2018年06月30日

私のために…ありがとう

サザンの40周年ライブに向けてテンション上げまくっていた先週の反動で一昨日あたりから体調ガタガタ…
情けない週末を過ごしております…
ほんとはねー
サザンオールスターズ キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」の感想をあれこれと語りたいんです…
よよよ、、、

今週は一人暮らししている長女がこっちへちょっと帰って来てまして。
いや、体調の悪い私の助けにと来たわけではありません。
長女がハマっているバンド KEY TALKの名古屋公演への遠征の足がかりとして泊まりに来たわけです。

バス往復で日帰り名古屋。
会場入り待ち+出待ち+ひつまぶしも食べて深夜に帰宅。
…若いわ!

そして翌日は義勝(長女が推しているベースのメンバー)にいかに“沸いた”かを臨場感たっぷりに語り倒してくれるのです…。
大阪の歌があるらしく、ライブ前、一緒に行った友人と今日はそれをやってくれるかなー?聴きたいよな〜!
でも名古屋ではしないんじゃない?大阪公演でやるのでは…と予想し合っていたところ、
その曲が演奏されて、
えええっ?!私たちが大阪から来たのバレてる?!と焦った!!!と目を輝かせて言うのを聞いて

……アホ?

と思ったけど、
いや、待て。私もサザンや桑田さんのソロライブで
あ、あ、あ、この曲は私のために歌ってくれているのですね…っっ
わかります…ありがとう……!と勝手に感涙したことが…一度ではないわ!!

そう話すと長女がうなずき、
「そやろ?ワカリ哲也が出てくるやろ?」

渡哲也をもじって、とても共感できるということを
ワカリ哲也というらしい…

ファンというのはそういうもの…と言うか、
この親にしてこの子ありと言うか。。。
posted by める at 14:30| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

サザン40周年ライブビューイング初参戦!

EC8919F0-AA46-4442-BA16-B3448ED8863A.jpeg
“サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」”ライブ・ビューイングに行ってきた!
…いやぁ〜〜…良かった!
こんなライブが観たかった。(できたらNHK ホールで!生で!
サザンをデビューから40年、ずっと好きで、聴いてきて良かったな…としみじみ思うライブだった。

序盤から中盤は至ってシンプルなステージで、バンドの演奏を聴かせてくれる。
初期の歌、「いとしのエリー」もてらうことなく真摯に歌い上げてくれた。
初心に戻るようなね、
ああ、やっぱりサザンはいいなぁ…って何度も思った。
ソロもいいんだけど、やっぱりサザンの桑田さんは表情が違うような気がする。

セットリストは新旧織り交ぜ、盛り上がり必至の王道曲を惜しみなく出しつつ、
聴けて嬉しいちょっとレアな曲もありと、なかなかのもの。
聴き応えあったわー
原さんボーカルの「私はピアノ」が聴けたのは私、すごく嬉しかったな!
曲の中での桑田さんとの掛け合いも懐かしい感じで。

踊れる曲や手のフリがある曲も多く演奏された。
「ホテルパシフィック」や「DIRTY OLD MAN」の踊り、自分でも不思議なくらい無意識に手が動く!
座ったままだけどねー
小さく…極小で手を振ったわ。
だって、隣の席のお姉さん、コーラとポテトを載せたトレイをシートにつけてたんだもの…
気をつけないと、コーラに当たってぶちまけたら大変…
…と言うか、ライブ中ずっとポテトのにおいが…ちょっとつらかったわ、、

でも逆側の隣のお兄さんはノリノリで手拍子!
ほんとは立って踊りたかったみたい。だけど、私が見た大阪難波会場は立っている人はいないようだった。
最後列はもしかしたら立ってたのかもしれないけどね。
はなちんママ情報によると、新宿ではめっちゃ盛り上がって熱気ムンムン!踊れたらしい。

おとなしめだった難波も、終盤アンコールあたりからは熱かった。
「みんなのうた」ではライブ会場さながらにみんなで手を振ったし、
「勝手にシンドバッド」は桑田さんの声に合わせて、みんなで歌った。

たっぷり歌ってくれて2時間半。
だけど、よく考えるとまだまだあの曲、この曲、歌っていないのが山ほどある!

一人きりでライブ参加は初めてで心細かったんだけど、隣の席のお兄さんと話せてありがたかった。
お兄さんは「匂艶(にじいろ) THE NIGHT CLUB」で激アツになっていた。
「最後に希望の轍を歌うかと思ったけど、なかったですねー」と言われ、
「ほんまやな!」と気付いた。
「TSUNAMIを解禁するんじゃないかという予想もあったけど、やらなかったですねぇ。」
…まぁねぇ、、あの曲、途中で入れると全体の流れが暗めになるしね。…というか、私が泣く。
今回は割とハッピーな曲を揃えてくれてた印象。

桑田さん、ピンク×赤のTシャツと白のズボンだったんだけど、後半盛り上がって来た時、
ふと気づくと、白ズボンの腰やおしりが真っ赤に染まっていて出血?!とギョッとしたんだけど、桑田さんは至って元気に喉の調子も良く、艶のある声で歌っていた。
アンコールの時に着替えてくるかなーと思ったんだけど、時間がないのか上だけライブTシャツに着替えてた。
汗で色落ち?…いやいや、まさか。最近はユニクロのTシャツだって色落ちなんてしないわよ。
どうやら、このズボンはこういう赤のグラデーションのついた白のズボンだったようで…。

ライブビューイングカメラに向かって、桑田さんが股間を押し付けてきた時、画面が真っ白になったので
白のズボンだという印象が強く残っていたわ…。
と言うか、桑田さんのステージ衣装は高っっいやつなので、色落ちする安物ではないと、あけみさんに言われて…それはそうだと納得。
まあ、男性だからおしりが赤くなってても…ね。
女の人だと、ちょっと焦るけど。
40周年でめでたく紅白の衣装…とどこかのニュースサイトに書かれていたけど、違う意味でお赤飯よ。


メンバー紹介の時、関口さんが
40年前、故郷の新潟で教員試験にも合格していたのにバンドでデビューすることになって、姉や親にかなり叱られたと話されて驚いた。
…そりゃそうよね、、
安定の教職を蹴り、不安定極まりないバンドマンになるなんて…ね、、
だけど、この道を選んで幸せですと関口さんが言ってくれて、すごく嬉しかったな。
松田さんも「目指せ!50周年‼︎」と会場を沸かせてくれた。
毛ガニさん、腰もシャンとして、腰痛ほんとに良くなった様子。
原さん、「私はピアノ」を歌い終わってホッとした表情が可愛らしかった。

いいライブだったわ…
返す返すも…生で観たかった……
posted by める at 01:05| Comment(8) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

サザン40周年☆新聞全面広告!

F321F6C7-C63D-407B-BBD6-93919D9C9909.jpeg

サザン40周年の新聞広告がうちの新聞にも載っていたのに、朝刊は主人が会社へ持って行ってしまうので
お目にかかれたのは夜…。
しかも、折りたたんでカバンに入れられてたせいでシワシワだよ~~~
それでも新聞広告は大きくって独特の迫力があるわ。
と思っていたら、応援団からお手紙できれいな印刷の小さめポスターが届いた♪
応援団のロゴが可愛らしく変わったね。
サイトもシンプル+軽めにリニューアルされてる。

40周年準備期間の画像は壮大な夕暮れだったので、「葡萄」の時のようなアダルトカッコイイ大人路線なのかな~と思っていただけに、掴み合いのメンバーの写真には思わず笑ったわ~。

59さまからも、神奈川地方版の記事を送って頂いた。
茅ケ崎の小学校でサザン40周年祝いの人文字を作ったんだってね。
いいなぁ~そういうの。
サザン通りのサザンロール、美味しかったなぁ…。
ああ、また行きたい。
茅ケ崎でライブ、やってくれたら…今度こそは行きたいよ。
ライブツアーは来春だけど、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」出演以外にも隠し球、用意されてるんじゃないの…?
ね?違うの?

…とかって絡んでる場合じゃない!
ライブビューイングへ出かける用意しなくっちゃ。
がんばってくるよ~~~~!!!
posted by める at 15:22| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

サザン40周年☆新曲「壮年JUMP」



♪シュワ!シュワ~

なんだかすごくサザンらしい曲で嬉しい。
元気にピョコピョコ、足を左右に上げる桑田さんも可愛いし、メンバーの笑顔がサイダーのようにスッキリと晴れ晴れ。

サザン公式サイトでは
「バンドはつらいよ」なんてメンバーが掴み合ってるような写真が使われてるけど、
今朝のZIPで流れていたメイキング映像では、関口さんがすっごい笑顔で!
逆にめっちゃいい一瞬を撮れたよなぁと思うような写真よね。止めに入る原さんの表情もいいし、毛ガニさんのみだれ髪も絶妙。

今朝、起き抜けに40周年解禁情報をスマホで見てたら、
…ん?「海のYeah!!」発売?え?どういうこと?と二度見。
「海のOh,Yeah!!」なのね…!
理解に時間がかかってしまうお年頃よ…。
新曲以外ほとんど既に持っているとは言え、確かにこれはなかなか良いベスト盤。
「イエローマン」が入っているのもありがたい。
買っちゃいそうだわ…。
「海の幸ケース」の意匠がすっごく怖い気がして、CDショップのお姉さんから受け取る時に赤面してしまう予感が半端ないんだけど、やっぱり欲しいので近々、いそいそと予約しに行っちゃいそう…。

ライブツアー、来春なのね。
夏にはロッキンの野外ライブもあるし、真夏の灼熱ライブツアーはメンバーもファンもしんどいのが本音よ…。
春にやるのはいい考えかも。
余裕を持った無理のないスケジュールでこれからも息長く元気に活動してほしいもの。

さて、さて!
東京のNHKホールでは今まさに
サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」が行われているんですよっっ
うぅ~ん!
ライブビューイングは明日…。
一日が待ちきれないわがままな乙女心をキュンキュンさせるパワー、まだ私にも残ってたわ…!
posted by める at 19:47| Comment(4) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

玉編み おさんぽポシェット完成!

5E10958E-C2EA-468D-82AF-C2AE7BC5B866.jpeg

NHK すてきにハンドメイド2018年6月号掲載の
おさんぽポシェットを編んでみた。
すごく久しぶりの編み物。
以前購入していて余っていたレース糸があったのでちょうど良いと思ったんだけど、
久々の編み物でレース糸は…なかなか大変だった〜〜
四十肩五十肩と言ってるのに、ほんとに無謀だったわ…
それでも編んでみようと思うくらい、この玉編みはかわいい。

テキストで指定されている糸より細くてゲージが合わず、とにかく出来上がり寸法に合わせて編み足した。
編み物をしていると無我の境地に入るのよね。

スマホと軽いお財布とハンカチだけを入れて、ご近所のコンビニへお出かけ〜みたいな時に使えそうなポシェット。
がんばって編んだから使うわよっ!
posted by める at 21:59| Comment(2) | 手芸 | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

外れた!

…いや、正直、一般で当たるとは思っていませんでしたよ…
それどころか地震で今日、抽選結果通知がくるのも忘れていました…
あら?メールがきてるな~と開いてみたら…うぅぅ、、落選メール。

サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」
生で観たかったなぁ~
いやいや、ライブビューイングが当たっただけでもありがたいと思わなきゃ。

今回はいつもサザンのライブに同行してくれる次女がちょうど出張の日で無理、
主人も月末で忙しくて無理。
サザン仲間に声をかけようにも、私自身が万一、親の状態が変化し緊急連絡がきたらキャンセルの状態では誘えない…。
ということで、ライブビューイングも1枚で申し込んだ。
しかも支払いもライブチケット申し込みと同様、クレジットカード決済で。

もしかして、これが当選につながったかな…?と少し思ったりして。

ただ、本当にライブとビューイング双方が当たったら、どちらも当選で即、クレジット決済で支払い済みになっちゃうので、流せない。
東京から急いで帰って来て映画館へ駆けつけなくてはならなくなるので、せっかくの東京見物があまりできないなぁ~なんて思っていた。

月曜の朝から大きな地震があって、テレビをつけてもずっと地震関連の報道で…。
情報はありがたいんだけど、不安を煽られ、気が滅入る。
サッカーWカップで日本が勝って、めでたいニュースがきて、なんだか勝利が倍嬉しいわ。

弟がサッカー好きなので、LINEで一言「日本、勝ったね!」と送ってみると、
「かなり難しいと思いますが、素直に良かったです」というよくわからない日本語が返って来て
難しいって何やねん?!お前の日本語が難しいわ!とキレたのですが
試合後のインタビューで、選手たちが皆「難しい」という単語を使っていたので
サッカー界では通じるんだ…と驚いた次第。

ライブビューイングは私、初めて参加するのですが、
みんな席に座って静かに観るの?
それとも、ライブ会場さながらに立って踊ったり、フリをしたりするのかな…?
各映画館でも違うのかもね。
私、今、左手が四十肩五十肩で上がらないんですよ…
「みんなのうた」のフリできそうになくて、それがすごくつらい…。
posted by める at 16:11| Comment(8) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

揺れた!

今朝、大阪で大きな地震があった。
朝の片づけが終わった8時前、
布団を上げなくちゃ…あ、でも洗濯機が止まるまで、ちょ~っと横になろうかな~と寝ころんで少しした時、
ガタガタ…と揺れが来て、お、地震だと身構えた。
スマホの緊急地震速報が鳴る。
しばらくすれば収まる…と思ったが、長い。しかもデカイ…。
揺れは東西の方向で、私が居た寝室には東西に物は置いていないので、何かが落ちてくる心配はなかったが、
ミシッとか、ギシッとか音を立てて家が揺れるのは気味が悪い。
カターン!ドサッ!と何かが落ちた音が聞こえてくるのも不安だったが、家が壊れて崩壊するような程度ではなさそうで、身の危険は感じても命の危険までは感じなかった。

一人暮らししている娘たちは大丈夫だろうか?
怖い思いをしているだろう。
揺れが収まって、すぐにLINEすると即、返事がきた。
「ビビった。やばみ。」
二人ともかなり驚いた様子だったが、何事もないようだ。

既に出勤していた主人も無事の様子。
東北での大震災の時は、ビルの9階にいて長周期地震動で長く揺れたと言っていたが、
今は確か2階か3階のフロアに勤めているし。
地下鉄を降りていて良かった。
義妹は通勤途中の車内で地震に遭い、電車が動かずに困っていた。

主人の実家へはすぐに電話ができ無事を確認できたが、私の実家へは2時間くらい電話が繋がらなかった。
実家の辺りのブロック塀も古いものが多く、強い地震で倒れそうなのが前々から気がかり…。
元々、今日は昼に実家へ行き、母が入院している病院へ父と見舞いに行くつもりでいたが、
鉄道各線が運休していて、行けそうにない。
予約していた整骨院もキャンセルしなくっちゃ…。マッサージ、楽しみにしてたのにぃ…。

今回の地震は大阪の北部のほうが被害が大きい。
お店をしている友人宅では、店のガラス窓が割れて商品が外の道路にまで飛び出てしまったらしい。
家の中もいろんなものが倒れて、もうどこから手を付けたらいいのか…と頭を抱えている様子だった。
彼女の家は阪神大震災の時も商品のビン類が全部割れて、大変なことになっていた。

昨日は関東の方で続けて地震があって、大丈夫なのかなぁと心配していたのだ。
サザンファンのお友達が日本各地にいて、地震や台風などの災害が起こった時、思い浮かぶ顔がある。
熊本での地震の時も九州に暮らすあの人この人の無事が気がかりで、とても心配だった。
もうずいぶん連絡を取っていなかったのに。
でも、サザンで繋がる縁はずっと一緒だと私は思っていて、遠く離れていてもいざと言う時にはお互いを助け合える親戚のような気持ちでいる。
だから、昨日も地震のニュースで関東勢のサザ友さんのことを思い出していたのに、
なんと今日は大阪で揺れて、その方から心配のメッセージを頂いた。ありがたい。

「大丈夫?」のメールやメッセージを何通かもらって、ずっと繋がっている気持ちが独りよがりでなく、お互いに…だとわかって嬉しい。
本当にありがとう。

たぶん余震がくる。
阪神大震災の時は、わりとすぐにまた揺れたんだけどな。
とりあえず今日はおとなしく自宅待機。母への見舞いも列車運休で不可能だし。
次女も地下鉄が動いていないので出社できず待機。
長女は隣りの駅の職場まで自転車で出社した。
しばらくは余震に気をつけながら暮らしますわ。
posted by める at 12:24| Comment(12) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「空飛ぶタイヤ」



観て来ました。映画「空飛ぶタイヤ」

サザンの新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」が主題歌になっていることで気になったんだけど、
映画そのものが面白そうで、これはちょっと映画館へ行って観たいなと思った。
ストーリーも良さそうだし、キャストもいい。

「半沢直樹」も見ていた主人を誘うと、一緒に行ってくれた。
この物語は私より“闘う戦士”である主人の方が深く味わえるはず。

話そのものは実話が下敷きになっているので、ラストでどうなるかはわかっている。
ニュースや新聞で報じられたのも覚えている。
だけど、私が知っているのは事実の外枠。この映画で中身まで深く覗き込むことができた気がした。

*******************************
(以下ネタバレ含みます)


とにかく主人公を演じる長瀬君がもうかわいそうなくらい必死にあちこち駆けずり回ってね、、、
なのに状況は悪化する一方で…。

被害者遺族のご主人に罵倒されるシーンは涙が出たわ…。
それまで一言も発しなかったご主人が激しい怒りをぶつけて、なじる。
長瀬君演じる赤松社長の会社に実際、非はない。
だけど、弁解することなく訴えを受け止める。
自社の潔白を証明すべく奔走していた努力が、被害者側から見ると責任逃れで誠意のない態度と映ったとは…。
それまで赤松社長側の目線で見ていた観客である私にとっても衝撃が強かった。
しかし、ご主人の怒りや悲しみも当然。
突然の事故で奥さんを失った、その深い心の傷を感じ、双方の立場それぞれの気持ちが伝わって来てつらかった…。

日経新聞夕刊の映画評には、長瀬くんの演技が肩に力が入っているとあったけど、
ずーーっと強いストレスに晒されている状態の話だから、肩に力が入っててもちょうどいいと思ったな。
同じ映画評に高橋一生の印象が薄いとも書かれていた。
確かにポスターや予告などでは、もっとメインキャラのような感じで出ているのに対して出番が少ない。
でも役どころから考えると、縁の下の力持ち的な感じなので、出てくるシーンは限られるから仕方ないよねぇ…。

ディーンフジオカは悪役なのかな?と思って観たけど、実はそうじゃなかったね。
彼は彼なりの立場で色々考え、判断して動いた。
紆余曲折もリアルだ。

それにしても、長瀬くんの立ち姿は脚が細く長く、背もがっしりとしていて美しい。
ディーンの胸板もすごいね~。

高橋一生に喫茶店の差し向かいの席で「より戻す?」って何度も言われて、私、平常心を保てるか自信ないわ…。
二回目は思わず「うん。」ってうなづいてしまいそう。小池栄子にはなれないわ~。

ムロツヨシさんの髪型、すごかったね。わざとだよね、あれ。

笹野さん、岸辺一徳さんもさすが!
岸部一徳さんは黒幕役が似合い過ぎて、もう…。
昔、ドラマに出始めた頃にはいい人の役も多くて、好きだなぁと思ってたのになぁ。


主人に感想を聞くと、やはり私なんかのほわっとした雑感ではなく、
鋭いものがあって面白かった。
中でも、高橋一生演じる銀行員が上層部から、実際には融資できないのを曲げて上手く稟議書を書けと迫られるが、
高橋一生の上司は書かなくて良いとし、密かに反発し義を貫くシーンについての主人の見立てが深かった。

メガバンク ホープ銀行は財閥系AとB(あるいはCも)が合併した銀行で、
上層部と高橋一生&上司は別々の銀行出身で、これまで仕事をしてきた土壌や気質が異なるのではないか?
そして高橋一生、上司は合併し吸収されたホープ銀行に対して悔しい思いがあったから、強い反発の気持ちを持ち、それが原動力になったのでは…と。
…なるほど。。。
原作にはどう描かれてるのか、ちょっと気になるわね。


実は先週FMラジオを聴いていたら、「空飛ぶタイヤ」チケットプレゼントがあって、リクエストとともに申し込んだのよ。
そうしたら、映画を観に出かける直前に、
「めるちゃん、ラジオでメッセージ読まれてたね!」とサザン仲間のすい姉さんから教えてもらったの!
もしかしてチケット当たったのかな?!それなら、まあ二回映画を観に行ってもいいか〜と思ったんだけど、映画チケット当選の連絡はないわ…

でも、サザンのラララライブビューイングの当選のお知らせはきた!!
それでもね、やっぱり生で観たい…生がいいの…と、諦め切れず一般もエントリーしたよ。
当選確率は極めて低いだろうけど、エントリーしたらゼロではなくなる。
大当たりしたら焦るなぁ!バタバタの旅支度よ。

映画の終わりに流れた「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」
映画の内容をなぞるのではなく、更に深めて広げるようなすごい歌。
フル&大音響で聴けて嬉しい。
ライブで聴けたら…もっと嬉しいなっ!

posted by める at 00:16| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする