2019年07月29日

夢をのせて走る車道

IMG_20190707_131718.jpg

今年の1月に89才で亡くなった義父は多趣味で、
乗り物全般とカメラが特に大好きだった。
そして、それを融合させた鉄道模型にもハマっていた。
義父の部屋には10年かけて作り上げた壮大なパノラマ模型がある。

IMG_20190707_131608.jpg

人々の生活、街の営みを感じさせる作り込み。
家などの設計、工作、着色…全て義父の手作業。
全く、本当に器用で想像力、創作力豊かな方だった。

年賀状には毎年、自分で撮影した写真を印刷して送ってくれていた。
きっと義父のベストショットだったと思うので、それをご紹介。

午年だった2014年版は、馬車でシンプル構図。

IMG_20190729_172703.jpg

2015年、水車小屋完成。

IMG_20190729_172715.jpg

義父がいたら、写っている汽車について15分は語ってくれるはず。
私、当時それを聞いて
「へぇ~!そうなんですね!」と相槌を打ったんだけど、覚えてないよ~~。
メルクリンという鉄道模型のブランド名は何度も聞いて覚えた。
これらの汽車はもちろん走らせることができる。

IMG_20190729_172722.jpg

2016年、石橋完成。
木々は、ぶどうの房の枝を残しておいて作ったって話してくれていた。
この黄色い車や貨車も見る人が見たら値打ちがわかるんだと思う。
これも義父がこだわりを語ってくれてたんだけど、話が詳細過ぎて覚えていないわ…。
義父は人や物の名前をフルネームでスラスラと話した。
私はカタカナを覚えるのは苦手なのよ、、、

IMG_20190729_172731.jpg

2017年版の写真には飛行機が並んでいる。
もちろん、これも義父の手作りの作品。
第一次大戦あたりの複葉機が好きだった。
資料となる本も多く所有していて、実際の設計図を基に縮尺して作っていた。
これも、どこの国のなんという名前の戦闘機で、有名なパイロットの逸話まで聞いたわ。
「へぇ~!そうなんですね!」としか返せなかったけど…。

義父は中学の時、
飛行機クラブに入っていて、
河原で先輩の乗る飛行機をみんなでロープで引っ張って、風にのせて浮かばせたらしい。
飛ぶというよりは、1mくらい浮いたという感じ。
しかし、そのために下級生たちは何度もロープを引っ張り河原を走る。
ようやく自分が先輩になった頃、戦争が激化し、クラブ活動はおろか、授業もまともに受けられなくなった。

義父の机の引き出しからは、ボロボロのパイロットゴーグルが出てきた。
大阪大空襲で町ごと全焼した家から奈良の親戚宅に避難する際も、これだけはと持って出た宝物なのだろう。
飛行機への憧れを熱く語っていた義父の話、詳しくはわからなかったけど、
義父の瞳の輝き、熱量はちゃんと覚えているからね。
posted by める at 18:54| Comment(2) | 手芸 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっ これは・・・

凄すぎる!
これが趣味だなんて・・・

まるでひよっこの、いやそれ以上の
リアリティです。あれ作っていた人
めるちゃんの、義父様だったんでしょ^^
白状しろ!!!

しっかしこれだけのもの部屋に置いてたら
場所も大変だったでしょう。
ご家族もさぞ、ご理解が^^

自分も最近老後の趣味を、よく考えます。
草野球しても、もうそろそろ引退だしな。

ピアノ弾いても10分で飽きるしな。

トランペットはやかましくて、吹けない。

老後は何しましょか^^??って感じです。

素晴らしい義父さまですね。
ご職業も目に浮かびそう!

そっか草刈正雄さんを目指そっ
Posted by 同士 at 2019年08月02日 09:30
>同士さん
ありがとうございます…!
そんなふうに言ってもらえて
「いやぁ~、照れますなぁ。アハハ!」と頭をかく義父が目に浮かびます。

いや、ほんとにすごいでしょ!
これ、2m×1mくらいあるんですよ。
正直、義母は本当に嫌がっていました…。
工作した木くず、紙くずが部屋にいっぱいで。

同士さんも今はまだお仕事がお忙しいでしょうが、
今まで家族のためにがんばってきた分、今度は自分のために時間を使えるようになりますね。
何かに打ち込んでいる姿というのは周りも見ているもので、
その姿を見て、子どもや孫にも何かを感じ、自分も何かをやってみようって思ってもらえるといいなって思います。
同士さんはいろんな素地ができているので選択肢の幅が広そう~
楽しめること、ゆっくり探してみてね。
私も手芸とかしてるけど、最近は目が疲れるわぁ~
でも将来、孫ができたら、めっちゃ可愛いワンピースとか縫いたい!!

そのためにも、とにかくお互い健康でいましょ!
Posted by める at 2019年08月02日 20:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください