2018年05月09日

十津川温泉 滝の湯【奈良吉野】

1EEA95A9-03B3-4F9C-ABE8-62EF531C5DB7.jpeg

秘湯 十津川温泉、噂に違わぬ良いお湯で
日頃の疲れやストレスで凝っていた肩、首が楽に…!

連休で混み合う道路を避け、車でないと行くのが難しい秘湯を目的地に設定。
街中を抜けるまでは多少の渋滞があったものの、山の中へ入るに連れ、GWとは思えないほど道は空き始め
♪緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ〜♪気分に。
…うちの車はポルシェでも真っ赤でもないけどね。
気分よ!気分!

とにかく延々と山道で、カーブ!カーブ!の連続。
バイクが多かったわー。
バイク好きにはたまらないだろうなぁ、蛇行しまくりだもん。

大阪から3時間のドライブ。
途中、急に道幅が狭くなる箇所も多く、
運転初心者はやめておいた方が良いだろう。
主人は楽しげにハンドルを切りまくっているように見えたが、
夜、夢の中でも山道を運転し、
ハンドル操作を誤って急ブレーキを踏むたび目が覚めたそうで
実のところかなり大変な運転だったよう。

十津川周辺は2011年の台風で大きな被害を受けた。
昨年の大雨の時の爪痕も崩れた山肌や、川べりの木々が流されてなくなっている様子ではっきりとわかった。
工事中の場所もある。

ようやく辿り着いた道の駅では、足湯があったり、串こんにゃくが売られていたりと、
多くの人が休憩していた。
柚子味のこんにゃく、お醤油のお出汁がよくしみていて美味しかったわ〜

道の駅からすぐ近くの滝の湯
http://totsukawa.info/joho/totsukawa_onsen_gou/

公衆浴場なんだけど、元は旅館だった建物だけに、風情がある。
地元の木を使って改装されており、とってもきれい。
露天風呂へは約70段の階段を下りて行く。
タオル一枚の姿で長い階段を下りていくのは、ちょっと不安になる純情乙女な気持ちになった頃に露天風呂へ着く。

滝の湯というからには滝が見えるのだろうと思いきや、
川の水の音はするものの、周りは山の木々しかない。

湯船のへりの柵から下を覗き込んで見てみると、
横に滝が見えた。
川沿いに露天風呂があるのね。

中のお風呂は熱かったけど、露天風呂はぬるめで長くつかっていられる。
見上げると青空。
白い雲が風に流され、形を変えていく。
たまに横切るのは鳥。
風で湯に落ちてくる葉。
静かだ。

キャンプ帰りの子供連れも多かったが、ゆっくりとお湯を楽しめた。
硫黄の香りは最初、気になるが、そんなに強くない。
湯に浸かっていると、少しピリピリとした感覚も。
そして、次第に肌にぬるりとした感触がする不思議さ。
ぬくもりは長く続き、芯から温まる。

また行きたいけどなぁ。
あのハードな道の運転…行ってくれるかなぁ…
posted by める at 00:27| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください