2018年05月23日

NHK朝ドラ「半分、青い。」面白いね!



見てますか?面白いよね~
NHK朝ドラ「半分、青い。」
北川悦吏子さんの脚本、さすがだわ。最初っから安定してるし、
笑わせるところで、きっちり笑える。

ヒロイン鈴愛(すずめ)を中心に、どの登場人物も愛らしく、好感が持てる。
秋風先生もね!

90年辺りの時代背景で、ファッションが懐かしい。
特に菱本さんの全身ピンクハウスコーデにはしびれる…ッッ、、
すごいよ、あれは。
ピンクハウスのデザイン画そのまま!
憧れたけど、とてもじゃないけど買えなかったし、実際に着るのも難しい服だった。
コサージュやパールネックレスなどの小物までこだわってくれていて、すごく嬉しい。
真っ赤な口紅も流行ったのよね。
今、改めて見ても、やっぱりうっとりするなぁ…ピンクハウス。。。
細かなフリル、重ね着、リボン、美しい花束のプリント…
今の私には益々着れない服になってしまったけれど、毎朝、見ることができるだけで幸せよ…

漫画家志望の鈴愛の原稿を描いているのは漫画家のなかはら・ももた先生
ももた先生は「マッサン」の公式コミカライズ本も描かれており、物語の舞台となった大阪を取材された折、
案内させてもらったことがあるの。↓
NHK朝ドラ「マッサン」ロケ地ツアー(住吉編)

たった一日3時間程度の逢瀬とは言え、実際にお会いした方が朝ドラのスタッフとしてオープニングに名前が出る感動…!
なんかすっごく嬉しい。
これからも先生の絵が劇中にどんどん登場するはず…。楽しみだわ~

そしてもう一つ、「半分、青い。」を見ていて思い出すのは…
志尊淳くん演じるボクテに似ている昔の友人。
瞳がクリッとした美少年の彼はゲイだった。
当時は性の多様性への理解はとっても低く、傷つくことが多かったはずだが、
あいつは陽気で楽しく、頭の回転の良い、優しいやつだった。
なぜだか気が合って、よく一緒に飲んでお互いに愚痴を言い合った。
あいつはよく男に振られていたし、
私は「結婚願望がない」と自分で言う男と付き合っていた。
深夜、酔い醒ましに梅田から中之島公園まで歩いてカップルだらけのベンチに座り、
「ボクたちも他の人からはカップルに見えるのかな?」なんて言って笑った。
その公園は彼が先日、恋人の男と別れ、銀の指輪を川に投げ捨てた場所だった。
傷心の彼に何て言葉をかけたか覚えていない。とにかく寒かったので、腕に抱きついていた。
「ボクが結婚するとしたら、めるちゃんかな。
結婚して一緒に暮らして、お互い好きな人と付き合ってさ。」
…その未来図、私は嬉しくないよ。恋人と結婚できないかもだけど…したいよ、やっぱり。

その後しばらくして彼とは音信不通となってしまった。
東京へ行ったというのは聞いた。
エイズ問題がニュースになった時、一番に彼の顔が浮かんだ。
私が知っている限り、やつは結構ヤバイこともしていた。感染の可能性はあるはずだ。
元気でいるのかな。あの後、どんな人生を送っただろう。
ボクテくんを見ながら、あいつも「ボクって~」って言ってたなぁと思い出すのだ。
posted by める at 19:37| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い

ひょっとして過去最高に楽しい 面白いかも
最初は、今回は実話じゃないから少しも期待して
いなかった。見るのを辞めようかくらい・・・

ところがなぜか理由は解らないが、楽しい。
自分分析すると、答えが解ったきがした。
それは旅立つ娘の気持ちと、親の気持ちが
よーくわかるからかなって!!

もうひとつ、昭和が懐かしいからかな

主人公も妙にカワイイ。
今後の展開も読めないし、期待大です^^
Posted by 同士 at 2018年05月26日 07:41
同士さん
同士さんのおうちも巣立ちの春でしたか。
空の巣症候群になってるワコさんの気持ち、私もわかるわぁ…
娘が突然帰ってきた時の鈴愛実家の反応もめっちゃリアルでしたよね。
一方、東京で一人暮らしが始まって遊びたい気持ちでワクワクの律くんの気持ちも…わかる。
ディスコ、一度は行きたいよね。ダサイ服しかなくてもさ!

「あまちゃん」超えはまだですが、「半分、青い。」はこれからの新しい朝ドラのスタイルを感じて新鮮で楽しく、かなり面白いですわ。

律の友人 正人くん、女心を知り尽くしてますねぇ…
女きょうだいがいるんでしょうねぇ…
泣いてる女の子に甘いものを食べさせるのは即効薬。
本気で落としにかかってるのかと思ってたけど、鈴愛の反応に驚いてたところを見ると、天然であんなに優しくしてたのかしら…
罪ねぇ〜
…ということで来週も楽しみですわ!
Posted by める at 2018年05月26日 12:37
6月1日の「半分、青い。」では、中村雅俊さん演じるおじいちゃんが、戦争体験を回想しながら、「真夏の果実」を弾き語るシーンがありましたね。北川悦吏子さんがサザンの大ファン(過去に月刊カドカワ桑田佳祐特集号に寄稿されたり、ドラマ「オレンジデイズ」で、小日向文世さん演じる教授のセリフで『シュラバ☆ラ☆バンバ』と言わせたりしてますよね)であるのと、盟友である雅俊さんというのもあるのでしょうね。あと、サザンは平和の象徴なのかも。
Posted by パイの実 at 2018年06月03日 22:40
パイの実さんもご覧でしたか!
中村雅俊さん弾き語りの2曲、良かったですねぇ〜…!贅沢!
「学生街の喫茶店」で既に、なんとなく桑田さんにやっぱりちょっと似てるよなぁ〜と思っていたところに、いきなり
「サザン、歌おうか!」と言われて
えっ…?!と声に出して驚きましたわ。
しかも、「真夏の果実」とは…最高過ぎ…っっ、、
ギターも良かったなぁ…
朝から泣けちゃった。

サザンの歌は一人一人それぞれの思い出に寄り添うのが大きな魅力。
戦地での言葉にできないつらい記憶をこの曲に重なる発想はなかったけど、実際に映像を重ねて聴くと…胸に迫るものがありました。

オレンジデイズも見てたんだけど、そういうシーンがあったの覚えてないわ。そうだったのね。

半分、青い。最近どんどん面白くなってきてるよね。
見どころ豊富!
先週のほっぺにチューは、朝ドラ史上最高にエロティックだったと思うんですよ。
あの間の持たせ方は…さすがの私もドキドキしたわ。
その勢いで、ほっぺにチューネタ日記を書いたんだけど、やっぱり朝ドラでそこから先の展開はなくて、なんかもう日記の元ネタが何だったか自分でも忘れてしまいそうよ。

すずめの金魚すくいチューは中止で、あー、やっぱりなーって感じだったけど、その後の中村雅俊さんの歌で吹っ飛びましたわ。

今日の彼氏の爪にマニキュアを塗るっていうの、私、わかるのよ。
昔、塗りたいと思ったもん。
でも拒否られましたけどね……

彼氏の腰にタックルで抱きつくのは、あれは男性側としてはあんなに涼しい顔をしてられるんですか?
それも私、何回かやった記憶があるんですが、割と早めに体勢を変えられたように思います…
Posted by める at 2018年06月04日 23:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください