2019年07月31日

ヤバイTシャツ屋さんを最近ちょっと聴いている

…と娘に話したら、長女からも次女からも

「…え?遅くない?」

と同じ反応で返された。

…確かに、ちょっと遅い。
長女が「あつまれ!パーティーピーポー」を歌っていたのは、もう3年以上前。
それ、何の曲なん?と聞いたら
ヤバイTシャツ屋さんやんか。」と言われ、
「え?」
と会話したのを覚えている。



それよりもまだ以前に長女はヤバTを歌っていた。
長女が一人暮らしに憧れていた4年前くらいに
♪天王寺に住みたいな~ でも~家賃高いぃ~!
と繰り返し歌うので、そういう曲があるのかと聞くと
「大阪芸大生のバンドが芸大生あるあるの内輪ネタのような歌を歌っているねん。」と
「喜志駅周辺なんもない」という曲だと教えてくれた。


喜志駅というのは大阪芸術大学の最寄り駅。
大学へはそこから大学のシャトルバスで更に10分くらい。
私も一度、同僚のお母様のお通夜で喜志駅へ行ったが、本当にびっくりするほど何もない。
葬儀会館までかなり不安な気持ちになりながら、ひたすら歩いた。

ヤバTメンバーはうちの娘たちと年がほとんど変わらない。
高校で軽音楽をやっていた長女の友人は大阪芸術大学に通っている子が多かった。
だから、ヤバTの情報はインディーズ時代からいち早く入って来ていた。

でも当時、私はあまりちゃんと聴いていなかった。

♪ノリで入籍してみたらえーやん!えーやん!
と長女が歌うので、
やめてよ~!と止めたくらいだ。

あの頃、長女の友人が結婚し始め、そして早くも離婚するカップルもあったりしたのだ。


改めて、ヤバTを聴いてみると、なかなか面白い。
ノリの良さ、
お客の煽り方が上手い。

今の若者の言葉そのままで歌っている歌詞が面白い。
何を言っているのか、なんだか妙に伝わってくる。
大阪弁だから余計そうかもしれない。
…正確に言うと、こやまくんは大阪弁ではない。
関西弁の京都寄りの言葉だ。
そういうところまでわかってしまうから面白いのかなと思ったけど、
今やメジャーで全国でやっていて受けているのだから、彼らにはそれ以上のものがある。

学生バンドでコンテストで受賞してのデビュー。
サザンを思わせるじゃないか。

ちょっと応援してみたい。
今の面白カッコイイ感じが今後どんなふうに変遷していくかも楽しみだ。
posted by める at 19:57| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

夢をのせて走る車道

IMG_20190707_131718.jpg

今年の1月に89才で亡くなった義父は多趣味で、
乗り物全般とカメラが特に大好きだった。
そして、それを融合させた鉄道模型にもハマっていた。
義父の部屋には10年かけて作り上げた壮大なパノラマ模型がある。

IMG_20190707_131608.jpg

人々の生活、街の営みを感じさせる作り込み。
家などの設計、工作、着色…全て義父の手作業。
全く、本当に器用で想像力、創作力豊かな方だった。

年賀状には毎年、自分で撮影した写真を印刷して送ってくれていた。
きっと義父のベストショットだったと思うので、それをご紹介。

午年だった2014年版は、馬車でシンプル構図。

IMG_20190729_172703.jpg

2015年、水車小屋完成。

IMG_20190729_172715.jpg

義父がいたら、写っている汽車について15分は語ってくれるはず。
私、当時それを聞いて
「へぇ~!そうなんですね!」と相槌を打ったんだけど、覚えてないよ~~。
メルクリンという鉄道模型のブランド名は何度も聞いて覚えた。
これらの汽車はもちろん走らせることができる。

IMG_20190729_172722.jpg

2016年、石橋完成。
木々は、ぶどうの房の枝を残しておいて作ったって話してくれていた。
この黄色い車や貨車も見る人が見たら値打ちがわかるんだと思う。
これも義父がこだわりを語ってくれてたんだけど、話が詳細過ぎて覚えていないわ…。
義父は人や物の名前をフルネームでスラスラと話した。
私はカタカナを覚えるのは苦手なのよ、、、

IMG_20190729_172731.jpg

2017年版の写真には飛行機が並んでいる。
もちろん、これも義父の手作りの作品。
第一次大戦あたりの複葉機が好きだった。
資料となる本も多く所有していて、実際の設計図を基に縮尺して作っていた。
これも、どこの国のなんという名前の戦闘機で、有名なパイロットの逸話まで聞いたわ。
「へぇ~!そうなんですね!」としか返せなかったけど…。

義父は中学の時、
飛行機クラブに入っていて、
河原で先輩の乗る飛行機をみんなでロープで引っ張って、風にのせて浮かばせたらしい。
飛ぶというよりは、1mくらい浮いたという感じ。
しかし、そのために下級生たちは何度もロープを引っ張り河原を走る。
ようやく自分が先輩になった頃、戦争が激化し、クラブ活動はおろか、授業もまともに受けられなくなった。

義父の机の引き出しからは、ボロボロのパイロットゴーグルが出てきた。
大阪大空襲で町ごと全焼した家から奈良の親戚宅に避難する際も、これだけはと持って出た宝物なのだろう。
飛行機への憧れを熱く語っていた義父の話、詳しくはわからなかったけど、
義父の瞳の輝き、熱量はちゃんと覚えているからね。
posted by める at 18:54| Comment(2) | 手芸 | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

時折、赤福餅が無性に食べたくなる

…そんなこと、ありませんか?
なんかね〜
一年に一回くらい、無性に赤福餅が食べたくなることがあるんですよ。

柔らかく伸びる白いお餅。
あっさりした甘みのサラサラとしたこしあん。
…ああ、食べたいなぁ…
伊勢の名物、赤福餅。
デパ地下やSAでも売ってる。
でも、小さい方でも一折8個入り。
4人家族だった頃ならまだしも、夫婦二人で買ってしまうと
一人4個食べることになってしまう…。

…食べられなくはないけど。
でもな〜
でもな〜〜
と悩んでしまって、結局買えずにいた。

ところが!
そういう世情を反映してか、いつの間にやら銘々箱の2個入りが販売されていた。
知らなかったわ〜

IMG_20190725_211416.jpg

一個だと、ああ…もう一個ほしいなぁ〜と後を引く。
そのくらいが一番美味しいお年頃。
posted by める at 21:20| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

Blue Bird ブルーバード梅田で贅沢ランチ

梅田の阪急百貨店で友人と待ち合わせ。
ランチはどうしよう?とレストランフロアを回ってみたが、外国人観光客ばかりでビックリ。
それならば、と思いついて
梅田阪急ビルオフィスタワー15階へ抜け(阪急百貨店レストランフロアからエレベーターで1つ上がれば、すぐ)
久しぶりにBlue Bird ブルーバード梅田へ。

このお店は広い窓に向かってテーブルが並んでいて、横並びのペアシートになっているのが大きな特徴。
ランチタイムは店内は女性ばかりだけど、夜の時間帯はカップルが多いんだと思う。
良い雰囲気で食事ができること、間違いなし!

横並びで距離が近いと話もしやすい。
ゆっくりくつろげる。

せっかくの機会なので、今日ばかりは減量も忘れて
日本一の黒毛和牛“のざき牛”の贅沢ランチコースをオーダー!

IMG_20190725_114503.jpg

前菜から凝ってるのは変わっていないな~。
しかし、数年前より更に“映え”を意識している…!
いやいや、これは映えますわ。

パンが食べ放題なので、ソースになっている野菜のペーストも残さず、きれいに頂ける。
このパンがまた美味しくて、おかわりしちゃったわ~~。

IMG_20190725_120004.jpg

パスタにチーズが絡むぅ~~
量も控えめなのが嬉しい。

IMG_20190725_123904.jpg

メインはお肉×お魚!
欲張りな女心を突いてくる。
お肉はジューシー。柔らかい~~。
お魚はパリパリ。

IMG_20190725_125904.jpg

デザートも、少しずつ色々。
一つ一つがどれも美味しくて満足…!
ドリンクはピーチ+ローズヒップティーにしてみたよ。
ん~、美味しかった~~!
パンをおかわりしちゃったから、結構まんぷく。
カロリー消費のため、またトレーニングに勤しまねば~~。
posted by める at 19:47| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

東京オリンピックまであと1年…!



わーい!
東京オリンピックまでちょうど一年となった今日、
桑田さんが「一緒にやろう2020」プロジェクトの応援ソングを担当することが発表された。

…ってことは…
気が早いかもしれないけど…
開会式で歌うんじゃないの?サザン。
歌うよね、きっと!
ここはひとつ、桑田さんソロではなく、サザンでお願いしたいところ。

世界中の多くの人たちが注目するオリンピックの開会式で歌ってほしいな。
これが日本の老若男女、たくさんの人々を熱狂させるバンドだって見せつけてほしい。

このプロジェクトのための新曲も発表が楽しみね。
そして、先日オンエアされた「愛はスローにちょっとずつ」はカップリングかアルバム曲になるのかと思いきや、
サザンデビュー40周年記念“SOUTHERN ALL STARS YEAR BOOK「40」”に封入されるんだってね!
いや、ほんと、企画の立て方と複合のさせ方がスタッフ、なかなか上手いわ。

40周年の本を読みながら聴くと、「愛はスローにちょっとずつ」
じんわり胸にしみる気がする…。


オリンピック、友人が観に行きたいとかって言ってたんだけど、
やっぱりどうもチケット、取れなかったみたい。
実際、観に行くとなると大阪からは遠いし、
夏場で暑いし、ホテルも取れるんだが不安だし…と色々あるけど
純粋に、オリンピックの熱気を生で感じてみたい気はする。
とりあえず、聖火は見たいな。大阪も聖火ランナーが走るみたいだし。

昔の東京オリンピックの聖火マラソンの火を、
生まれたばかりの私は見たらしいの。
母の和裁の先生が
「赤ちゃんに聖火を見せてあげなさい。
瞳のきれいな子になる。」って。
そう言われて、そうかもしれないと思って信じたところが実に母らしい。

だから私も素直に信じて、聖火を見た瞳に自信を持っていようかな。
視力は悪いけどね~。
posted by める at 19:49| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

夕映えて神戸

IMG_20190715_191656-EFFECTS.jpg

あの夜、熱に潤んだ瞳で見上げたポートタワーは赤く滲んで
海風の冷たさに君への思いも急速に冷えた

約束の時間に平気で寝坊する君と
夕暮れに追われるように家路につく私とでは時間の観念がズレている
一緒には居られないとわかったんだ

あれから10年経って、今日はこんなにも鮮やかに夕映えて
神戸の街は美しく暮れていく

一応ちょっと気には掛けてる
結構、雨とかの災害がそっちのほうで起きてるみたいだけど、大丈夫?とか
あの凄惨な放火事件でさぞかし心を痛めているだろう…とか
話したいこともあるし、話したら君は面白いやつだけど
たぶんきっと、今は君も前とは違う生活をしていてあの頃のように暇でもないでしょ
大切なものも増えてるよね、そうであってほしいよ

波音静かに時を重ねて
拗ねた瞳をした青年も、惑う私も神戸にいない
posted by める at 18:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

アフガンポシェット編んでみた

IMG_20190719_165920.jpg

NHK「すてきにハンドメイド」2019年7月号掲載
広瀬光治先生の「両かぎで編むアフガンポシェット」を編んでみた。

書店でテキストの表紙になっているこの作品を見て、
「かわいい!」と気になり、
その場で作り方のページを読んでみたのだけど、
アフガン編みをやったことがなく、難しそうだなという印象で諦めた。
両かぎのアフガン針も持っていないし…。

するとその翌日、偶然NHK番組「すてきにハンドメイド」を見たら、この作品の回!
広瀬先生の細やかな解説に、意外と簡単なんだとわかった。
その勢いで、テキスト、針、糸を購入。
久しぶりの編み物にチャレンジ。

広瀬先生の紹介される作品は、どれも可愛らしくて、作ってみたくなる意欲をそそられる。
一見、凝った編み方のようで、実はとても編みやすく失敗が少ないよう配慮されているのも大きな魅力。

IMG_20190719_172943.jpg

アフガン編みの名前は聞いたことはあるが、挑戦してみたのは初めて。
今回は輪にスイスイと編んでいく手法で、なかなか面白いし、楽!
編地もやっぱり可愛い…!
縁編みのリボンが通してあるかのような柄もキュート。
こういう柄って見たことあるけど、こんなふうに編んでるんだ~。

糸も合太なので、目も楽。
少しずつ編み進めて、ちょうど一週間で完成!

テキストには載っていないけど、内袋をつけた。
ポシェットって何を入れるかって、やっぱりスマホでしょ?
スマホって割と重いから、ニットのポシェットのままでは重みでビヨ~ンってなる。

せっかくアフガン針を買ったから、もう少し何かを編んでみたいな~。
糸もまだ残ってるし。
posted by める at 18:11| Comment(0) | 手芸 | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

なんだかんだで聴くのはサザン

YouTubeってのは、ほんとすごいよね。
こんな映像が残っていたんだ!と驚くような貴重な動画に感動することも、しばしば。
桑田さんもラジオでよくYouTubeを見ていると話されていたよね。

私なんかが見たい聴きたいのは、やっぱりサザンだったりするわけだけど、
サザンのデビューは41年前。
今では誰もが手軽にスマホで写真や動画を撮れるけど、
当時、個人宅に録画機器はなかった。
ビデオデッキが普及し始めたのは1980年代半ば以降、
価格も非常に高価だった。

デビュー当初のサザンはテレビ番組の懐かし映像で見るチャンスがたまにあるが、
やっぱり「勝手にシンドバッド」のランニングでテレビ初出演のシーンが多い。
それも見たい。
見れたら一回一回嬉しい。

でも…
欲を言えば、もっと…
あの曲もこの曲も見たい、聴きたい。
だってあの頃、サザンめっちゃ歌番組に出てたもん。

ああ、もっとちゃんと見ておけばよかったなぁ。
当時はレコードを聴いているだけで十分だと思っていた。
コンサートライブへ行くなんて、中学生の私には夢のまた夢だった。
親に頼んでも行かせてもらえなかっただろう。

この前の「ふざけるな!!」ライブで、サザンがすごくバンド!って感じでさ、
「思い過ごしも恋のうち」とかを演奏しているのを見て、
デビューまもなくの頃のサザンのコンサートに時間を越えて来れてるようなね、
そんな気分を味わった。
そして、実際にその頃のコンサートに行っていた人を羨ましくも思った。


映像というのはあるところにはある。
YouTubeに非常に貴重な映像を多数アップしてくれている人がいる。↓
https://www.youtube.com/channel/UCiy3BUo1DHN5ddNe6DgdkgQ
出所を問われるとまずいんじゃないのか?と思うようなものもあり、
短命のチャンネルの予感がするので、見れるうちに見てみてね。
紹介すべきか考えたのだけど、ファンにはあまりにも貴重で感涙ものなので。
posted by める at 12:36| Comment(6) | 音楽 | 更新情報をチェックする