に驚いた。

いや、この曲はライブでも生で聴いたし、
ラジオやさしい夜遊びの新曲発表でも聴いたのよ。
ちゃんと聴いてたつもりだったんだけどなぁ…。


歌詞の中身は、
失恋し、未練たっぷりの様子を歌っていて、
これはサザンの他の曲と状況や内容が一致している。
しかし、それを大変淡々と歌っているのがこれまでの曲と全く異なる。
以前の曲は、彼女のことを思うだけで涙が溢れ、
今は他の誰かと微笑み合っていると考えるだけで苦しい嫉妬と、取り返しのつかない後悔、絶望感に苛まれていた。

新曲では、そこから既に40年を経て、
そんな悲しみや苦しみも、なくなりはしないけど、少しずつ薄くなっていくものだということを歌っている。

終盤、
「もう泣かないさ」と顔を上げるのだが、
「君だけが希望の光」と続く。

「フラレた」という歌詞があるので、恋愛の歌として考えると、
それでも「君だけが希望の光」と諦めていない様子なのには違和感がある。
しかし、それも最後に
「さよならも云えず」と、彼女とヨリを戻せる可能性はない状況であることが、はっきりと示される。
それ故の深い後悔、未練と共に。

この曲を、少し角度を変え
急に病や事故、災害なとで亡くした大切な人を想って聴くと、
「君だけが希望の光」の部分が輝く。
そして、その後に続く「さよならも云えず」で涙が浮かぶ。

こんな仕掛けがあるからサザンは幅広い層に受け入れられ、
聴く人一人ひとりの心に寄り添う。
posted by める at 01:31| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

WOWOWでサザンふざけるな!!ライブ放映、今夜だよ!

IMG_20190824_123426.jpg
待ってたよ〜〜!
だって今回、生中継がなかったんだもん。
感想日記を書くのに記憶を辿るのが大変だったんだから〜〜

IMG_20190824_123358.jpg
しっかり録画して、月曜日に冷房を効かせ締め切った部屋で一人、爆音でライブを楽しむ算段。
あの感動をもう一度…!
【追記】
お出かけから早く帰宅できたので、wowowリアルタイムで見ることができたよ!
ずーっと歌ってしまったわぁ〜
感極まってらっしゃるファンの表情に、すごく気持ちがわかって…もらい泣き。。。
posted by める at 13:10| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

贅沢!やさしい夜遊び納涼生歌SP

FMラジオでいつもは聴く桑田佳祐さんの「やさしい夜遊び」、
今回は同時にYouTubeで生配信という初めての企画。
どんな感じになるんだろう?と期待を込めてワクワク!土曜の夜を待った。

Nintendoのゲーム機SwitchでYouTubeを見ることができるので
テレビの大きな画面でじっくり堪能。
お風呂上がり、冷たい麦茶を飲みながらエアコンの効いたリビングで、桑田さんの歌声に酔う。
…なんて贅沢!

IMG_20190817_234544.jpg

赤い提灯、スイカ、そして浴衣姿。
納涼気分、たっぷり。

浴衣、皆さんそれぞれにとっても似合ってたね。
やはり、着付けがピシッと決まってるからかな。
タイガーさん、いつもよりグッと女っぽかった。艶やか!

提灯は、大阪 道頓堀川での桑田さんの船上ゲリラライブでも揺れてたなぁ。
道頓堀で聴く「OSAKA LADY BLUES ~大阪レディ・ブルース~」
そして、もう一曲おまけにギター一本で歌ってくれた「希望の轍」は格別だった。

ライブ会場に櫓を作って赤い提灯をいっぱい吊るしてたのは…、あれはいつのライブだっけ?

演奏されたのは、桑田さんのソロ曲(KUWATA BAND含む)+サザン新曲。
いやあ〜、アコースティックな「悲しい気持ち」は、もうね…
泣いちゃう!!
私、あの曲は本来、ああいう感じで、しみじみ歌われるべきなんじゃないかと思ってたの。
ライブのアンコールで最高潮に盛り上がって、みんなで手を振りながら聴くのも、それもまたいいんだけど、
「悲しい気持ち」だからね、この曲は。

♪心に咲く花は君の香り
このフレーズには、いつも泣けてくるんだけど、
いつもより倍、涙が込み上げたわ…。
…良かったなぁ…。

そして放送終了後、YouTube限定でもう一曲歌ってくれた
「明日へのマーチ」も、ほのぼのとして“生歌”の手作り感、アットホーム感が濃厚で良かった。
ほんと、この曲は可愛らしくていい。

YouTube視聴者数は5万数千人をキープしていたと思う。
ドーム満席だよ!

年に一回でもいいから、今後もこの企画、継続してほしいな。
いやもう、よくFM東京がOK出してくれたなとありがたく思ってはいるんだけど。

応援団限定のシークレットライブもいいけど(行きたい!当てたい!)
こういう自宅リビングで、桑田さんと一緒に歌いながらリラックスして“夜遊び”できちゃう生配信ライブも素敵だった。
良い時間を過ごせたなぁ…って心から感謝したもの。


それと…
今回、どうしても気になったのは、
桑田さんの楽譜をピンクの棒で指し示し続けていたイケメンおにいちゃんスタッフ!
ずーーっと片手を斜めに上げてて、
あれは絶対、肩が凝る…。

ライブだとモニターとかに歌詞とか映るんだろうけど、
今回、アコースティックだからなぁ。
タブレット端末とかで映すとかもできたんじゃないかって思うんだけど、
そういうところで人力、アナログなのが桑田さんらしくて良いような気もする。
イケメンおにいちゃんの肩は心配だけど。
posted by める at 18:35| Comment(8) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

今年の夜遊びライブはYouTube!


いやいやいや~、ちょっと驚きました。
今年の「桑田佳祐のやさしい夜遊び」生歌ライブは、なんと!YouTubeで生配信されるんですってね!奥さん!!
そうか、この手があった。
…いや、しかしFMラジオで放送されるものを同時にYouTubeで生配信って難しいだろうって思ってたよ。
よくぞ、交渉し実現させてくださいました…!

これなら国境さえも越えて、広くみんなに平等に楽しんでもらえる。
桑田さんのファンのみんなへの思いが伝わってくる。

WOWOWで「ふざけるな」ライブの放送があるけど、
それだけ?何か隠し球があるんじゃないの??と思っていましたが…
YouTubeは思いつかなかった。

でも、応援団限定シークレットライブもいいけど、…当たらないし、、、
こういう門戸を広々開けて、み~んなで聴けるライブはありがたい。
ラジオだと音だけだもんね。
それも情緒があっていいんだけど、やっぱり素直に…見たいもん!!

ああ、今週の土曜はさっさと用事を片付けてスタンバイしなくっちゃ~。
最近はお風呂で夜遊びのラジオを聞くことが多かったんだけど、
(せっかく買ったスマホの防水袋を活用)
今週はちゃんと聴くぞ~~!
何を歌ってくれるかなぁ?
ん~、あれもこれも…いっぱい聴きたいな!
posted by める at 19:11| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

ヤバイTシャツ屋さんを最近ちょっと聴いている

…と娘に話したら、長女からも次女からも

「…え?遅くない?」

と同じ反応で返された。

…確かに、ちょっと遅い。
長女が「あつまれ!パーティーピーポー」を歌っていたのは、もう3年以上前。
それ、何の曲なん?と聞いたら
ヤバイTシャツ屋さんやんか。」と言われ、
「え?」
と会話したのを覚えている。



それよりもまだ以前に長女はヤバTを歌っていた。
長女が一人暮らしに憧れていた4年前くらいに
♪天王寺に住みたいな~ でも~家賃高いぃ~!
と繰り返し歌うので、そういう曲があるのかと聞くと
「大阪芸大生のバンドが芸大生あるあるの内輪ネタのような歌を歌っているねん。」と
「喜志駅周辺なんもない」という曲だと教えてくれた。


喜志駅というのは大阪芸術大学の最寄り駅。
大学へはそこから大学のシャトルバスで更に10分くらい。
私も一度、同僚のお母様のお通夜で喜志駅へ行ったが、本当にびっくりするほど何もない。
葬儀会館までかなり不安な気持ちになりながら、ひたすら歩いた。

ヤバTメンバーはうちの娘たちと年がほとんど変わらない。
高校で軽音楽をやっていた長女の友人は大阪芸術大学に通っている子が多かった。
だから、ヤバTの情報はインディーズ時代からいち早く入って来ていた。

でも当時、私はあまりちゃんと聴いていなかった。

♪ノリで入籍してみたらえーやん!えーやん!
と長女が歌うので、
やめてよ~!と止めたくらいだ。

あの頃、長女の友人が結婚し始め、そして早くも離婚するカップルもあったりしたのだ。


改めて、ヤバTを聴いてみると、なかなか面白い。
ノリの良さ、
お客の煽り方が上手い。

今の若者の言葉そのままで歌っている歌詞が面白い。
何を言っているのか、なんだか妙に伝わってくる。
大阪弁だから余計そうかもしれない。
…正確に言うと、こやまくんは大阪弁ではない。
関西弁の京都寄りの言葉だ。
そういうところまでわかってしまうから面白いのかなと思ったけど、
今やメジャーで全国でやっていて受けているのだから、彼らにはそれ以上のものがある。

学生バンドでコンテストで受賞してのデビュー。
サザンを思わせるじゃないか。

ちょっと応援してみたい。
今の面白カッコイイ感じが今後どんなふうに変遷していくかも楽しみだ。
posted by める at 19:57| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

東京オリンピックまであと1年…!



わーい!
東京オリンピックまでちょうど一年となった今日、
桑田さんが「一緒にやろう2020」プロジェクトの応援ソングを担当することが発表された。

…ってことは…
気が早いかもしれないけど…
開会式で歌うんじゃないの?サザン。
歌うよね、きっと!
ここはひとつ、桑田さんソロではなく、サザンでお願いしたいところ。

世界中の多くの人たちが注目するオリンピックの開会式で歌ってほしいな。
これが日本の老若男女、たくさんの人々を熱狂させるバンドだって見せつけてほしい。

このプロジェクトのための新曲も発表が楽しみね。
そして、先日オンエアされた「愛はスローにちょっとずつ」はカップリングかアルバム曲になるのかと思いきや、
サザンデビュー40周年記念“SOUTHERN ALL STARS YEAR BOOK「40」”に封入されるんだってね!
いや、ほんと、企画の立て方と複合のさせ方がスタッフ、なかなか上手いわ。

40周年の本を読みながら聴くと、「愛はスローにちょっとずつ」
じんわり胸にしみる気がする…。


オリンピック、友人が観に行きたいとかって言ってたんだけど、
やっぱりどうもチケット、取れなかったみたい。
実際、観に行くとなると大阪からは遠いし、
夏場で暑いし、ホテルも取れるんだが不安だし…と色々あるけど
純粋に、オリンピックの熱気を生で感じてみたい気はする。
とりあえず、聖火は見たいな。大阪も聖火ランナーが走るみたいだし。

昔の東京オリンピックの聖火マラソンの火を、
生まれたばかりの私は見たらしいの。
母の和裁の先生が
「赤ちゃんに聖火を見せてあげなさい。
瞳のきれいな子になる。」って。
そう言われて、そうかもしれないと思って信じたところが実に母らしい。

だから私も素直に信じて、聖火を見た瞳に自信を持っていようかな。
視力は悪いけどね~。
posted by める at 19:49| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

なんだかんだで聴くのはサザン

YouTubeってのは、ほんとすごいよね。
こんな映像が残っていたんだ!と驚くような貴重な動画に感動することも、しばしば。
桑田さんもラジオでよくYouTubeを見ていると話されていたよね。

私なんかが見たい聴きたいのは、やっぱりサザンだったりするわけだけど、
サザンのデビューは41年前。
今では誰もが手軽にスマホで写真や動画を撮れるけど、
当時、個人宅に録画機器はなかった。
ビデオデッキが普及し始めたのは1980年代半ば以降、
価格も非常に高価だった。

デビュー当初のサザンはテレビ番組の懐かし映像で見るチャンスがたまにあるが、
やっぱり「勝手にシンドバッド」のランニングでテレビ初出演のシーンが多い。
それも見たい。
見れたら一回一回嬉しい。

でも…
欲を言えば、もっと…
あの曲もこの曲も見たい、聴きたい。
だってあの頃、サザンめっちゃ歌番組に出てたもん。

ああ、もっとちゃんと見ておけばよかったなぁ。
当時はレコードを聴いているだけで十分だと思っていた。
コンサートライブへ行くなんて、中学生の私には夢のまた夢だった。
親に頼んでも行かせてもらえなかっただろう。

この前の「ふざけるな!!」ライブで、サザンがすごくバンド!って感じでさ、
「思い過ごしも恋のうち」とかを演奏しているのを見て、
デビューまもなくの頃のサザンのコンサートに時間を越えて来れてるようなね、
そんな気分を味わった。
そして、実際にその頃のコンサートに行っていた人を羨ましくも思った。


映像というのはあるところにはある。
YouTubeに非常に貴重な映像を多数アップしてくれている人がいる。↓
https://www.youtube.com/channel/UCiy3BUo1DHN5ddNe6DgdkgQ
出所を問われるとまずいんじゃないのか?と思うようなものもあり、
短命のチャンネルの予感がするので、見れるうちに見てみてね。
紹介すべきか考えたのだけど、ファンにはあまりにも貴重で感涙ものなので。
posted by める at 12:36| Comment(6) | 音楽 | 更新情報をチェックする