2018年04月20日

答えのない答えを導き出す

10日ほど前に義父が緊急入院。
敗血症という怖い病名をもらいながらも、ようやく徐々に回復し、退院許可が出た。

熱が下がった数日前より義父は、とにかく家に帰りたがっており、お見舞いに行くと
「頼むから一緒に連れて帰ってーな。頼んますわぁ!」と懇願する。
もちろん受け入れることはできないので、なんとか諭そうと声かけをするが、
「いやや!いやや!」と5才の駄々っ子のように繰り返す。

昨日も病室のベッドへ車椅子から移動するのを拒否し、「帰る!」の一点張り。
結果、看護師たちに身動きできないよう両手を拘束された上、別室へ連れて行かれた。

義父は認知症ではない。
それどころか、頭はかなりハッキリしていて飲み薬の管理も自分でキチンとしているくらいだ。
こんな“子ども返り”状態になったのは、義母も初めて見たとのことで驚いていた。

退院後の生活はどうするか。
その答えに、子である主人と義妹の意見は一致していた。
「施設に入居させるしかない。」と。

義母も、「私には面倒がみれない。」と施設入居に賛成の意向。

しかし、どう見ても義父は施設に入らなければ、どうしようもないほどの状態ではない。
入院時は足腰が立たなかったが、今ではかなり回復している。
ただ、入浴は自宅の狭い浴室では難しい。そこはデイサービスを利用するとして、自宅で生活を続けることができるように感じた。
なんと言っても、あんなに自宅へ帰りたがっている義父が施設へ入ることを受け入れるとは思えない。
無理に入れてしまうことは可能だが、それでは義父の精神はますます壊れてしまい、そのうち本当に認知症になってしまいかねない。

それでいいのか?

「いいんや。施設に入れてしもたら、いいんや。」と主人が言う。
「おばあさんと共倒れになってしまうのが一番怖いから。一緒に生活するのは無理!」と義妹が言い切る。

確かに、介護することになる義母の負担は大きい。
義母が倒れてしまっては、どうしようもなくなる。
しかし…
89才の義父と84才の義母の残りの人生の過ごし方を、どうしたら一番良いか。
ただ命を長らえるだけが生きていることでは意味はない。
できるだけの期間、少しでも長く幸せを感じながら暮らす方法を探したい。

まずは介護に自信がないという義母に、義父のリハビリの様子を見学してもらった。
入院前は歩けずに、抱えて大変な思いをしながらトイレに連れて行った義父が、手すりを持って数メートル歩ける。
玄関の上がり口の一段が昇れるか、階段を使って練習したら、これもクリア。
最後に、実際にトイレに行ってもらい、ズボンの上げ下げ、腰かけが自分でできるのかも見てもらった。これは私は廊下で待っていたけれど、義母にはできることを確認してもらった。

それでも義母は自宅介護に自信がないと言う。
退院後の生活が描けず、不安が募り、押し潰されそうになっているようだ。

布団の生活からベッドに変える。
ちゃぶ台のお膳をテーブルとイスに変える。
玄関の上がり口に、手すり付き踏み台を設置する。

昼はデイケアへ通わせ、週2回はショートステイを利用する。
夜間、困ったことがあった時に頼りになるナイトケアも申し込む。
訪問看護も週1回。

介護保険の利用点数をオーバーしてしまうが、当座は手厚く備え、
生活が落ち着いたら、デイケアの日数を減らすことも検討。

そこまで提示しても、まだ義母は不安で迷っている。
「何かあった時、私じゃ…どうしようもない。」

高齢の義父、“何かある”ことは、ほぼ間違いない。
だけど、施設に入れていたって、“何か”は起こるし、
帰りたがっている家に帰らせて、好きにさせて“何か”が起こっても、
それは、お母さんの責任ではない。誰のせいでもない。

そう話すと、ようやく義母はうなづいた。義妹も「そうや。」と同意してくれた。

実際に家にベッドが運び込まれ、設置されると義母も退院後のイメージが湧いてきたようだった。
紙に退院前後のスケジュールを書き出し、確認すると頭の中が整理できた様子。

それで、お見舞いに行った際に義父にも退院までのスケジュールを紙に書いて説明すると、
納得し、穏やかな表情になってくれた。
「一体、いつまでこんな所(病院)にいなければならないんだ!?」という苛立ちが
退院日というゴールがはっきり見えたことで収まったようだ。
なんだかんだで義父は元気だ。

さて、ここ数日は忙しくなる。
退院後、義父がおとなしくデイケアやショートステイに行ってくれるかも、かなり心配だが、
先々の心配はせず、その場その場で最善を尽くすしかない。
そして、なるようになると大きく構えなきゃ…仕方ない。
posted by める at 21:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください