2017年10月24日

大和川決壊の怖さ

長雨続きのトドメが大型台風…。
大阪では昨日がピークで、もうすっごい雨でした。。。
選挙へ行くのも長靴はいて、それでもずぶ濡れですよ、、

大阪市と堺市の境を流れる大和川。(上流は奈良)
昨日のお昼に通った時、既にかなりの水量になっていてビックリ。
普段は歩ける河川敷まで水かさが増え溢れていました。
その後も雨は降り続け、帰り道の午後3時くらいに再び大和川を渡った時には
氾濫の危険性を予見できるレベルに達していました…。
河川敷はすっかり水没。

大和川は昔1982年、私が学生の頃に氾濫し大きな被害をもたらしました。
たぷたぷの水で溢れそうな大和川を電車で越え、車窓から濁流を見、怖さを感じたのを今でも覚えています。
普段見慣れてる水量はその何分の1程度なのですもの。
その後、長い年月をかけて川幅を広げ堤防を高くしました。
その甲斐あってそれ以降、豪雨や台風が来ても水害の心配はほぼなかったのです。
(近年、一度アラートが鳴った記憶があるけど、実害はなし。)

夜、選挙速報の番組を見ていたのですが、
途中からスマホのアラートが何度も鳴り始め、
近隣地区の避難勧告の情報がきて、選挙結果よりも大和川の状況がとても気になったのだけど、
テレビはどの局も選挙一色…。
まあ、今夜はそりゃそうなんだけど、大阪の広範囲で避難勧告が出てるのに
なんかもうちょっとどうにかならないのかと、さすがに思いました…。
だって、携帯を持たない義父母はアラートの避難勧告情報を知らないでしょうから。
すぐ隣町にまで避難勧告が出てるのにね。

選挙でなければ、テレビ局の対応も違ったんでしょう。
タイミングが悪いと言えば悪い…。
でも、もし本当に大和川が決壊し、各地で水が流れ込んだら
甚大な被害になるのは周知の事実。
水害のハザードマップも既に出ているのです。
決壊の心配がないなら、ないでニュースで言ってもらえれば
いたすらに不安に駆られることなく安心して就寝できるわけで…。

いくらなんでも、そんなことは起こらない…とタカをくくっていられる時代は過ぎました。
これまで起こり得なかったことが起こる異常気象が続いています。
50年に一度の…の頻度が高過ぎて…。

身近でこういうことが起こると意識が変わりますね。


posted by める at 00:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

あなたの心に残りたい

この約束は破られる。
アイドルが見せるようなあなたの満面の笑顔。
この場を一歩踏み出せば、その瞬間にあなたは私を忘れる。
次の予定に頭の中は切り替わる。

やっと取り付けた奇跡のような約束。
紙屑よりも軽くゴミ箱へ投げ入れられるから、
せめて爪立て食い止めたくて、
笑うあなたを強く睨んだ。

驚いたような不思議そうな表情を浮かべ、
それでも去り際は何でもないようなソツのない微笑みで
完璧にあなたは私を置き去りにする。

スラリとしたスーツ姿の背、
長い脚の運び、靴。
微かに見える頰の白さ。
触りたいあの髪。
posted by める at 10:31| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

「かん袋」くるみ餅 大阪・堺の老舗グルメ2

557F7796-826D-4932-95EE-D27C6D77DF15.jpeg

ちく満で蕎麦を食べたなら、デザートはくるみ餅!
暑い季節なら、これはもう絶対に、氷くるみ餅!!

かん袋の創業は鎌倉時代末期というから、老舗中の老舗。
以前(30年前)に訪問した時は、もっと店内が暗い印象だったが、
ずいぶん明るいお店になっていた。
隣接する広い駐車場もでき、便利。

店外からレジまで長蛇の列ができているが、ここも「ちく満」と同様、回転は速い。
メニューも、くるみ餅と、氷くるみ餅の2種。
それぞれのシングル、ダブルがあるだけだ。
売り切れ閉店のスタイルも昔ながら。

それにしても、この日はずいぶん混雑していて、お客が途絶えることがなく、
店内の写真は撮ることができなかった。
氷くるみ餅の写真も…美味しさを伝えるのが難しい。
今時のインスタ女子なら、くるみ餅でも可愛く撮るのだろうか。

あっさりとした甘みと氷の冷たさ。
柔らかなお餅…。
ん~、もうちょっと落ち着いて味わいたかったなー!!
座った席も悪かったかも。

C864A945-9D9B-4B0C-9313-FB3B470EAEE1.jpeg

30年ぶりに、ちく満の蕎麦と、かん袋の氷くるみ餅をハシゴできて、満足!
こういうのが美味しい年齢になりました。
また、ちょこちょこ行きたいわ。
posted by める at 18:34| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

「ちく満」せいろ蕎麦 大阪・堺の老舗グルメ1

1D31CCBE-2E2C-427A-A8C1-5B2C4EC582BB.jpeg

会社勤めをしていた頃、堺在住のベテラン社員の女性に連れられ、今で言う女子会ランチをしたのは、もう30年以上昔。
しかし、久しぶりに訪れても、この店は何も変わっていない。
ちく満は創業が元禄8年というから、30年前なんて、ついこの前のこと。

生まれて初めて蕎麦一筋の専門店に行ったのが、この「ちく満」だったので、
本格的な蕎麦と言うのは、こういうものなのか…と私は刷り込まれたのだけど、
どうも、ちく満はいわゆる王道からは外れた、独特の蕎麦らしい。

熱々に蒸し上げられ、湯気がホワホワ上がる蕎麦。
徳利に入ったつゆも、とても熱い。

卵を割ってお椀の中でとき、薬味のネギとわさびを入れる。
そこへ熱いつゆを注ぎ、湯気の出る蕎麦をつけてすする。

麺はとても柔らかく、ズズズ~~と勢いよく食べられる。
蕎麦だと、ツルツル、シコシコという擬音が使われることが多いと思うが、
ちく満の蕎麦は、そのあたりがちょっと違う。

メニューは、せいろそばとお酒のみ。
せいろそばは、一斤と一斤半で量を選べる。
とてもシンプルだ。

行列ができる人気店だが、回転は速い。

蕎麦を食べ終わる頃に、蕎麦湯を持ってきてくれる。
お椀に蕎麦湯を注ぐと、上品なかきたま汁のような味わいで、ホッと落ち着く。

79598E81-C2DB-4068-842A-1DB318A11B0C.jpeg

お店の入口に暖簾はあるものの、初めて訪れる人に、このお店は見つけにくいかもしれない。
と言うのも…外観が、とても蕎麦屋に見えないからだ。

4DFB27DC-114B-4A7C-A552-3B8B679636D3.jpeg

工場にしか見えない。
逆にこれが目印。

受付で、番号の紙をもらう。
その番号が靴箱になっていて、下足して座敷に上がって食べるというスタイル。
蕎麦を作る工場と一体化している店内の雰囲気も独特で面白い。
堺に来たなら、一度はお試しを。

posted by める at 19:36| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

お月見うさぎ饅頭【甘党もぐらや】

C8D52950-31F0-4BE0-9804-38D86E74E2DA.jpeg

赤いおめめが可愛いうさぎのおまんじゅう。
弟は手土産のチョイスのセンスが良い。
甘党もぐらや https://s.tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27015906/
お月見うさぎ。

中は、あっさりとしたこしあんで柔らかく
嚥下の悪い母にも食べやすかった。


夏に父が倒れて以来、慌ただしい毎日。
ふと、金木犀の香りに気づいて季節の移り変わりに驚く。
すっかりもう秋だ。
そう言えば、先日見た下弦の半月は美しかった。
暗い夜空に重たげな下半分の姿で浮かんで落ちない強さ。
私の目の前も暗いけど、落ちずに輝いていられるような、
そんな気持ちに少しなれたのよ。
posted by める at 13:04| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする