2017年03月21日

ふるさと納税やってみた

前々から気になっていたふるさと納税。
いいらしいと聞くものの、具体的にどうしたらいいのか、いまいちよくわからず手を出せないでいた。

昨年は熊本で大きな地震があり、サザン仲間も被災された。
「ふるさと納税で寄付することもできるよ。
こんなに美味しそうなすき焼き用牛肉↓も送られてくるし!」

【地元ブランド】くまもとあか牛800g(阿蘇王)ロースすき焼用

という情報をもらい、「なるほど…!」と手続きに踏み切った。

被災された友人の小さな力になりたい。
そして…美味しいお肉も食べたい…!
この両方の気持ちが同時に叶えられるなんて…!!
なんて良い制度なんだ。ふるさと納税!

さとふるというふるさと納税サイトを利用すれば、私のような初心者でも大変わかりやすく簡単に手続きできる。

何万円分を納税したら良いかも計算できるようになっている。
昨年度は退職前でそこそこの年収があった主人。
さとふるサイトで調べてみると12万円分をふるさと納税として寄付すると良いとわかった。

日本各地の名産が揃った「お礼品」のページも充実している。
どれもこれも美味しそうで…迷う〜〜

とりあえず…こんな時でなきゃ食べられないようなものを選ぼう!

まずはカニ!好物のカニは絶対!!
そして、昨今値上がりが激しく、なかなか買えなくなった鰻。
昔、福岡の方から送ってもらった明太子が美味しかったよなぁ…
お米も、この際、ちょっと良いのを食べてみたい。
そして、熊本のお肉♪


ワクワクしながら待っていると、明太子が一番に届いた。
福岡県春日市の樽味屋の辛子明太子たっぷり1kg(無着色)

めちゃめちゃ美味しい…!
こんなに美味しい明太子を食べてしまっては、もう近所のスーパーで買えないじゃない…
どうしたらいいのよおぉぉ…と嘆きつつ、白米と共に食べる明太子最高!
冷凍保存なので、少しずつ食べて、まだ冷蔵庫に残している。

その次が熊本の牛肉♪
さっそくすき焼きをしましたわよぉぉ〜
こんな良いお肉でのすき焼き、久しぶり〜〜〜
600gくるので、家族四人で食べても余裕。


滋賀県産【特別栽培米】コシヒカリ5kg×2・【環境こだわり米】ミルキークイーン5kg(計15kg)       
[滋賀県長浜市]
もきた…!

ちょっと待って… なんなの、この美味しさ…
今まで食べていたお米は何だったの?
と言うか…こんなの食べちゃって、今まで食べていたスーパーの特売のお米に戻れるの?!
怖い…怖いわっっ、、、
ミルキークイーン美味しすぎっっ!!


国産うなぎ蒲焼 4尾セット [静岡県吉田町]も大迫力!

鰻だよ〜〜 国産なんだよおぉぉ〜〜〜
久しぶりだよおぉぉ〜〜〜
ミルキークイーンのお米のごはんで食べると、さらに美味しい!

これも冷凍なので、まだ2尾残してるんだ〜
今度、長女が帰ってきたら食べようと思って。


高志の紅ガニ・新湊漁港タグ付(約900g×2尾) [富山県射水市]は不漁だったそうで代替品が届いた。

紅ズワイガニ・孫七タグ付き(約800g) [富山県射水市]
なんと、このタグ付きカニが2杯も!

ボイルしたてのフレッシュなカニ。
その夜はちょうど長女も家に帰って来ていたので、かにすきに。

正直、旅行先の温泉旅館で食べたカニより数段ランクが高い。
気絶するほど美味しい…っっ
タグ付きは伊達じゃない。

甲羅にたっぷり詰まった味噌にカニ肉を混ぜ、お酒をかけて焼く。
…こ、これが…泣くほど美味しい…っっっ!!!!

これ…これよ…これが食べたかったのよ…っっ、、、
大満足ぅぅぅ〜〜〜〜

しかし、カニってお腹いっぱい食べると、なんか酔うような気がするの、私だけかしら?
カニを食べると、幸福感がすごくって、もう何も考えられなぁ〜い〜♪ってカニ味噌の頭になっちゃうんだけど。

とにかく、このカニは来年も絶対に申し込むと今から決めている次第。


確定申告をしなくちゃいけないけど、必要な書類もわかりやすく届くし、安心。
もっと早く始めておけばよかったと思うくらい。
ふるさと納税、なかなか良いですよ!

posted by める at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

hanafru(ハナフル)の花咲くケーキ!

IMG_5329[1].jpg

弟が無事退院した。
毎日、見舞いに通った私への御礼を気にしていたので、不要と伝えていたのだが、
ずっしりと重いケーキ箱の入った紙袋を手渡された。

hanafru(ハナフル)の袋ではないか…!
これは…ずいぶん気合の入った御礼をくれたものだ。
とは思ったのだが、帰宅して箱を開けてみてビックリ。

ケーキに花が咲いてしもてるやん…!!
マンゴー、キウイ、苺の薔薇!
さらにパンジーの花までのってるぅ〜〜〜

フルーツ全のせ!
これ…お店で一番高いやつちゃう…??
なにもここまでしてくれなくていいのに…

でも…
でも……
実は、このケーキに憧れていたのよ。。。
自分で買うには豪華すぎるこのケーキ。
誰か買ってくれないかなぁ〜なんて当てのない夢を抱いていた。

まさか…弟がその夢を叶えてくれる魔法使いだったとは。

いや、もう言うまでもなく
め〜〜っちゃ美味しい…っっ
フルーツはどれもちょうど食べ頃の熟れた、甘い甘いものばかり。
苺やキウイの酸味も爽やか。
中に入っているトロリとしたカスタードクリームは甘過ぎず、あっさりとしていて主役である果実の味わいを邪魔しない。

…とにかく、弟が順調に回復し、早めに退院できたことにホッとしたので、
このケーキは二倍美味しい。

見舞いに通っただけで、特に世話をしたということもないのだが、
それでも、やっぱり正直、疲れた。
病院って、疲れるよね〜〜
イケメン医師には手術日以来、お目にかかれなかったし。

これまで長年、年に一回、お正月に顔を合わせて話す程度の付き合いになっていた弟と
今回、連日、小一時間、話す機会を得たわけだが、
まあ、そんなに話す話題などない。

術後の回復状況、退院後の仕事への復帰について、
高額医療費の申請について、両親が心配しているから電話をしてやってくれ…など
その程度の会話なのだが、
姉弟だからか、なんかイラッとくることも多く、
他人なら、こっちも一歩引いて、まあいいか、とスルーするところも
「ちょっと、それどういう意味!?」とあえて嚙みついてみたり。

楽しいトークだったわけでもないけど、
久しぶりに弟と差し向かい、二人で話して

「ほんま、弟でもなけりゃ、誰がこんなやつのために毎日見舞いに行くものか!」と腹が立ったり、
「ああ、こいつも笑ったら、いい顔をしてるじゃないの。」と見直したり、
「あー、やっぱりアカンわ。こいつが女にモテるわけはないわ。ドン引きや!」と呆れたり、
「なんで、お前が『女と言うものはそんなものや』みたいなこと言うとんの?お前に女の何がわかるの??」と弟の女性不信ぶりに唖然としたり
「…こいつも優しいところも一応あるんやけどなぁ…」と思ってみたり…

毎日、なんだかんだでいい時間を持てたように思う。
腹が立ったことも、ハナフルのケーキですべて清算可!






posted by める at 00:43| Comment(2) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

菓匠あさだの“焼きりんご”フルーツ大福

IMG_5327[1].jpg

“あまおう”苺大福がとっても美味しかったので、気になっていた
菓匠あさだの“焼きりんご”フルーツ大福も買ってみた♪

りんごのシャキシャキしたみずみずしい食感をしっかり残しつつ、
焼いているりんごの豊かな風味があって…これも美味しい!

シナモンの粉がたくさんかかっているけれど、全体のバランスの中でシナモンが主張し過ぎることなく
やはり主役はフルーツであるりんご。

3口くらいで食べてしまえるのが惜しいけど、
わずかな時間の刹那な喜びこそが菓子の醍醐味。

ケーキなどに比べたら一個当たりの単価は約半額くらいの安価な手土産。
食事の邪魔にならない、食べやすい量、カロリーも魅力。

季節商品もいろいろあるようで…
弟は退院しちゃったけど、今度は自宅用に買ってみようかな〜♪
posted by める at 18:55| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

菓匠あさだの“あまおう”苺大福

IMG_5324.jpg

弟への見舞いの折に、ちょっとした手土産を持っていく。
食事に差し障りのない、一口で食べやすい甘いもの…

この季節、ピッタリのものがあるじゃないか!
そう、苺大福!!

菓匠あさだの“あまおう”苺大福。

あまおうだから、とにかく大きい。
一口でってわけにはいかない。
しかも、甘〜〜〜い…!
餡は白あん。
お餅もふわっとまとっている感じ。
ん〜〜〜、美味しい…っ!

苺の他にもいろんなフルーツの大福があった。
弟が入院している間に、手土産を言い訳にアレコレ買ってみようかしら♪

な〜〜んて調子だもんだから、
…おかしいな…毎日、病院へ通っているってのに…体重が…
痩せるどころか、増えている!?

反省して、今日は歩いて病院まで行ってきた!
…手土産はモロゾフのプリン(小)だったけどね♪
posted by める at 18:49| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

父の見舞い

入院している弟を見舞いに行きたいと父が言う。

84才の父、最近とみにちょ〜〜っとギリギリな感じになってきていて、
認知症とは診断されていないながらも(一応検査は受けた)
同じ話を繰り返すし、
こちらの話を正確に理解するのに時間がかかる。
日々、日常的に行っていることについては、まずまず大丈夫なのだが、
イレギュラーなことに、とても弱い。
即座には対処しきれなくなるようだ。

弟の手術・入院なんて、父にはイレギュラー中のイレギュラー!
もう大混乱をきたしていた。

実家へ行った時に台所の壁にかけてあるカレンダーへ入院・手術の日程を書き込んでおいたのだが、
それでも電話がかかってくる。

「あいつはもう入院したんか?」

…いや、まだだって。来週だって。


「あいつはどうなったんや?」

…いや、今日、手術日だけど午後からだから。まだだってば。


入院する日も、「俺も行くわ。」と言うので承知したのだが、一時間後にまた電話がかかってきて

「やっぱり無理や…。お母さんの介護もあるのに、俺が倒れるわけにいかん…。」

…いいってば。私が行くしー。無理しなくていいんだってば。


そんなふうに、ヤキモキして色々思い悩んでは電話をかけてくる父に振り回される。
そして手術の翌日、父がまた見舞いに行くと言い出した。

心底、心配しているのはわかるし、行きたい気持ちが募っているのもわかる。
じゃあ、私と駅で待ち合わせて一緒に行きましょう。
明日は私、仕事があるので午後からになるけど…

「夕方にお母さんがデイサービスから帰ってくるからな…。
朝から、俺、行ってくるわ!」

…えっ?一人で?!大丈夫なの?

「いくらなんでも行けるよ!警察病院やろ?駅で人に聞いて行くよ。」

ちょ!ちょっと!ちょっと〜〜〜
違うって!警察病院じゃないよ。別の病院名を言って人に聞いたら
全然、違うところへ案内されちゃうってー!
実際にあるからね?警察病院。

「あー ハハハ!そうか、そうか!大丈夫。わかってる。
え〜〜っと、どこやったっけ?…け…」

だからっっ!警察病院から離れてー!!

…結局、翌日は仕事を休ませてもらって、父に付き合った。

駅周辺も父のよく知っている昔の風景とはずいぶん様変わりしている。
病院の見舞客の受付場所も正面玄関とは別の場所。
時刻や氏名を受付票に記入するのも、高齢の父には骨が折れるはず。

もちろん、実際に一人で行ったなら行ったで、なんとか病室までたどり着いただろうとは思うが
すっかりヘトヘトになって倍以上の体力を消耗したことだろう。
やはり、一緒についていって良かった。
父も弟の顔を見ることができて、安心したようだった。

病院を出て、父が

「もう昼やろ?せっかくやから何かうまいもん食べて行こう。
お前、何でも好きなもの言ってくれ。」

豪快な口ぶりで言うので、移動距離の短いデパ地下の寿司店へ寄った。

IMG_5317[1].jpg

自腹では頼まないちょっとお高めのお寿司♪美味しかった〜


「滅多に外食はしないからな。こんな時でしか金を遣うこともないんや。」

なんて言うものだから、それじゃあ…と食後のコーヒーへも誘ってみた。


「お前、ケーキも頼めよ。遠慮するな。俺はコーヒーだけでいい。」

…あら、そお?じゃ、遠慮なく〜〜
店員さんがケーキをトレイに並べて「どれにしますか?」と見せてくれる。
久しぶりに来たら、マリオットホテルのケーキ、新作が並んでるじゃないの!
ここはやっぱ、この新作のケーキねっ!!

「俺、このイチゴのやつにするわ。」

えっ!?コーヒーだけって言うてたやん!?

「いや、美味しそうやなと思って。」

IMG_5321[1].jpg

マリオットホテル19階からの眺望にもケーキセットにも満足して、父は

「美味しいな。お母さんにも食べさせてやりたいな。また連れて来てくれよ。」

と繰り返し言っていた。介護を毎日がんばっている父の良い気晴らしになったようだ。
もちろん、連れて行きますよ。
都合と体調の良い時を見計らって、行きましょうよ。
posted by める at 00:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする