2018年08月17日

BLUE HEAVEN

ロッキンジャパン 2018に我らがサザンがトリで出演して
老若男女の大観衆を歌わせ、踊らせ、感動させた!…とか

雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」9月号って一体どこで売ってるのよ〜?!探しても探してもないんですけどっっ!!
(長女情報:梅田のルクアの蔦屋書店にはサンプルのみあり)…とか

いろいろ語りたいことやネタはあるんだけど、ここのところちょっと忙しい。
というのも、リハビリ病院に入院している母の退院日が迫っているのだ。
病院の相談員さんに助けてもらいながら、ようやく母の次の生活の場を探すことができた。
実家の近くのサービス付き老人ホーム。
ここなら、父も通いやすいはず。
面談の時に話してくれた責任者の方の印象も良く、信頼でき、親を任せられると思えた。

そして、そこへの入居を決め、退院日を取り決め、病院から実家へと一人歩いている時、
気づいたら、「BLUE HEAVEN」を口ずさんでいた。

空は上半分が曇って、半分青い、不思議なセパレートだった。
「BLUE HEAVEN」は半分、悲しいような透明感が漂う。

母の退院と行き先が無事決まって、心からホッとした。
だけど、自宅へ帰ることはできない退院だ。
この先も家に帰ることは無理なのだ。
家で父が介護するには負担が大きいし、危険過ぎる。

脳梗塞から肺炎まで引き起こし、そこからよく生還したものだと母の生命力を褒めたい。
だが、口からの食事を摂れず、言葉も失い、手足も不自由になって…
それでも生きている限りは1日1日の母の生活の質を少しでも高めてあげたいと本気で願い、考えるほど、選択肢の少なさに落ち込んでしまう。

当の本人の母はまだ生き抜く意欲を持っている。諦めていない。
それならば、でき得る限りの最善を尽くすしかない。
親の人生の重要な岐路の選択の決定権が私一人に委ねられる。
最善だと思い選んだつもりだ。
結果は後にしかわからない。
選んだこのカードで勝負だ。

posted by める at 01:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

NHK『40周年プレミアム「クローズアップ!サザン」』良かった…!

…いやぁ~見応えありましたね!
『40周年プレミアム「クローズアップ!サザン」』

これまでもNHKでのサザン特集は、ファン心くすぐる、期待に応える濃い内容で毎回堪能しているのだけど、
昨日のも良かった!

まず、手狭な良い感じの場所でプレミアムライブの形式で見せてくれるのが、わかってるなぁ!と嬉しく思うし、
ステージのセット、照明、演出も豪華で、
サザンのライブの臨場感たっぷり…!
これは今までサザンのライブへは行ったことのない人も、ちょっと観てみたいなと思わせるに十分なはず。

6月の40周年ライブ サザンオールスターズ キックオフライブ 2018 「ちょっとエッチなラララのおじさん」とセットリストがかぶる。
映画館でのライブビューイングもあったけど、それでも観れなかったファンのためへのサザンからのプレゼントよね。
特別ヴァージョンの「茅ケ崎に背を向けて」
そして、「みんなのうた」前のライブでしか歌わないあの歌も聴かせてくれたんだもん。
ファン全員に聴いてもらいたかったんだと思うわ…。

それにしても、今回の40周年、
いろんな企画をそれぞれ単発にこなしていくのではなく、
総合的に進め、絡み合わせることで効果を倍増させている。スタッフすごい!
豊富にある手札をとても上手く切ってくる。

これまでのたくさんの楽曲、
そして甘辛双方を用意した新曲2曲、
2年後のオリンピックをイメージさせる「東京VICTORY」
全部強いカード…!
それに「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」まで畳みかけてくるんだもん。
長年のファンは狂喜!
昔、聴いたことがあるなーって人も「お!懐かしい。」ってなるし、
初めて聴く若い人には新鮮なはず。

…これは来春のライブもチケット、がんばらないとね~~~

エバトダンシングチームのダンスもキレッキレだったね!
浴衣で踊る時の、袖のたもとの見せ方とか、扇子を広げ方とかも美しい。プロだなぁ~。
最初、「壮年JUMP」でいくみちゃんがいなくて、あれ?と思ったら、浴衣でちゃんと出て来てたね。
さらには桑田さんに「♪茅ケ崎生まれのいくみちゃん~」と歌われていた…!

桑田さんもすっごくノリノリで声も動きも良かったね。
最後、関口さんに「♪ラララ~ラララ」と一人で歌わせてた。関口さん、ちゃんと声出てるんだって思っちゃった。
松田さんはドラム叩きながら、ずっと歌ってるのが見えてたね。
毛ガニさん、「闘う戦士たちへ愛を込めて」での手拍子の時、渋い良い味出てるって毎回思うわ。
原さんのキーボードが歌に輝きを与えていると桑田さんが語るのを聞いて、すぐに曲を聞いたからか、ああほんとだ!なるほど~!ってよくわかった。
来春のライブツアーでは「北鎌倉の思い出」も聴きたいな~!

…ん~!録画したのもう一回見ようかな!!
posted by める at 09:19| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

あいぱく〜アイスクリーム万博【大阪あべの近鉄百貨店】

510D16A7-C8D8-4618-A3EC-B82FFDB4559D.jpeg
天王寺へ出かけた目的はもう一つ。
近鉄百貨店あべのハルカス本店で開催中の
“あいぱく”アイスクリーム万博
http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/sp/cotolab/4/201808aipaku.html

とにかく暑いし、
あちこち歩き回って、水をかぶったように汗でびしょ濡れ状態…
かき氷を食べたくて、食べたくて!

食べる気満々で会場へ向かったんだけど、
かき氷一杯が結構デカイ。
しかも900円…
一人で食べるのは無理かな〜と断念。

平日の夕方にしてはまずまずの人の入り。
長蛇の列ができている店舗もある。
普段、百貨店では見かけない10〜20代の若い女性たちがいっぱい。
大学生カップルも多かった。
百貨店離れの若者を呼び戻すには良い企画。
フォトジェニックなアイス多め。
撮影用背景も用意されている。

会場をふた回りほどして私が選んだのは、
長崎びわカステラアイス。
抹茶が人気とのことだったけど、枇杷のアイスは初めて見たよなぁと思って。
店員のおにいさんのほのかな長崎弁もなかなか風情があった。

しかし、アイスクリーム×カステラって甘過ぎるんじゃないか??
購入してから気になったんだけど、
甘いのは甘いが、甘過ぎてかえって喉が渇く…なんてことはなかった。

カステラはふんわり、きっちりとしたカステラで食べごたえあり。
歩き疲れていたので、良いおやつになった。
カロリーとか糖質とか…大丈夫よ、その分、歩いたもん!

来週まで開催しているので、あと2〜3回は通えそう♪
posted by める at 16:38| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

マカロニほうれん荘展in大阪

B36406F5-E8D4-42A7-BF7E-E2993AA535AD.jpeg

なんと!地元、大阪・天王寺でマカロニほうれん荘展in大阪が開催されている!しかも入場無料。撮影OKの太っ腹企画。

少し前に東京でやっていて、行こうかとちょっと悩んだのよ…
待ってて良かった!

720ABA5A-A101-466F-A661-1E307453879F.jpeg

会場に着いた時に聞こえてきたBGMはQueenの「Killer Queen」
ああ、やっぱそうよね…!といきなりテンションが上がる。
鴨川つばめ先生の好きな洋楽が会場のBGMになっているのだ。

中学生だった。
一番多感なあの頃、ナンセンスなギャグが連続で炸裂する「マカロニほうれん荘」のセンスの高さとリズム感の良さにしびれた。
そう、この作品には音楽のようなリズムが生き生きと輝いていた。
D7F627DE-F36E-4803-9912-6118F03DE589.jpeg

コミックスを全巻持っていた。
その中でも好きなシーン。
めっちゃ鮮明に残っている記憶と目の前の原画が一致して、脳内に不思議な快感が弾ける。

45DFAEDC-051B-46BA-B04C-A4A7E1864CE0.jpeg
30769766-1D6C-4598-A7C8-EC257825B759.jpeg
B95248F3-B7F4-4998-B6FD-883DA17DD309.jpeg

この繰り返されるリズム、
絶妙な間。
やっぱり天才よ。

すごく懐かしい。
そして今なお新しい。
原画が一枚のイラストのように美しく、ため息が出るほど。
若い人にも読んでもらいたい作品。
095E1A50-E0B0-4355-9E12-3C25842D3F0E.jpeg
トシちゃん25才!

中学生の時は25才の男の人はすごく大人だと思っていたなぁ。
22〜23才だったサザンの桑田さんも大学生のおにいさんで、自分には背伸びしても届かない、想像するしかない大人な恋愛の歌を歌っているように感じていたもの。
自分も大人になれば夏の砂浜で裸で抱き合う恋の夜がいつか訪れると思っていたわ…
……なかったなぁ、、そういうの。。。

今から思うと、25才はまだまだ青い。
だけど、程よく大人の雰囲気も出てきて、男の人も美しい年頃よね。

この漫画でブライアン フェリーの名前を知っていて、
主人と出会った時、レコード屋でロキシーミュージック時代からのファンである主人がブライアン フェリーの新アルバムを買ったのを見て、
あ!この人がブライアン フェリーなのか!確かにトシちゃんにちょっと似てる…とか思って食いついてたら、
「ブライアン フェリー知ってるの?」と主人(当時24才)に嬉しそうに言われ、
「サングラスかけてるのよね?」と聞き返し、
「う〜ん…サングラスは…かけてるかな?かけてないけどな…」
「えっ?!かけてないの?!」
と逆ギレしたという謎の会話の想い出も………


天王寺ならよく立ち寄るし、またふらっと浸りに行ってみようかしら~♪
posted by める at 20:14| Comment(2) | マンガ・アニメ | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

街のあちこちにサザン!

2D7BD9B7-A62C-4097-9B47-B79529B58993.jpeg
東京へ出張中だった長女が渋谷駅で発見して撮って送ってきてくれたサザン!
アルバム発売記念でやってるというのは公式で知ってたんだけど、見れないな〜と思ってたんで嬉しい。

「壮年JUMP」のMV、遅ればせながら全編見ました!
CD売り場で一部しか流れてなくて、全部見せてくれたらいいのにーと思っていたのですが……
あれは店頭の一番目立つ所で最後までは…流せませんわね……
posted by める at 21:10| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする