2018年11月15日

Dari K(ダリケー)プレミアム・チョコレート

EF29B09C-15CE-43C1-95D0-852C3645C439.jpeg

入院中の義父に、「何か食べたいものがあったら買ってきますから教えてくださいね!」と伝えていたところ、
ついにリクエストがきた。

毎日新聞に載っていたDari K(ダリケー)の記事を見せ、
「こんなチョコレートなら食べてみたいですな。」

記事を私も読んでみた。
インドネシアではカカオの生産量が多いにも関わらず、日本が輸入するのはガーナ産がほとんど。
生産者もやる気を失ってしまっていた。
豆を発酵させる技術を教え、良いカカオを作り、現地で高く買い取る。
そうして、生産者のモチベーションを上げどんどん良いカカオを生産していく。
このようにしてできたのが、このチョコレートなのだそうだ。



…なるほど!
私もこのチョコを食べてみたい。
購入することで微力ながらも、インドネシアで懸命に働く人々にエールを送りたい。

早速、ネットでお取り寄せしてみた。
これまでネット通販は滅多に利用していなかったのだが、最近は義父のご所望の品を取り寄せるのに、これほど便利なものはないとありがたく感じている。

お天気も穏やかだった今日、
外出で公園を散歩し、温かいホットコーヒーとこのDari K(ダリケー)プレミアム・チョコレートをみんなで食べた。
5枚入り1000円。
義父母、妹さん、甥そして私の5人なので、ちょうど一枚ずつ。

マイルドなラングドシャクッキーに挟まれたチョコは分厚く、ビター。
カカオの味わいもしっかり感じる。

みんなで「おいしいね。」と言い合いながら、公園のベンチに腰掛け頬張る。
今年の紅葉はイマイチだけど、秋の風情たっぷりの空や木々の色に義父も大満足でにっこり笑っている。

別れ際、暖かい日を狙って、またお散歩に行きましょうね、と声を掛けると「ありがとう!」と何度もうなづいていた。
また何が食べたいか聞いておかなくっちゃ!
posted by める at 19:15| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください