2018年10月15日

ラヴリー!映え+美味☆帝塚山ポアール【大阪】

EAC7B1F3-F189-44D2-9A07-F6A6A6578356.jpeg
漆黒のビター。
情熱のベリー。
真っ赤なハートをふわり飛ばしてキュート。
中を割れば、意外にもピスタチオの緑でクール。
女の子は多面体。

久しぶりに帝塚山ポアール http://www.poire.co.jp/ へ行ったら、めっちゃ可愛いケーキが増えていた。
その中でも、ショコラ ピスターシュは別格に魅力的!

こんなケーキがあればいいなぁ〜というイメージが目の前に…!
姿形だけでなく、お味も一流。
チョコもピスタチオも濃厚なのにくどくない。
甘いんだけど、甘過ぎず重くない。
ちょうどいいところを上手く狙っている。

…美味しかったわぁ…
また食べたい…。
でも…
これまでずっと義母に買ってもらっていたポアールのケーキ、
自分で買うと……やっぱり高いわぁ〜〜
posted by める at 00:07| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

馬見フラワーフェスタ【奈良】

0B2373CD-55A0-45BC-8F17-FA2A147D0A82.jpeg
お花いっぱい+美味しいもの色々!
馬見フラワーフェスタ
http://www.pref.nara.jp/50815.htm

たくさんの人が集っているけど、会場の公園がとても広いのでのびのびした雰囲気。癒される〜

咲き誇るダリアのゴージャスなこと…!
D611CDF6-7536-4152-83FB-357B50E12FA4.jpeg
濃いピンク、薄桃、黄、白…いろんな色があるの。
花びらの形も様々。
8253A764-8CC6-4F37-85F5-2C5CA473F90A.jpeg
花をきれいに撮るのは難しいね、、
2F8C7EA3-EB9E-40E8-8DC1-AEE7C813E8AF.jpeg
花びらが丸まって、ぼんぼりみたいに咲いてる。
柔らかなピンク、黄色味も帯びて。

5242B780-B408-4ADE-8039-260E027BD915.jpeg
芝生にダリアの花でこんなに素敵な模様を作ってくれてるの!
写真映えが半端ない!
802A6DCC-4A9D-4D58-9911-9E27D92AE709.jpeg
めっちゃ可愛い〜〜!
でもリアルには…結構、虫がいるぅ〜〜〜

E18DF6AD-68F7-4B4D-BCB3-BA1272331B51.jpeg
お昼ごはんは芝生の上で。
シェフェスタin馬見も同時開催中。
http://nara-foodfestival.jp

大和牛のローストビーフには、奈良漬のソースと、梨のソースが添えられている…!
一瞬、えぇっ?!と思ったけれど、これが美味しい。
大和ポークの豚まんも、肉汁たっぷり〜

ジェラートも、パンも美味しかったわぁ〜♪

C863FAC2-24F7-4F13-8C22-ACA090F526A8.jpeg

コスモスも見頃。
コスモス畑を横切る猫と遭遇。…可愛いっ!
思わず岩合さんになっちゃうわ。



大阪から一時間以内のドライブで行けちゃう距離。
秋風に揺れる秋桜、薔薇、舞う蝶…そして豪華なダリア。
広くて見応えあるフラワーフェスタ、オススメ!
posted by める at 23:39| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

NHK朝ドラ「まんぷく」面白い!

10月から始まったNHK朝ドラ「まんぷく」
大阪が舞台だし、面白そう~と思っていたが、期待以上に良い!

安藤百福さんの「私の履歴書」を日経新聞で読んだのは、十数年前。
その中でチキンラーメン開発に試行錯誤する百福さんが、奥さんが天ぷらを揚げているのを見て、そこからアイディアを得、成功したことが書かれており印象的だった。
カップヌードルのヒット、そしてカップライスの惨敗も率直に書かれていて興味深かった。

前作「半分、青い。」は、主人公が変わり者でストーリーがジェットコースター式。
プロの漫画家になることも、映画監督の妻になることも、商品開発者になることも、
夢見てもなかなか叶えられないことなのに、次々と手にしては捨て、満足することなく貪欲に生きていく、そのパワーに引きずられて毎日見ていた。
毎日見ていたから、面白くなかったわけではない。良かったんだけど…猛スピードで走り抜けた分、
「ん?あれ?かんちゃんのスケートはどうなったの?」とか細かいところで疑問が残り、半年間見続けて良かった~!と思うところまでいかないのが残念…。

「まんぷく」はまだ始まったばかりだが、序盤からグイグイ惹きつけられる。
初々しい萬平さんと福ちゃんの初デートには、見ているこちらがドキドキ…!

…ん?!デートしているここ…
あ!ここって…!!
13F6D222-D3E3-4B78-AA27-5FD3A0FE7446.jpeg

間違いない…!
大阪市立美術館だわ。
DSC04219.JPG

現在の美術館前はこんな感じ。天王寺公園へと繋がっている。
右手に見えるのは日本一高いビル、あべのハルカス。

DSC04217.JPG

お池のあるお庭は、美術館に隣接している慶沢園
春には桜が見事。
この日本庭園も美術館の建物も豪商 住友家から大阪市へ寄贈されたもの。

いかに広大な土地かは、ハルカスからの画像だとわかりやすいかも。
中央の美術館の左手は天王寺動物園、下側は天王寺公園。
IMG_0601.JPG

あと、福ちゃんが勤務しているホテルは、ライト式建築として有名な甲子園ホテルで、今は武庫川女子大学甲子園会館
(ドラマ撮影時の武庫川女子大学記事)
素敵な建物を華やかな往時の姿で見られるのは、ドラマの大きな力の一つだと思う。

ドリカムの主題歌も朝から元気になれて、私は好きだわ。
そして、「ひよっこ」続編のニュースも飛び込んで嬉しい限り!
桑田さんの♪ポンポンポーン♪がまた聴けるね!
posted by める at 21:22| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

昔懐かしい味!ゼー六のアイスもなか

0F751DE9-FCFF-45CE-B359-502DC1705678.jpeg
入院中の義父が食べたいんじゃないかシリーズ第2弾!
ゼー六のアイスもなか
https://www.ze-roku06.jp

以前からアイスを食べるたび義父から
「ゼー六のアイスもなかはご存知?」と話を振られたことがあって
食べたいのかな?と思っていたのだ。
デパートの催事に出店していたら買おうと思っているうちに、なかなか機会がなく買いそびれていた。
お店はどこにあるのだろう?と調べてみたら、なんと!次女の勤務先に近い。
…ということで、次女にお見舞いの手土産として買ってきてもらった。

写真ではわかりづらいが、中身はバニラ、小豆、抹茶、苺とそれぞれ味が違う。
もち米100%のもちもちしたもなかの皮の中に、
自然な甘みでさっぱりスッキリとしたアイスがたっぷり入っている。
…美味しい。
このクオリティで1個130円は安い。

人気が続いている老舗の実力、さすが…!

おじいさんも昔、本町で働いていた時、お土産にこのアイスもなかを買って帰ったことがあるそうで、
「これ、買って帰ったことあるやろ?な?」と義母に言いながら頬張っていた。
たぶん30年以上前の話だ。
会社勤めをしていた頃のことを思い出した瞳をしていた。

いや、それにしても義父へのお見舞い品というものの、
なかなか美味しかった。
あと、義父こだわりの一品は七味唐辛子。
しかしこれは…病人に差し入れて良いものか…
うぅ〜ん…、、

見舞いのたびに義父はいろんな話をしてくれる。
それが全部とてもマニアックな話で、非常に博識。雑学がすごい!
先日、盛り上がったのは軍艦の話。
艦これのイラストがTwitterでやたら流れて来た時は、正直ちょっと迷惑にも思っていたのだけど、
その時に軍艦の名前をやたら目にしたおかげで、義父の話に相槌が打てるわ!
posted by める at 00:52| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

雲母漬(きららづけ)【京都 穂野出】

728F6B6B-51A3-4E82-8E3E-B352AC371657.jpeg
義父の退院の目処がついてきて、次の受け入れ先探しをしている。
当初、病院と施設の二本立てで探していたが、
義父の状態で受け入れ可能の施設は少なく、わずかにあっても満床で空きがない。

24時間看護あり、実家から父が通うのも近い場所で、春に新築したばかりの施設に上手く入所できた母はラッキーだったのだ。
同じような施設を義父にも…と探したが、こうも難しいとは…。

結構たくさんあちこちに建ってるのに、高齢者向けの施設。
いろんな性格の施設があって、入所希望者とのマッチングが大事と頭ではわかっているのだけどね、、

そうこうしているうちにも、義父は日一日と細くなってきた。
先月は車椅子で院内の中庭へ散歩ができたが、最近は難しくなっている。
退院後もやはり病院へ転院の形になりそうだ。
選択肢はどんどん少なくなっていく。

小さな楽しみや喜びを感じて欲しくて
義父の話に出てきた京都 穂野出の雲母漬↓をお取り寄せ。
http://www.kiraraduke.net
EED59074-6885-40DA-8AFA-CB086A5F38D1.jpeg
美味しい白味噌に小茄子が漬けてある。
とっても自然な上品な味!
予想を上回って美味。
義父も大変喜んでくれた。

「京都名物で気になっていたけど、比叡山近くの遠い所にあるお店なので、なかなか行けない。
行けずじまいで、食べないままになった。」
そんな弱気な言葉を吹き飛ばしてあげたかった。
夢も望みもまだ叶う。
簡単に!
posted by める at 23:06| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする