2018年06月30日

私のために…ありがとう

サザンの40周年ライブに向けてテンション上げまくっていた先週の反動で一昨日あたりから体調ガタガタ…
情けない週末を過ごしております…
ほんとはねー
サザンオールスターズ キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」の感想をあれこれと語りたいんです…
よよよ、、、

今週は一人暮らししている長女がこっちへちょっと帰って来てまして。
いや、体調の悪い私の助けにと来たわけではありません。
長女がハマっているバンド KEY TALKの名古屋公演への遠征の足がかりとして泊まりに来たわけです。

バス往復で日帰り名古屋。
会場入り待ち+出待ち+ひつまぶしも食べて深夜に帰宅。
…若いわ!

そして翌日は義勝(長女が推しているベースのメンバー)にいかに“沸いた”かを臨場感たっぷりに語り倒してくれるのです…。
大阪の歌があるらしく、ライブ前、一緒に行った友人と今日はそれをやってくれるかなー?聴きたいよな〜!
でも名古屋ではしないんじゃない?大阪公演でやるのでは…と予想し合っていたところ、
その曲が演奏されて、
えええっ?!私たちが大阪から来たのバレてる?!と焦った!!!と目を輝かせて言うのを聞いて

……アホ?

と思ったけど、
いや、待て。私もサザンや桑田さんのソロライブで
あ、あ、あ、この曲は私のために歌ってくれているのですね…っっ
わかります…ありがとう……!と勝手に感涙したことが…一度ではないわ!!

そう話すと長女がうなずき、
「そやろ?ワカリ哲也が出てくるやろ?」

渡哲也をもじって、とても共感できるということを
ワカリ哲也というらしい…

ファンというのはそういうもの…と言うか、
この親にしてこの子ありと言うか。。。
posted by める at 14:30| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください