2017年03月09日

弟の手術入院

弟が手術することになった。
独身で一人暮らし。両親も高齢なので、私が毎日、見舞いに通っている。

手術前日、医師からの説明を聞くのにも立ち会った。
手術のリスクについてきちんと説明をする義務が医師にあるので、最悪の場合の想定での話もある。

手術箇所が非常に繊細なため、少し傷ついただけで、手術後そのまま二度と下肢が動かなくなる場合もある、と。
しかも、そのリスクは「滅多にない」わけではなく、「ある」ようだ。

「その場合、…悲しいことになるんです。」

ああ、そのケースを目の当たりにしたことがあるんだなぁ。
マスクをし、目元しか見えない医師の表情からもハッキリとわかった。

万一、弟がそんなことになったなら…
半身不随でこれからまだまだある人生を過ごすのは、いくらなんでも可哀想だ。
高齢の両親に弟の世話までは無理。私にできるのか…
親よりも先に施設へ入ることになるなんて、それもやり切れない。
本当に悲しいことになる。

しかし、手術をしなければ良くなることはなく、深刻に悪化していくのは確実だそうで、
とにかくしないわけにいかないようだ。
この分野の手術に経験豊富な専門医を紹介してもらえたのだもの。
ここは先生を信じて…

…ん?この医師。
30代半ばのいい感じに脂ののったイケメンではないか…?
受け答えも説明も誠実なのが、さらに好感度アップ。
マスクで口元が見えないから断言はできないけど、いやいやこれはいい男!

「では、こちらの同意書にご本人とお姉さんのサインを…
……お姉さんですよね?」

「姉です!」

弟と私の返事が完全にシンクロしていたのが、血縁の証。

しかし、なんで急にそんな確認を?

「夫婦に見えたかな?」

…弟よ。苗字が違うやん。
二人並んでいて、どう見ても私のほうが若く見えたってことやん。
きょうだいとは聞いていたけど、姉?妹の間違いでは?と思ったんちゃうのん?
手術前で、弟、表情がしょぼくれてたしなぁ…。

20代の頃、坂上忍に似てた弟も、年月を経て、おっちゃん風味が増し増しに…。
ところが、近年になって坂上忍が突如、再ブレーク。
久しぶりに見た坂上忍は、やはりなんとなく弟と似たところがあった。
基本的な顔の造りが、ちょっと近いのかもしれない。

翌日、手術は無事成功。
足もちゃんと動いているとのことで、心底ホッとした。
すぐに父親に電話で伝えると、
「そうか…!よかった…」と涙声になっていた。

手術後の説明は、個室に医師と私の二人きりで聞いた。

「とてもうまくいきました。出血もほとんどなかったです。
明日からはリハビリを始めてもらいます。」

嬉しい言葉に、ただただ頭を下げお礼を言うばかりだった。

ちなみにその時、医師はマスクをしておらず、お顔がはっきり見えた。
予想通りのイケメンに満足。
さらに緑の手術服姿というおまけ付き!

入院は二週間の予定。
毎日、自転車で病院に通えば、ちょっと痩せるかもしれない。
がんばるわー!

posted by める at 18:27| Comment(9) | 日記 | 更新情報をチェックする