2015年10月27日

映画「ロボコップ」

『ロボコップ』映画オリジナル予告編
YouTube: 『ロボコップ』映画オリジナル予告編

 

洗濯物をたたみながら、なんとなくWOWOWにチャンネルを合わせると

「ロボコップ」が始まったところだった。

 

あ~、ロボコップね。

面白いかも。

 

昔のロボコップの映画をイメージして見始めたが、

放映されていたのは昨年2014年公開の新しい「ロボコップ」のほうだった。

 

昔の「ロボコップ」は明快で楽しめる映画の印象だが、

この「ロボコップ」は画面が、やたらと暗い。

そして、もう… もう…

ひたすら・・・・・つらい!!!

観ていて、ずーーーーっとつらいのだ。

 

あまりにもつらくて、かえって目が離せない。

「ロボコップ」って、こんな話だっけ?って思うくらい。

 

そう言えば、昨年、映画が公開された時、

「とにかく暗い」と不評の噂を耳にした。

 

その時は、「へ~」としか思わなかったんだけど、

実際、観てみると、…なるほど。これは興行的にはどうなのかなと心配になる。

 

しかし、面白くない映画ではない。

私はめちゃくちゃ引き込まれた。

 

とにかくね、なんか妙にリアルなのよ。

ロボコップなんていう、そもそもアメコミ的なものを、めっちゃリアルに取り扱っているの。

 

ロボット製作会社の思惑、

上院議員とのモラル討論、

それを伝えるニュースショー、左右される世論、

・・・そういう大枠のところから、きっちりと固めて、

 

事故に遭い、目覚めるとロボットの体にされていた主人公のショック、葛藤、

「ご主人が助かる方法は一つしかない」と選択を迫られ、ロボット化に同意した奥さんの心情、

会社側に改良をせっつかれ、無理難題を押し付けられる博士の苦労、

・・・とにかく、全員がつらいのよ~~~

 

要するにね、

ロボコップなんて本当に作ったら、えらいことになりまっせ!?って映画なの。

 

でもねぇ…

いろんな技術の発展で、ロボコップのようなものを作れてしまう未来が

もしかしたら、近いのかもしれない。

そんな予感のする現在に警鐘を鳴らす・・・そういう意味で、この映画はすごい。

 

ロボコップという荒唐無稽なキャラが、

20年以上の時を経て、「ありえなくもない」ところまできている。

そこを丁寧になぞったら・・・ものすごーーーくつらい映画になったということだと思う。

まぁ、とにかくいろいろかわいそうで観ていられないくらい、つらい。

胸をえぐられるわ~~~

 

ちょっとグロテスクな映像もあるんだけど、

とにかくインパクトの大きい映画。

予想を大きく裏切られて驚いたけど、

一周回って、なかなか面白かったわ~

posted by める at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』

先日、WOWOWをたまたま見たら、映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』をやっていて

懐かしかった。

タイムマシーン、

落雷のタイミングに合わせないといけないハラハラ感、

両親の恋を成就させる手助けに苦心するドキドキ、

新旧音楽の使い方の面白さ、

…改めて観てみて、やはり面白い!

ラストシーンは、シンデレラストーリーのように痛快だし、

ドクが新型のデロリアンでやって来て、慌ただしく未来へと旅していく締め方。

最後の最後までビックリドキドキハラハラさせてくれて、それをスカッとした快感に変えてくれる。

すごく良くできている作品だ。

観終わって、「あー!おもしろかったなー」って素直に思うもの。

 

今年2015年10月21日は、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の映画の中で行った「未来」にあたるとニュースで聞いて、

あ、だからWOWOWでやっていたのかーと思うと同時に、

1985年の12月に日本で公開されて、確かお正月くらいに満員の映画館で封切を観たのを鮮明に思い出し

あれからもう30年も経つのかーーーと驚いた。

 

それこそ、まるでタイムマシーンで飛んだようだ。

なんだか、あっという間だった気もするけど、

もちろん、あれこれあったし、当時とはいろいろ変わっている。

 

30年前の私が、今の私の生活を見たら、

それは驚くだろう。

予想もできない未来に違いない。

 

30年前にはもう既に主人と出会っていた。

映画を観に行ったのも、確か主人とのデートだった。

でも、その後、ちゃんと結婚できて、子供も生まれて

今の家に住んで、こんな生活をしているなんて、

ハタチくらいの私にはビックリだろう。

当時の主人はまだ入社したてのペーペー社員だったわけだし。

出世するんだか、どうだか、未来なんて全然見えなかった。

 

当時の私は、自分が幸せになれる自信がなく、

だからこそ、幸せになりたいと切望していた。方法もわからないまま。

 

なんだかんだで、結構幸せな人生よ、とあの頃の私に教えてあげたい気もするけど、

ハタチの私は、きっと30年後の自分になんて会いたくもない!とゾッとしてたと思うので

タイムマシーンに乗って、わざわざ会いに来たりはしてくれないだろうな。

posted by める at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ギャレットのポップコーン 後引く美味しさ

Img_2237

就活を終えた大学4回生というのは、

夏の蝉のごとく残り僅かな自由の日々を惜しむべく、

西へ東へ、やたらと旅行する。

 

東京ディズニーランド+シー+東京散歩へ行ってきた次女のお土産は

ギャレットのポップコーン

 

ああ、そう言えばテレビで前に紹介されていたわね。

まだ人気なんだ。

・・・えっ!?20分も並んだの?!

ポップコーンを買うのに20分!?

 

・・・・・若いわねぇ、、、

 

シカゴミックスが一番人気だそうで、

キャラメル味とチーズ味のポップコーンを一緒に食べるのが美味しいらしい。

 

・・・えええ~~っ?

そんなもん、一緒にしたらアカンやろ~~

と思いつつ、まぁ一度と試してみると

ああ、なるほど。

塩キャラメルの濃いぃやつみたいな味がして、まずくはない。

なるほどね~

と、なんとなく、もう一回、手が出る。

 

ああ、まぁ、これはこれでアリかもね~

とか言いながら、また手が伸びてーーー

 

アカン!!

やめられない止まらない・・・

後引く味で、怖いわ~~~~

 

でも食べ過ぎると絶対もたれる予感がするし、

カロリーも恐ろしいに違いないので、適当なところで缶のふたを閉めた。

 

なかなかいい感じの缶なので、コーヒー豆の保存用に流用できそう。

 

ギャレットは大阪の心斎橋にもお店ができて、

そこも連日、長蛇の列ができているとのこと。

袋入りのSサイズなら390円。

うーん…、また忘れた頃にもう一度食べたいかも。

しょっちゅう食べてたら、せっかく落とせた体脂肪率が…あっという間に戻ってしまいそう!

2015年10月15日

伏見稲荷大社【京都】の千本鳥居!

Hi1

千本鳥居で有名な伏見稲荷大社へ行ってきた。

お狐様が門前に、いきなりいらっしゃる!

カッコイイ。

 

Hi3

金木犀の香る境内。

洋の東西を問わず、あらゆる国からの観光客がいっぱい!

さすが、「外国人に人気の観光スポット」第一位。

Hi4

私の実家の地元にも、そこそこ有名(なはず)のお稲荷さんがあるんだけど

栄え方が違うわ~~

お狐様も新しくて、迫力ある。

Hi5

参拝者の多い神社は、かくもあらん。

このお供えの品々…!!

Hi6

いかに伏見稲荷が多くの人に愛され、信仰を集めているかがわかる。

あのたくさんの鳥居も、皆、奉納によるものだものね。

 

我々、観光客のお目当てはやっぱり千本鳥居。

テレビなどで見るたびに、わぁ~すごいなーって思うもの。

Hi7

隙間なく連なった朱色の鳥居。

たまたま人が少ないところを撮れたけど、

入口付近は、ものすごい人でぞろぞろ歩く感じ。

 

実物より、写真のほうが朱色がきれいな気がするわ…

写真映えすること、この上なし。

だから、みーんな写真を撮りながら歩いてる。

 

伏見稲荷へは急に行くことになったので、

(主人とのドライブは目的地が車を発進してから決まることが多い…)

私、テレビで見た鳥居が並んでいるイメージしか予備知識がなくて、

境内一周くらいの長さなのかなーと漠然と思っていたら、

・・・とんでもなかった!

山を一周してるのね!!

Hi2

結構、上ってきたよな~と思って案内板を見て唖然・・・。

まだ半分も来ていなかった。

そういう人は多いみたいで、みんな案内図の前で

「え…っ?まだここ?!」と口々に言っていた。

 

頂上までは40分以上かかるらしい…。

つまり往復すると、1時間半くらいはかかっちゃう。

すると帰りはもう夕刻になって暗くなり始めてしまうので、今回は一周することは断念。

再度、チャレンジすることに。

 

三ノ峰あたりでもなかなかの見晴らしで、京都の町を一望できる。

空気も澄んでいて、歩くのもつらくない。

パワースポットと呼ばれるだけのことはあるかも。

 

Hi8

帰りは下り道。

鳥居の裏側には奉納した人の氏名や会社名が書かれてある。

中には、有名人や大企業の名前も。

 

いろんな人が、それぞれの思いや願いを込めて奉納した鳥居。

それが、こんなにたくさん連なっている。

その中をくぐりながら歩く。

 

かなりの距離を歩いたはずなのに、あまり疲れなかった。

人間ドックに備えて、体脂肪も少し減らせたし!

今度は一周することを目標に、また来たいな。

2015年10月13日

【沐蘭SPAでエステ】台北“好吃ハオチー”旅行9

旅の締めくくりは、身体に美味しいエステ。

リージェントホテル20階の沐蘭

高級感あふれるホテルの最上階で、夜景を眺めつつ

極上のエステを受ける至福のひと時ーーー

 

台湾はマッサージやエステがいいと聞いていたけれど、

いやぁ~ほーーんとに良かった。

 

ここの予約もJCBデスクでお願いしたので、5%割引&粗品(ミニシャンプー+リンス)も頂けた。

 

長女は「旅人のやすらぎ」の全身マッサージ。(4200元・15540円)

私は「クロクワイパック」で美白フェイシャルコース。(3000元・11100円)

1時間30~45分、夢心地。

 

まず、メイクを落とし、スチームシャワーに入るよう指示される。

そのスチームシャワーが、なかなか良かった。

もっとずっと入っていたかったくらい。

 

フェイシャルマッサージは、とっても優しく、自然の流れに沿って行われる感じで

気持ちよかった。

何気ない指の動きだけど、ものすごく的確にツボを捉えてるんだと思う。

担当してくれた先生、かなりいい先生だったんじゃないかな、きっと。

これまで何度か日本でエステも体験したけど、格が違う感じでしたわ。

日本であのレベルのエステを、高級ホテルの最上階で受けたら、たぶんもっとするはず。

 

とにかく、もう何度となくクリームを塗られてはタオルで蒸される。

それをまた拭き取って、違うクリームを丁寧に塗られて、また蒸されるの繰り返し!

そりゃもう、ボロボロだった私の肌もみるみる息を吹き返しますわよ。

肌触りが明らかに違う。

ふわふわ~さらさら~って感じで、これが私の肌!?ってくらい。

 

フェイシャルだけど、デコルテや腕もマッサージしてもらえて、

首や肩のこりが、あれ?ってほど軽くなってビックリ。

マッサージ、エステ…すごいわ!

 

終わった後、

「すごくよかったです。ありがとうございます。」と日本語で言ったら、

先生、上品に微笑んで優雅に会釈してくださった。

 

再びスチームシャワーを浴びて、バスローブに着替える。

すると、テンションの高い長女の声が聞こえてきた。

 

「ちょっと、ちょっと!お茶とお菓子、置いてくれてるで!

食べていいのかな!?」

 

Tw28

甘いお茶と、生のパイナップルとブルーベリー、焼き菓子。

美味しかったわぁ~~~

夜景を眺めながら

 

「セレブやな~!」

 

まあ、今回の旅は食事にも買い物にもお金をあまり使わなかったので、

エステ一点にドーンと張り込んだ形。

でも、満足度が高かったので十分!

 

厚かましいことを言えばーーー

台湾ドルが数年前に比べてレートが悪いのが悲しい。

次女が高校の修学旅行で行ったときは1元を2.6円で計算できたのに、

今は3.7円だもの。

3000元のフェイシャルマッサージが2.6円なら7800円になっちゃうわけで

激安状態。

う~~ん、またレートが良くなったら来たいかも。

 

長女と巡った台北の旅。

私は久々の海外旅行で緊張もあったけど、

思い返せば、楽しかったわ。

 

来月は、次女と仙台~中尊寺金色堂の旅を一泊で行く予定。

今年の後半は、思いもかけず旅行運が来てるぅ~~

posted by める at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする